ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

ステップファザーにできること

自分語り

人生の足を引っ張る思考のアンバランスをセブンコラムで叩き潰す話

最近私が自分語りとして書くことが多いのが、自分の思考に悩まされていることだ。 www.rabbitonbo.com www.rabbitonbo.com 何か、自分にとってこれは譲れない、これだけはやりたいと思ったことも、恐怖や不安に襲われて頭が真っ白になってしまうのだ。 それ…

自身の捻じ曲がった思考に嫌でも気付かされた父の葬儀の話

最近、私の中で色々と気づくことがあって、その中でもとても重要なことを記していきたい。 www.rabbitonbo.com この記事でも紹介したが、私は物心ついた時から他人の目を気にする子供だった。 ”びくびくしながら人と接すれば、その人に優しくしてもらえる” …

フリーランスでやりたいことをやるためにあえて強制力を利用する話

さて、今回は仕事の話をしよう。 私は家族との時間を大事にするためフリーランスで生きようと決めている。 別に組織に入って働くことが嫌いなわけではない。人との出会いは必要だ。 ただ、自分で自由に時間を調整できる仕事を求めたらフリーランスにいきつい…

自分を認めることと子供を認めることの違いに気付いた話

先日、友人宅に遊びに行って色々と気付いたことがある。 深夜まで話し込み、私もなんとなく心に引っかかっていることを話してみたのだが、そこで指摘を受けたことだ。 私が私のことを認めていない。 薄々気付いていたが、はっきり指摘されて色々と思うところ…

ひきこもり上がりのクソガキだった私を成長させてくれた友人の話

過去に自分語りをしたことがあった。 ここではコールセンター時代の話を簡単に済ませたが、簡単に済ませた理由は一つ。 話せばめちゃくちゃ長いからだ。 コールセンターでの地獄の日々は、ひきこもり脱出後の私の人生において重要な位置を占めている。 昔話…

嫌われる勇気は私の心を守り、前進させる魔法である

私はアドラー心理学が大好きだ。嫌われる勇気が大好きだ。 このブログでは子育てに絡めてアドラー心理学のことをよく書いている。 だがアドラー心理学は子育てだけじゃないのだ。 今回は盛大な自分語りをしよう。くだらないぞ。 私はいつも偉そうなことばか…

愛した猫の死を通して、死のどうしようもなさを知った死生観の話

価値観には色々とあるが、その中でも死についての考えを書きたい。 死生観というものは本当に人それぞれで面白い。 死とは何か、本気で考えたことがあるだろうか? 私はある。 それは、愛していた猫が死んでしまった時だ。 私がまだひきこもっていた頃に、夜…

制約と誓約によって人は成長し、人生の面白さが変わる説

”制約と誓約”という言葉、知っているだろうか。 HUNTER×HUNTERという漫画に出てくる概念である。 能力にある制限をかけ、その制限を守ると誓って遵守すれば本来以上の力が出るというもの。 例えば指からビームを出せる人間がいて「指の先を切断すればもっと…

気兼ねなく家族に時間を使うためのフリーランスという生き方

私には結婚する前から、妻や子供たちの存在を知る前からフリーランスで生きていきたいという思いがあった。 元ひきこもりなので、仕事に行くのが面倒とか人間関係が面倒なんてことももちろんある。 だが大きな理由は違った。 どんな時も家族を優先したかった…

10年ひきこもった私がシングルマザーの妻との結婚を決断した理由とは

ここでは、10年ひきこもった私がどのような経緯でシングルマザーの妻との結婚を決断したのかを書いていきたい。 どう見ても茨の道であろうステップファザーに自ら突っ込んで行く人間はどんな奴なのか、私の半生を振り返りながら紹介する長い長い自分語りであ…