ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

ステップファザーにできること

自分語り

炭水化物を食べると頭がくらくらして何もできず心身ともに病んだ話

ここ最近の私の体調はとんでもなくやばい。完全に心身ともにやられている。 どちらかといえば身体からくる不調によって、メンタルにまで悪影響が出ている感じだ。 そうでなければ、 www.rabbitonbo.com こうやってブログのコメント欄まで閉鎖はしない。要は…

親が何でも全てやってくれた息子の一人暮らしは一体どうなるのか

妻が実家の近くで友達の結婚式があるとのことで、子供達を連れて実家に帰っていった。 こうやって一人になると思い出すのは、一人暮らしの時代の話。 今そこそこに家事も育児もこなしている私の一人暮らしが、どれほどの惨状だったかお伝えしたい。 実家にい…

10年ひきこもりだった私の親戚付き合いが少しずつ変化している話

私が10代の時からもう嫌で嫌で仕方がないものがある。それは親戚づきあいだ。 もともと親戚のおじさんやおばさんは苦手だったのだが、決定的だったのは登校拒否となった中学生の頃。 www.rabbitonbo.com 皆が当たり前のように行っている学校に行かなくなって…

やることが多く時間がなさすぎてメンタルが崩壊しかけている話

やばい! 冒頭から大文字を駆使するほどにはメンタルがやばい! なぜこんなに私のメンタルがボロボロなのか、私は認知行動療法をやっている心穏やかな人間ではなかったのか? www.rabbitonbo.com いや、そういうことじゃないのだ。そういうストレスじゃない…

10年ひきこもった私のタイピングがどれだけ速いか披露する

突然だが、多忙でまともなネタが思いつかないので私のタイピング速度を披露しよう。 10年ひきこもったとは言っても、2chにたまに書き込む程度で毎日タイピング練習をしていたわけじゃない。 それでもPC歴は20年程度になる。 そんな私は一体どの程度のタイピ…

認知行動療法セブンコラムを8週間やってみたら心が穏やかになった話

数ヶ月ほど前に書いたセブンコラムの記事がある。 www.rabbitonbo.com いわゆる認知行動療法と言われるもので、自動思考キャッチトレーニングの発展版のようなもの。詳しくは上記記事を読んでもらいたい。 簡単に紹介すると、セブンコラムによって自分の思考…

アドラー心理学の目的論と課題の分離を少し理解できた話

最近、私の中で大きく成長できた出来事があったので記していきたい。 きっかけはこれだ。 www.rabbitonbo.com 私がストレスを感じることには様々な要因があったが、その核を発見した(多分)話である。 そこから少し発展した話をアドラー心理学になぞらえて…

人の怒りや否定などの負の感情に支配されている自分に気付いた話

今まで自分を縛る思考の癖について色々書いてきた。 www.rabbitonbo.com それから毎日のように、自分が恐怖やストレスを感じたことを紙に書いていくと気づくことがある。 今回は大きな気付きがあったので、それを記していきたい。 仕事が怖くて始められない …

あけましても別におめでたくない気持ちと2019年の豊富を語る話

1日遅くなりましたがあけましておめでとうございます。 年末年始と体調を崩しダウンしております。 とても幸先の悪いスタートとなりましたが、今年もよろしくお願いいたします。 では、今年も今年でくだらない話とか今年の豊富をまずは語っていこう。 年が明…

毎日がつまらない感覚とET-KING「ギフト」のMV

SNSと変わらずブログも恐ろしいもので、私の記事一覧を見ていたらリア充感がすごい。 うん、そうでもないね。 ただ日常を前向きに一生懸命やってますみたいな、ポジティブやろうな感じがする。 でも別にそんな前向きに人生を楽しんでいる人ではない。 最近思…

2018年の振り返りと挨拶をしたい話

2018年の8月から始まったこのブログも、無事に今年は継続できて年末を迎えることができた。 今年あった出来事を簡単にまとめながら挨拶をしようという記事だ。 今年、何か心に残っていることあるだろうか。 ブログを始めたことが一番大きい どうもこうもない…

ひきこもっていた10年前の私のブログと描いていた絵を紹介する

私は昔からブログというものが好きで、最初に始めたのは2001~2年くらい? あの当時はブログないはずだが、多分ブログじゃなくて日記サイトだったのかもしれない。 FFAのゲーム日記を書いてたのを覚えている。 それから何かゲームをやるたびにブログを作って…

働かずに勉強をするならまずは目先の収入を確保した方がいい話

私はこのブログを始める前まで英語の勉強をしていた。 20代の頃に志した翻訳の仕事をするために、地道に勉強を続けていたのである。 2017年の9月に受けた最初で最後のTOEICは840点、翻訳業をやるには足りないが、まあいいかーとその後翻訳の通信講座に申し込…

「変わりたい意識」と「変わりたくない無意識」と学習性無力感の話

最近気づくことがあったので記していきたい。 今私はフリーランスとして自宅で仕事を行なっている。 www.rabbitonbo.com 仕事内容は別に大したことはないのだが、もう嫌で嫌でたまらない。 先日の朝が本当にやばかった。 うわぁ……もう朝じゃん‥‥いやだ。起き…

不登校でひきこもりだった15歳の自分に伝えたいこと

私がブログを始める前に、誰に向けて記事を書きたいか考えた。 それは10代〜20代の頃の自分である。 結局今書くなら「家族」がテーマだろうということで、こんな感じの育児ブログになったのだが。 それでも、やはり当時の私に伝えたいことはたくさんあるのだ…

人生の足を引っ張る思考のアンバランスをセブンコラムで叩き潰す話

最近私が自分語りとして書くことが多いのが、自分の思考に悩まされていることだ。 www.rabbitonbo.com www.rabbitonbo.com 何か、自分にとってこれは譲れない、これだけはやりたいと思ったことも、恐怖や不安に襲われて頭が真っ白になってしまうのだ。 それ…

自身の捻じ曲がった思考に嫌でも気付かされた父の葬儀の話

最近、私の中で色々と気づくことがあって、その中でもとても重要なことを記していきたい。 www.rabbitonbo.com この記事でも紹介したが、私は物心ついた時から他人の目を気にする子供だった。 ”びくびくしながら人と接すれば、その人に優しくしてもらえる” …

フリーランスでやりたいことをやるためにあえて強制力を利用する話

さて、今回は仕事の話をしよう。 私は家族との時間を大事にするためフリーランスで生きようと決めている。 別に組織に入って働くことが嫌いなわけではない。人との出会いは必要だ。 ただ、自分で自由に時間を調整できる仕事を求めたらフリーランスにいきつい…

自分を認めることと子供を認めることの違いに気付いた話

先日、友人宅に遊びに行って色々と気付いたことがある。 深夜まで話し込み、私もなんとなく心に引っかかっていることを話してみたのだが、そこで指摘を受けたことだ。 私が私のことを認めていない。 薄々気付いていたが、はっきり指摘されて色々と思うところ…

ひきこもり上がりのクソガキだった私を成長させてくれた友人の話

過去に自分語りをしたことがあった。 ここではコールセンター時代の話を簡単に済ませたが、簡単に済ませた理由は一つ。 話せばめちゃくちゃ長いからだ。 コールセンターでの地獄の日々は、ひきこもり脱出後の私の人生において重要な位置を占めている。 昔話…

嫌われる勇気は私の心を守り、前進させる魔法である

私はアドラー心理学が大好きだ。嫌われる勇気が大好きだ。 このブログでは子育てに絡めてアドラー心理学のことをよく書いている。 だがアドラー心理学は子育てだけじゃないのだ。 今回は盛大な自分語りをしよう。くだらないぞ。 私はいつも偉そうなことばか…

愛した猫の死を通して、死のどうしようもなさを知った死生観の話

価値観には色々とあるが、その中でも死についての考えを書きたい。 死生観というものは本当に人それぞれで面白い。 死とは何か、本気で考えたことがあるだろうか? 私はある。 それは、愛していた猫が死んでしまった時だ。 私がまだひきこもっていた頃に、夜…

制約と誓約によって人は成長し、人生の面白さが変わる説

”制約と誓約”という言葉、知っているだろうか。 HUNTER×HUNTERという漫画に出てくる概念である。 能力にある制限をかけ、その制限を守ると誓って遵守すれば本来以上の力が出るというもの。 例えば指からビームを出せる人間がいて「指の先を切断すればもっと…

気兼ねなく家族に時間を使うためのフリーランスという生き方

私には結婚する前から、妻や子供たちの存在を知る前からフリーランスで生きていきたいという思いがあった。 元ひきこもりなので、仕事に行くのが面倒とか人間関係が面倒なんてことももちろんある。 だが大きな理由は違った。 どんな時も家族を優先したかった…

10年ひきこもりだった私がシングルマザーの妻との結婚を決断した理由

ここでは、10年ひきこもった私がどのような経緯でシングルマザーの妻との結婚を決断したのかを書いていきたい。 どう見ても茨の道であろうステップファザーに自ら突っ込んで行く人間はどんな奴なのか、私の半生を振り返りながら紹介する長い長い自分語りであ…