ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

薬剤師に試されるステップファザー

数ヶ月前の話だが、娘がてんかんで救急搬送されて担当医師に相談した結果、デパゲンという薬の量を2倍にすることになった。

 

 

そのため、朝晩に一包ずつ飲んでるその薬を二包に増やすという対応に。追加の処方はなかったため、お薬手帳にはその記録がない。

f:id:sakuramikoro:20180907192957j:image

そして次の定期受診の時、薬局で処方箋を受け取る際に薬剤師から突然こう言われた。

 

「この薬、あと一ヶ月分残ってるはずですよね?何でまた処方されてるのか、残りの分はどうなったのか、それに今回量が増えてるのはなぜか説明できますか?」

 

と、厳しい表情で聞かれたのである。

 

げ、そんなこと聞くんかい。

 

と普通に焦る。娘と二人での病院受診を終えやっと帰れると気が緩んでいたのもあり、頭も回らないし準備もしてない。

 

だが私をなめてはいけない。平日だけで言えば、妻より娘と一緒にいる時間は長い。その上毎日のように担任の先生やデイサービスの先生に引き継ぎをしているのだ。

 

 「確か先月にてんかん発作が続いたので入院になり、血液検査をしたらその薬の血中濃度が低いということで2倍に増えたんですね。それから朝晩に2包ずつあげることになったので、予定よりも早く薬がなくなりました

 

とすらすら出てきたのである。私も驚きだ。

 

これぞ在宅系ステップファザーの本領発揮であるな!どどん!

 

すると、薬剤師の方も

 

「お父さんもよく状況を理解してるみたいなので、お薬出しても大丈夫ですね」

 

と微笑んでいた。

 

実際はしどろもどろだったかもしれないが、私を何も知らないヘラヘラおじさんだと思ったら大間違いである。

 

 

ステップファザーになって気付いたのは、病院やリハビリなど父親が付添いだからといって誰も変な顔はしない。

 

だが大抵、父親は何も知らず母親だけが全てを把握していると皆考えているというのが私が感じたことだ。

 

学校の先生は妻と話したがるし、入院時でも医者や看護師は私をスルーで妻にしか話しかけない。病歴や普段の様子に至るまで何でも。

 

だからなんだと思われるかもしれないが、いつも妻の後ろに隠れている私が、子供に関することで矢面に立たされると普通に緊張するな!という話である。

 

まあすぐに慣れるさ。

 

おすすめ関連記事