ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

アドラー心理学を5歳(発達障害)と3歳の幼児に一年実践したぞ!

アドラー心理学を実践するステップファザー 

私はアドラー心理学が大好きだ。アドラー心理学というよりは岸見一郎先生の著書、「嫌われる勇気」が大好きである。

 

子育てについて何も知らなかった私がなんとか正気を保って子供たちと接することができるのはアドラー心理学のおかげといってもいい。

 

だが巷のアドラー心理学の育児本を見ると大体話されるのは勉強の話とか、小学生以上の子供たちが題材の物が多い。

 

私の子供たちは完全な幼児で、娘は重度の発達障害でもあった。

 

5歳の娘と3歳の息子。アドラー心理学がそのまま通用する年齢ではなかったし、試行錯誤しながら自分で調整する必要があった。

 

失敗もしたし、失敗もしたし、失敗もした。

 

そんな私が、二人の子供のステップファザーとなってから一年以上に渡って試し続けてきたアドラー心理学の実践記を紹介しよう。

 

突然二人の子供ができたお父さん初心者なので、普通の人ではありえない思考や失敗も多数ある。大目に見てくれたら幸いだ。

取り入れたアドラー心理学の基本姿勢

アドラー心理学の基本的な考えはぜひ嫌われる勇気を読んでほしいが、まず私が取り入れたアドラー心理学の基本姿勢を二つ紹介しておこう。

 

一つ目、メインはやはり課題の分離である。

 

課題の分離とは、何か問題があった時、最終的にその責任を背負う人は誰なのかを考えることだ。

 

もしその問題の最終的な責任者が相手なら親だろうが他者が首を突っ込むべきではないし、逆に自分が責任を取る問題に他者が首を突っ込むのを許してはいけない。

 

それが課題の分離である。 

 

正直、これさえ極めれば人間関係の軋轢はほぼクリアである。

 

そしてもう一つ、育児に必須だと感じるのが貢献感を感じてもらうことだ。

 

何かいいことをした時にほめるのではなく、悪いことをした時に叱るのでもなく、その人を認め、尊敬し、その人が存在していること自体に感謝する。

 

私は誰かに貢献している、子供がそう無意識に感じられるのならすくすく育つのではないか?

 

ほめられたりしかられたりと競争の中で生きるのではなく、家族に世界に貢献しているという感覚さえあればあとは本人の好きにさせたらいいんじゃないか?

 

とまあ個人的な意見も入っているが、基本的に私が実践したのはこの二つである。

課題の分離~幼児の危機管理について~

 

まず真っ先に言いたい。

 

課題の分離って超絶難しい!

 

職場の同僚や実家の家族ならまだマシだろう。大人だから。

 

だが自分の子供のことで課題の分離をするのは本当に難しい。

 

まず最初に私が引っかかったのは、危機管理についてだ。

 

道路への飛び出しや高いところに上る、またコンロで火遊びなどなど。

 

私は最初相当に悩んでいた。なぜなら、

 

道路に飛び出してケガしたり最悪死ぬのはこの子達じゃないか。それを納得した上で道路を走り回り自由を謳歌した上で事故ってケガをするなら、それは私が口を出す問題ではないんじゃないか?それこそが課題の分離では?

 

と本気で考えたりした。危険行為も妻が注意するから何とか無事に済んでいた。

 

だが違ったのだ。違ったのである。

 

幼児というのは、

 

危険なことが危険であるとわからない。

その結末も予想できないし想像できない。

リスクを教えてもわからない。

わかった風な顔をしてもわかっていない。

 

つまり事故にあってケガをしてもそれは本人が理解し、納得したものではないのだ。

 

リスクをわかっていないし、理解できるレベルに達していないにもかかわらず人生を台無しにするような責任を負わされる。それはあんまりだろう。

 

さらに幼児には衝動性がある。何かが目に入ると周りが見えなくなることが多々ある。

 

常に理性を保ち自分の身を自分で守れるようになるまでは、強制的にでも危ない場所では手をつなぎ、危険な場所に入ることや危険な行為は親が阻止せねばならない。

 

駐車場で子供が「手を繋ぎたくない!」と泣き喚いても絶対に繋がらなければならない。子供がその結末を理解できるようになるまでは。

 

ちなみに、失敗してもちょっとしたケガで済みそうな場合はスルー案件だ。

 

結局常識的な対応になったが、それが幼児の危機管理についての私の結論である。

課題の分離~発達障害の娘の場合~

発達障害の娘の場合はアドラー心理学を実践するのはさらに難しかった。なぜなら、あらゆる行為と結末が結びつかないからだ。

この記事でも書いたが、絶対にカバンを持ちたがらなかった娘。

 

普通であれば、

 

自分がカバンを持たない→誰も持たない→学校で自分が困る

 

と結びつく。泣いても喚いても親がカバンを持たなければ自分で持つしかないのだ。

 

だが娘はそれが結びつかない。嫌な物は嫌、それだけでその先がわからない。

 

「君のカバンなんだから、ないと困るのは君だろう」

 

なんて言っても寝耳に水。ガン無視で全く通用しない。カバンを玄関にぶん投げ、それを放置したまま車に乗っても何の反応もない。カバンのことは頭にない。

 

きっと学校でカバンがないことを知って「何で自分のカバンがないのかわからない」のだ。

 

これでは課題の分離は通用しない。

 

そうなればカバンを持つかどうかは私の課題になる。結局、クソがー!!と思いながら私が持つしかないのだ。

 

子供が最終責任者であると理解できないなら、その保護者である親の課題になるのだと知った。

 

また娘は発達障害ということもあり、”強制的に何かをやらされたり、強制的にやりたいことを止められる”ことに非常に敏感で、暴れまわり叩いたりそっくり返ったりする。

 

危険な行為は仕方ないにしても、娘が怒ったら課題の分離ができていないと判断してもいいのかもしれない。難しいぜ。

 

ちなみに3歳だった頃の息子にも「自分でカバンを持って責任を取れ理論」は通用しなかったが、4歳を過ぎたら「カバン持たないと自分がやばい!」ということを理解できている。

 

今の息子はカバンも水筒も何も言わずに自分で持つようになった。ありがたいね。

課題の分離~物が壊れたら誰が責任をとるのか~

さて、課題の分離でもう一つ悩まされたのは物を壊したり無駄づかいすることの責任についてだ。

 

父になったばかりの私は、息子や娘が部屋で暴れようが物を振り回そうが私のPCのキーボードを叩こうが「自由にしたらいいよ」と微笑んでいた。 

 

暴れたいのは君たちの自由だし、私のPCを触りたいのも君たちの自由だ。それは私が強制的に止めるものでもないよね。それが課題の分離だよね。

 

最初は割と本気でそう考えていた。

 

だが違った。違うのだ。暴れたり好き勝手に物を触って壊れてしまって困るのは誰だ!?

 

それはお金を払う親だ!

 

そう。暴れるのはいい。好きなものを触るのもかまわない。だが物が壊れたら責任をとるのは子供たちではない。親なのだ。

 

だから何かを触るという幼児の行為については、

 

・まず危険なものではなければ触ること自体は構わない。好きにさせるのが基本。

・触り方や操作方法がわからないようなら教えよう

・初めてやることで注意が必要なら手本を見せて一緒にやろう

・理解ができず壊しかねないと判断したら強制的に止めよう

 

実践したところ、落とし所としてはこんな感じかな。

 

さて、ここで何もわからなかった頃の私の失敗談を一つ紹介しよう。

 

3歳の息子がある日「皿洗いを手伝いたい!」と申し出てきた。

 

自由を愛していた私は了承し、自由に、好きなように、一切手を出さずに息子の皿洗いを見ていた。

 

するとどうなったか?

 

スポンジに洗剤をチューチューかけまくり、シンクを洗うと洗剤をシンクにチューチューかけまくり、そして一回の皿洗いで洗剤を丸々一本使い切ってしまった。

 

何度か声はかけた。「そんなに使ったらもったいないよ」とか「洗剤はちょっとでいいんだよ」と。「うん」と返事はするが、何も変わらずにチューチュー洗剤を出して使い切ってしまった。

 

それを見ていた私はイライライライラして、

 

この野郎、完全に俺を馬鹿にしてやがる!!

 

と怒り心頭だった。

 

だがそうじゃないのだ。皿洗いが人生初体験で、何もわからなかったのだ。

 

洗剤の使い方もシンクの洗い方も皿の洗い方も何もかもわからなかったのだ。

 

そこは私がしっかり手本を見せて手順を教えてサポートすべきだったのである。

 

それはなぜか?

 

洗剤がなくなって新しく買わなきゃいけないのは親だからだ!

 

とまあ、そんなことすらわからないのが人間の面白いところじゃないか!

 

……ま、まあ普通の人なら考えるまでもないことだ。無駄に考えるから遠回りしている部分もあるだろう。

 

しかし課題の分離については本当に難しい。今もなお悩まされている。

 

例えば子供が誕生日プレゼントにあげたおもちゃを乱暴に扱っていたりすると、とてもモヤモヤする。せっかくあげたのに!とイライラする。

 

だがそのおもちゃは既に子供の所有物だからスルー案件なのだ。一応「壊れるよ」とか「大事に使ってくれたら嬉しい」と声はかけるけども、強制的に止めることはない。

 

一体誰が責任をとるんだ?と、常に意識する必要がある。疲れるが、理にかなってると感じる私は今後も実践していくつもりだ。 

 

おまけで課題の分離の失敗談として、

 子供が時間の概念を知らないことを私が知らなくて、深夜の2時までYoutubeを見せてしまったということもあった。難しいぜ。

子供が貢献感を持つには~子供をほめない~

続いては貢献感についてだ。

 

私は子供たちに

 

すごいねー

えらいねー

おりこうさんだねー

 

こんなほめ言葉を使ったことはほとんどない。他者が使うのは気にしないが私は意識して使わないようにしている。

 

アドラー心理学では子供の問題行動の最初の段階が称賛の欲求である。つまり、ほめられたい!ということだ。

 

だが称賛されるために何かをするのであれば、称賛されなければ何もしないということ。

 

称賛されたい、褒められたいという思いは子供の問題行動の始まりなのだ。

 

そんなわけで私は絶対に子供たちを褒めない。発達障害の娘も絶対に褒めない。初めてトイレを成功しようが、普段できないことができようが絶対に褒めない。絶対にだ!

 

称賛の欲求が強いのは息子だ。何か新しいことができると、

 

「ねぇ、すごいでしょ?」「これ見てーすごいー?」

 

とやたら凄いという言葉を求めてくる。だが私の答えはこうだ。

 

「へー、それできたんだね、私も嬉しいよ」

「君がそれをできるようになったら私もありがたい、助かるよ」

 

とか何とか、とにかく嬉しい、助かる、ありがとう。こればっかり言ってる。

 

息子はその言葉で特別喜ぶわけじゃないが、別に不満はないようである。

 

最近でも「すごいー?」とたまに言うが、「助かるでしょ」「ありがたかった?」など聞いてくる姿も見られている。

 

それがいいか悪いか知らないが、貢献感は感じているのではないか?

子供が貢献感を持つには~子供をしからない~

私は子供たちをしからない。大きな声も出さないし怒鳴らないし叩かない。

 

ほんっとうにイライラしてむかついて発狂しそうになっても叱らない。ただ無言になり態度が冷たくなるだけだ。うむ、それも問題だな。未熟である。

 

とにかく私は子供をしかることはない。何かを壊しても、悪さをしても、何か失敗してもしからないようにしている。

 

まーもともと人の失敗をちくちくつつくタイプではなかったので実践は容易ではあったが、基本的な考えは

 

まーこういうこともあるよね。 

 

これだ。失敗することもある。上手くいかないこともある。子供だってイライラして何もする気がしない日もある。

 

そしてもう一つは、

 

今はできないけど、いつかはできるようになるよ。

 

という二枚看板だ。

 

それでも許せない時はあるのだが、基本的には冷静に説明したり話し合うようにしている。

 

効果のほどはよくわからない。ただ家でもどこでも暴れまわるし萎縮せず自由気ままに生きてるっぽいので上手くいってるはずだ。

 

親の顔色を窺っている部分が多少見え隠れしている節もある。それは親である私たちが少なからず怒ることがあるからだろう。アドラーの道は険しい。

子供たちが貢献感を持つには~ありがとうおじさん~

そして最後に、貢献感を子供たちが感じるよう私がもう毎日のように言っている言葉。それが、

 

ありがとう。

 

これだ。

 

娘がしっこを訴えたら「教えてくれてありがとう」

息子が寝室の準備をしてくれたら「ありがてー、助かるわ」

娘が薬を飲んだら「すんなり飲んでくれたら嬉しいね、ありがとう」

息子が車でシートベルトをしめたら「ありがとう。安心して運転できるよ」

 

もはやありがとうおじさんだ。

 

これの効果あるのかはよくわからないが、子供たちもよく「ありがとう」という言葉を使うので、何かしら意味はあるんじゃないか?

 

まあ、あれだよ。言い換えれば、

 

娘がしっこを訴えたら「しっこ教えてえらいね!」

息子が寝室の準備をしたら「すごいな!」

娘が薬を飲んだら「すごーい!!薬飲めておりこうさんだね!」

息子がシートベルトをしめたら「えらいね、しっかりシートベルトしめて」

 

このほめ言葉を全てありがとう、助かる、嬉しいに変えただけである。

 

とにかく子供たちが貢献感を感じてくれてたらいいなとひたすら続けるだけだ。

アドラー心理学を実践した結果の家族の関係は?

私はステップファザーであり、二人の子供は妻の連れ子。つまり子供達にとって私は突然出てきたおじさんである。

 

そんな私だが、特に大きな問題もなく子供達とスムーズに同居することができた。

 

あまり物言わぬ娘も「パパー」と言ってくれるし、息子も寝る前には「今日も1日お疲れ様、大好きだよ」と妻だけでなく私にも言ってくれる。

 

息子に「私のことが好きか?」と聞けば「うん」と言うし、「私は君のことを好きだと思うか?」と聞けば「うん」と言う。

 

愛されている、存在を認めてもらっているという感覚が大事なのは言うまでもなし。

 

全てが全てうまくいっているわけではないが、子供の課題に首をつっこんで思い通りに動かしたい!というやり方ではこんなに馴染めなかったのではないか。

 

邪魔はしないから好きに生きろ。助けが欲しいならできる限りサポートしてやってもいいぞ。

 

これが私の基本的なスタンスなので、今のところまあうまくやってんじゃないか。

アドラーできない日もあるさ!

以上!私のアドラー実践記であり、これは二年目の今も現在進行形で続けている。

 

ここまで体験談を交えて偉そうなことも書いてきたが、これが正しいアドラー心理学か確信はないし毎日完璧にできているわけではない。

 

体調が悪い日もある。疲れ切っている日もある。無意味に叩かれたり引掻かれてぶち切れる日もある。

 

ありがとうなんて死んでもいうかこのクソ野郎!という日もあるし、口がすべって「すごいな!」と言ってしまう日もある。

 

うんざりして実家に逃げ帰る日もある。

 

でも何か悩んだ時や、子供たちの対応に困った時、アドラー心理学が私の心の支えになっている。

 

子供たちにイライラしてぶつかる時は大抵子供の課題に首を突っ込んでいる時だ。

 

言うこと聞かない時、想定通りの動きをしなくて時間を浪費した時、予想外のトラブルを起こしたり大人であれば絶対にしないような失敗をしたりなどなど。

 

そんな時にどう考えるべきか?どう対応すべきか?

 

それら育児のイライラに関する全ての最適解になりえるのがアドラー心理学だ。

 

育児に限らず人間関係全般においても役に立つものなので、もし気になる方は「嫌われる勇気」を一度読んでみることを本気でおすすめする。

 

また続編の「幸せになる勇気」は子供の問題行動や愛についてスポットを当てていて、子育て中なら必見である。

 

最期の余談として、嫌われる勇気の中の哲人も「二人の子供の育児を通じて少しずつアドラー心理学を学んだ」と言っている。

 

え!?マジ!?私も二人の子供の育児でアドラーできるじゃん!!

 

と図らずも同じ状況でテンションがあがったものである。

 

私も哲人のように、妻や子供たちと一緒にアドラー心理学を実践しながら調整し、少しずつ私のアドラー心理学をアップデートしつつ子供たちの自立をサポートできたらいいなと思う。

 

長くなったが、ここまで読んでくれた人には心から感謝したい。

 

 子育て関連記事