ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

ステップファザーにできること

「家、ついて行ってイイですか?」が人の本音が聞けて面白い話

テレビ東京の番組、「家、ついて行ってイイですか?」がとても面白いという紹介記事である。

www.tv-tokyo.co.jp

 

この番組はどこぞの街をふらふらしている人に、例えば

 

「自宅までのタクシー代を出すからorコンビニで好きなもの買ってもいいから自宅までついていっていいか」

 

そう声をかけて、許可をもらったその人の家についていき話を聞かせてもらうという番組である。

 

その映像を見ている芸能人(おぎやはぎとか)はいるが、収録場所もその辺の街の人に声をかけて一室を貸してもらっている。

 

そしてその家の人も一緒に映像を見てコメントしたりする。

 

少し変わった番組である。

 

調べたら結構前からやってるっぽいね。今さらかな。

そこらへんにいる人

この番組の何が面白いって、やはりその辺にいる人にだってその人の歴史があって、その人なりの考えがあると知れることだ。

 

ただのパリピにしか見えないお姉さんだって、これまで数十年の歴史があって、今ここにいる。

 

そして見た目からではわからないほどに物事を深く考えているし、夢があったりする。

 

リアルで絶対に近づこうとは思わないだろう人の深い話が聞けるのだ。

 

こんな面白い番組があったんだね。

 

数ヶ月前にたまたま深夜で見かけたSPを見て、それから毎週録画してある。

 

私が見る地上波の番組は、この番組としくじり先生水曜日のダウンタウンの三つだけである。

 

……水曜日のダウンタウンは少し毛色が違うけど、面白いよね?

毎日忙しくて振り返る暇もない

この家についていく番組で、なぜ本人たちが本音を語るのか少し考えてみた。

 

本音じゃないことも言っているはずだが。

 

私は今フリーの立場で生活していたり、もともとひきこもりなので立ち止まって考えるのが好きだ。

 

過去を振り返り、今を見つめ、何をどうすべきか考えるのが好きな内省人間である。

 

だが私がひきこもりになる前は、自分のことを見つめる時間なんてなかった。

 

ただただ毎日が過ぎていき、日々の忙しさの中でなんとなく物事が解決したり、なんとなく成長している気がしたり。

 

立ち止まって考える暇なんてない。ひきこもり脱出して働いていた時もそうだ。

 

立ち止まって考えている暇があったらYouTubeやテレビ、ドラマ、映画ゲーム、時間を埋めるものはたくさんあるのだ。

 

だからなかなかね、自分と向き合うという時間を持つことすら難しかったりするんだよね。

 

そこに向き合う時間を強制的にもたされる番組なんだよ。そんな気がする。

一般人にインタビューする

この番組を例えるなら、街で捕まえたそこらへんにいる人に徹底的にインタビューする番組である。

 

どんな経歴で、どんな人生を歩んできて、何を思い、今どんな夢を見て生活しているのか。

 

60を超えて一人暮らしで、きたない部屋でその日暮らしをしている人。

 

再婚した旦那がある日突然行方不明になり、今もまだ音信不通で待っている人。

 

最近面白かったのは、68になって高齢者の婚活パーティーに何度も顔を出してるおじさんの話。

 

こんな人たちがどう考えてるのか、結構真面目に語ってくれる。

 

見栄をはったり嘘をついたりしている部分もあるだろうけど、それでもちゃんと自分と向き合って話そうとしている。

 

こんな番組あるか?

 

多分、自宅というホームにいるからこその安心感とかもあると思う。

 

深夜も多いしね、深い話をしたくなる感じ。

 

またテレビで一般人を紹介するとしても、普通はいわゆる”まとも”な人間しか出てこない。

 

芸能人の昔の友達が今何してるか調べる番組も、あれはあれで面白いけども。

 

私はこの家についていく奴の方が好きだなぁ。

地上波にも面白い番組がちらほらある

最近はEテレばかり見てはいるが、ここ10年くらいテレビを見ることは本当に少なくなった。

 

それでもたまーに面白い番組があったりする。

 

しくじり先生しかり、水曜日のダウンタウンしかり。

 

こうやって並べるとわかるのは、私は人間心理が垣間見える番組が好きなのである。

 

映画もアクションやホラーなどは一切見ない。見るのはヒューマン映画ばかり。

 

なので、もしそんな私におすすめの番組があればぜひ教えてほしいぞ。

 

クリスマスイヴの記事とは思えない、テレビ東京でやっているらしい番組の紹介であった。

 

おすすめ関連記事 

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com