ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

息子に見せられた「三匹のこぶた」がツッコミどころ満載で面白い件

最近、息子と二人で過ごす時間があった。

 

息子はテレビを見たがっていたため自由にさせたのだが、息子がやたらと面白いから一緒に見ようというYouTubeの動画があった。

 

それが、三匹のこぶたである。

www.youtube.com

 

これが予想外に面白かったので紹介していこう。

三匹のこぶたの概要

まずは私の頭の中にある、一般的な三匹のこぶたの内容を簡単に紹介したい。

 

まず、登場人物は主に四匹。三匹の子豚の兄弟と、一匹の狼である。

 

三匹の子豚の兄弟はそれぞれ自分の力で家を建てる。

 

長男豚は藁の家、次男豚は木の家、三男豚はレンガの家を作るが、そこに一匹の狼がやってきて子豚の家を襲うのである。

 

藁の家は簡単に攻略され、木の家も簡単に狼に壊される。

 

そして三匹はレンガの家に逃げ込んで色々と激闘した結果、狼は子豚たちに太刀打ちできずに逃げていく。

 

そんな前準備の大事さを教えてくれる?ほんわかしたお話である。

優しくない世界

では今回息子に見せられた三匹の子豚はどうだったのか。

 

まず導入だが、お母さん豚と暮らしていた三匹の子豚が、独立するため家を建てるところから始まる。

 

長男豚が藁の家を作ったところ、狼がやってきて藁の家を吹き飛ばしてしまった。

 

ここまでは私の記憶通りである。

 

だが長男豚が逃げていくのかと思ったら、狼に丸呑みにされてしまった。

 

狼のお腹はパンパンである。

 

「え!?食べられちゃったけど!?」

 

と息子に聞いたら

 

「違うよ!丸呑みだから生きてるんだよ!」

 

お、そうか。と見ていくと、次のシーンでパンパンだった狼のお腹はへこんでいた。

 

おいおい、長男豚、消化されてんじゃねーか!

 

それでも息子はまだ長男豚は死んでいないという。

 

確かに、もしかしたらまだ生きている可能性はあるよな、と続きを見ていく。

 

すると、同じように次男豚も食べられてしまった。

 

全く同じように狼のお腹はパンパンになり、その次のシーンではやはり狼のお腹はへこんでいた。

 

次男豚も消化されてない!?

 

そんな私のツッコミにも息子は動じない。まだ生きているのだと、以前に見たからわかるのだという。

 

明らかにもう死んでいる長男豚と次男豚だが、もしかしたらまだ消化されていない可能性もある。

 

物語的には食べられてからまだ短時間しか経ってないかもしれない。

 

と思ったら、物語の展開がすすみ、翌日になった。

 

さ、さすがにもう消化されてんじゃない?

 

狼もお腹がすいているみたいだけど。

サイコパスな家族

結局最後まで生き残ったのは三男豚だけ。

 

最後のシーンでは、母親と三男の豚が一緒に笑顔で食事をしていた。

 

「あんたが一番賢かったのね」

 

そういう母も三男も、他の二人の豚のことは一切頭にないようだ。

 

こ、この話大丈夫か?

 

そして息子に、長男も次男も死んでんじゃねーかと詰め寄ったところ、

 

「ううん、でも生きてるんだよ、大丈夫なんだよ」

 

そう言っていた。子供は子供で脳内保管をしているんだなと勉強になった。

ツッコミどころ満載の話

このようにシビアな世界観だけでなく、細かいツッコミどころも多いこの三匹のこぶた。

 

例えば狼が三男豚をレンガの家から呼び出すために色々と作戦を練る。

 

まず三男豚を3時にパン屋におびき寄せる作戦をとるが、三男豚は1時間早く行って大丈夫だったというしょーもない感じ。

 

また、朝の6時からバザーにくるように誘う狼をあざむいて、朝5時に行って買い物したとか時間感覚もむちゃくちゃである。

 

そもそもパン屋とかバザーがあるなら、狼はそこの店の動物を襲えばいいのに。

大人と子供の感想は違う

そんな感じで息子と一緒に一風変わった三匹のこぶたを見た話であったが、もしかしたらこれが原作なのかもしれない。

 

子供は、当たり前だが大人とは見たものの印象も違えば感想も違う。

 

恐怖を感じる対象も違うし、勝手に脳内補完をして楽しんでいるようだ。

 

余談だが、この動画を見た夜に思いつきで

 

「ママを食べようね」

 

と冗談で息子に言ってみたら、ママを食べないで!豚肉を食べて!と本気で泣いていた。

 

色々とおかしな点はあるが、まさかそんなことになるとは思わず。

 

とまあ、子供が興味があるものを一緒に見て面白かった話であった。

 

おすすめ関連記事

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com