ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父によるステップファミリーの話

ディスレクシア(失読症)疑いの6歳の姪っ子が数ヶ月で急成長した話

姪っ子を愛しているとんぼである、ごきげんよう。

 

兄姉は3人いるが、子供はこの一人だけ。今年の四月から小学生になった女の子。家族全員から愛されているぞ。

 

少し前、姪っ子にディスレクシア疑いがあった。そんな話をしていきたい。

ネグレクト気味の姪っ子

姪っ子はかなり微妙な乳児期を過ごしている。ママ(姉)とパパは若く、あまり育児に熱心な人たちではなかった。

 

ネグレクトというと姉は怒るが、それに近い。

 

パパはサバゲーや戦争ゲーム(CoDとかバトルフィールドとか)が好きで、赤ちゃんの姪っ子がいる前でゲームばかりやっていたという。

 

姉は姉でスマホ大好き人間で、姪っ子は0歳のころからずっとスマホで動画を見ていたらしい。それも制限なし。

 

YouTubeは制限がないと恐ろしいことになる。過去に驚いたのが、実家に来てた姪っ子が見ている動画の残虐性が高すぎるのだ。

 

外国の動画で、コミカルなタッチで人の首を切ったり。銃を撃って手や頭が吹き飛んで血が吹き出るものとか。

 

これ子供が見て大丈夫か!?という動画がYouTubeにゴロゴロ転がっていて、姪っ子は銃や剣や血が吹き出る動画が好きだった。怖すぎませんか?

 

もともと夜行性の夫婦だったため、深夜3時とか4時までYouTubeを見ているのが姪っ子にとって当たり前。0時過ぎてからママと一緒に買い物に行くことも頻繁にあったようす。

 

こういった話を聞いて以前から姉に怒っていたのだが、とにかく姉は人の話を聞こうとしない。

 

こちらが真っ当なことを言っても、大声を出して威嚇して何も改善する気がない。いつからか私は、姉に意見をするのをやめた。

姪っ子が実家にくる

まだ姉が結婚していた頃は、日中だけ実家で姪っ子を預かっていた。母や父にとっては孫だからね。おんぶしたり、歌をうたって聞かせてたりと大忙し。

 

姉夫婦が離婚してからも、姉と姪っ子は猫と一緒にアパート暮らしを継続していた。

 

そんなある日、母が姉の部屋を尋ねたらそこはゴミ屋敷。猫の糞尿の匂いが充満した部屋で、姪っ子はパンパース一枚で服もはかずに生活していたという。

 

自立とは程遠い生活をしており、さらに借金もあった姉。ちょっとこれはひどすぎた。また姉自身も限界を感じていたこともあって、実家に帰ってくることになった。

 

姪っ子が3歳のころかな。それからはほとんど母が姪っ子の世話をしていて、少しずつ生活リズムもよくなってきているが。

 

先日も姉が姪っ子を祭りに連れて行くといって、夜の0時過ぎまで帰宅しなかったので母にこっぴどく叱られていた。

 

6歳だからねぇ。ママはママなりに色々やってあげたい気持ちがあるのはわかるんだけど、方向性がおかしいんだよ。

 

自分が朝苦手だからって、子供を深夜に連れ回してどうすんだ。

ディスレクシア疑いの姪っ子

ここからが本題。ネグレクト気味の乳児期を過ごした姪っ子は、5歳になっても6歳になっても文字を読むことができなかった。

 

文字を教えてもすぐに怒り出し、興味がないと見ないふり。自分の名前はかろうじてわかっても、バラバラの文字を見せると読めない。

 

文字を見ながら書くのはできても、切り抜かれたひらがなを一つ見せると答えられない。小学校にあがったのに上達する気配がない。

 

これはもしやこれまでの生活が原因では?脳の発達に問題が生じているのでは?

 

そう心配になってきて調べてみたら、ディスレクシアというものがあるらしい。Wikipediaより引用すると。

ディスレクシア英語dyslexiaディスレキシアとも)は、学習障害の一種で、知的能力及び一般的な理解能力などに特に異常がないにもかかわらず、文字の読み書き学習に著しい困難を抱える障害である。

 文字の読み書きに関わる障害。この可能性があるよねと色々と話していたのがつい数ヶ月前の話。

 

そして、八月になった今。先日お盆で顔を合わせたところ、まるで別人かのようにすらすらと文字を読むのだ。

 

一緒にプレイした青鬼オンラインの他のユーザーの名前を、ひらがな四文字でも五文字でも、バンバン読んでいく。

 

えっ!?2ヶ月前までほとんど読めなかったよね!?

 

驚くばかりだが、何より安心した。何かしらの対策が必要かなと、そしてそれを実行する覚悟が姉にあるかと心配していたから。

 

子供の成長は早いね。

子供は環境で変わる

ディスレクシアの話をメインに書くつもりが、ネグレクトの話がメインになってしまった。

 

私としては、姪っ子は実家に引っ越して来て正解だったと思う。あのままアパートで二人暮らしだったら、ちょっとやばかったんじゃないか。

 

今は実家で見ているYouTubeも制限モードにしてるし、母が監視しているので深夜に連れ出されることもほとんどなく21時に眠っているようだ。

 

また小学校が始まってからは、毎日母が姪っ子の宿題を見て一緒に勉強してたりする。夏休みも毎日文字の勉強をさせられている。

 

「自分の子供には忙しくて何もできなかったから。今改めて子育てして勉強している」

 

そう母は言う。とてもありがたい話だ。

 

姪っ子がここまで文字を読めるようになったのは、姪っ子はもちろん母の努力があったからこそだろう。

 

姉はもう少し感謝した方がいいんじゃないか?とか言ったら、ぶちぎれられるな。怖い怖い。

 

ぼろくそに書いたけど、姉も仕事を姪っ子にあわせた時間に変えたり、お菓子をかってきたり一緒にゲームしたりと、自分にできることをやっている。

 

頑張っているのはわかるので、暖かく見守っていきたい。

f:id:sakuramikoro:20190819225644j:plain