ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父によるステップファミリーの話

相変わらず私物を失くし続ける長男(小5)の話

休んでも疲れがとれないとんぼである、ごきげんよう。

 

家族全員が平和な日常を取り戻したのは二週間ぶりか。私はまだ咳が残っているし、次男坊は鼻水がややあるし、娘は発作もある。

 

それでも一応は普通の月曜日が訪れたことを喜びたい。さて、長男の失くしものの話。

 

◆家族の紹介

外出先だとどうにも

昨晩、長男に説教をしてる妻の声が寝室から聞こえまして。22時も回ろうとしてたもんだからフォローに入ろうかと話を聞くことに。

 

すると失くし物の話だった。

 

GWに友達と一緒にキャンプに行った長男。川遊びをするとか何とかでゴーグルをもっていき、失くして帰ってきたそうだ。

 

それが近々プールの授業があるもんだからゴーグルがなくて困っていると。

 

ふーむ。そうか。

 

さらに先週末、他校にてバスケの練習試合があって何校か集まっていた。ボールの数が足りないかもしれないからマイボールを持ってくるようにと指示あり。

 

長男も持って行ったんだけど、それも失くしたんだって。

 

体育館での練習で使って、ボール入れに確かに入れたはずだがいつの間にかなくなってたと。帰る前に失くしたことを妻に伝えて、色々探したけど見つからなかったと。

 

……うーん。

 

事前準備にて、ボールに名前と学校名を書くようにとばぁばが指示をした。でも結局書いてなかったようだ。

 

「そんなこと聞いていない」と長男は言う。

 

まあこういう子だとわかった上できっちり確認をしなかった親の失態なんだけど、責任感のなさに妻がご立腹だった。

 

ボールを失くしたなら失くしたで探すかと思ったら、一生懸命に探したのは妻だけ。長男は座って友達と話をしてたようで。

 

そういえば長男の同級生で備品を失くした子がいたそうだ。その備品の担当は妻だったが、その子も責任逃れの言い訳ばかりで探す素振りはなかったとか。

 

10歳てこういうもんなんかね。

 

まあ失くすのはある種仕方がない。長男の特性から考えても失くしものが多いのは日常茶飯事の話なので許容はするが、その後の対応に関しては話が別だ。

 

この流れで「お小遣いを前借りしたい」と言ってきてたってんで、妻の説教が始まったらしい。ふーむ。

金がかかるな

長男がバスケ部に入った時にバスケットボールを二つプレゼントした。室内用と室外用として。

 

一つ目のボールは休日にどこかに持って行ってあっという間に失くしてた。二つ目はほとんど使ってなくて、今回たまたま持って行ったらなくなった。

 

以前、まだ本人の力で何とかなると思っていた頃の長男が部着(インナー)を失くしてね。現在、分割払いで小遣いから差っ引いて払ってもらってる。

 

この子の失くし物を小遣いで払ってもらってたら、逆にお金をもらうことになりそうだ。

 

まあ忘れ物失くしものをしてしまう子だというんだから、今後は小遣いから回収することはしない。ただあれもこれも失くされると普通に金がかかるな。

 

親の目の行き届かないお泊まりの場合はチェックリスト渡して、帰る前に必ずチェックしてから帰ってくるようにいうとか?

 

ボールに名前を書けというのも、ただ指示をするのではなく一緒に書くべきだった。

 

あとは失くした後に探そうともしない、我関せずの態度は論外なのでそこは注意するとして。

 

まあそんな感じで学校や自宅での忘れ物と違って、二度と帰ってこない可能性の高い外での失くしものに関しては事前対策を厳しめにやった方が良さそうだ。

 

そういえば一年ほど前、任天堂Switchを外に持って行きたいという長男の要望を断っててよかったなと今は思う。

 

さて、明日ゴーグル買ってくるか。ボールはどうすっかな。特に買って欲しいという要望もないから買わなくていいのかも。

 

それはそれで切ないね。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ