ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父によるステップファミリーの話

「かぺー」と「え、え、うー」の話

月曜日は諦めたいとんぼである、ごきげんよう。

 

日曜日は朝から晩まで疲れることばかりで、夜になったらまったく喋る気がしないほどには顔が死んだ状態になる。

 

さらに今から寝ようって時に妻が長男に説教を始めてしまって。長男を説教する妻を説得しながら長男もフォローする。

 

ただでさえ疲れてるんだから、夜に説教しなくてもいいのに。これで月曜日元気だったら不思議だ。でも元気がもらえることもある。

 

◆家族の紹介

「かぺー」

宇宙兄弟という作品をご存じだろうか。ざっくり一言で表すと、宇宙大好きの兄弟が宇宙飛行士を目指す物語。

 

その中に出てくるケンジという宇宙飛行士仲間に娘(2歳)がいまして。

 

娘はよくケンジに「かぺー!」と言うらしい。

koyamachuya.com

 

「かぺー!」ってなんだろう?とずっと疑問に思っていたケンジであるが、宇宙飛行士になるための試験で悩み苦しんでる最中に気づく。

 

そうだ、娘がトイレでうんちをする時に妻がよく「がんばれ!」と応援してた。娘はそれを真似して自分に「かぺー!(頑張れ!)」と言ってるのではないか?

 

「かぺー!かぺー!」

 

何度も自分にそう言ってくれる娘が実は応援してくれてることを知ったケンジは、決意を新たに前に進む……といったサイドストーリー。

 

かぺー!

え、え、うー

何でこんなことを書いたのかと言えば、1歳になる次男坊を見て思い出したからだ。

 

次男坊がよく言う口癖がある。

 

「え、え、うー!」

 

おそらくは「えいえいおー」と言いたいのだろう。保育園に通い始めて真っ先に覚えてきたお気に入りらしく、手はしっかりと「えいえいおー」のポーズをとる。

 

抱っこしてたら「え、え、うー」というし、ご飯を食べながらも「え、え、うー」と言うし、車のチャイルドシートに座りながら「え、え、うー」という。

 

まだ1歳4ヶ月だし、別に何か意図があって言ってるわけじゃなさそうだし、「かぺー」と違って応援する意味もないだろう。

 

ただ何でだろうね。

 

この子が一生懸命に生きようとしてる感じが伝わってきて、私も頑張ろうって気持ちになる。

 

不思議だ。

ダウンしてもいいが

そんなわけでダウンしてる場合じゃないので……いや、ダウンをしてもいいが、どうしたらまた一歩と前に進めるか考えたい。

 

いつもダウンしてる父親ではいられない。私も一生懸命に生きていきたい。

 

余談となるが、0~1歳児から学ぶことは多い。

 

一つずつ一つずつ丁寧に新しいことを学んで、何度転んでも立ち上がる。苦手な段差も失敗しなくなるまで何度も往復したり、昨日まで嫌がってたことが急にできるようになる。

 

赤ちゃんほどの努力家はいない、というのは間違いない。自己嫌悪なんて挟む暇もなく努力してるのだ。

 

次男坊だけじゃなくて娘も長男も、妻も頑張っている。

 

いつもダウンしてますでは家族に顔向けできないわ。明日から動けるようにします。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ