ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

我がステップファミリーの簡単な紹介

f:id:sakuramikoro:20180831085635j:image

このブログの執筆者はステップファザーである。

 

いわゆるステップファミリーの継父だ。

 

職場で出会い結婚した女性にたまたま子供が二人いたという珍しくもない話。

 

2017年4月から家族四人で暮らし始めて、もうてんやわんやの毎日だ。

 

さて、このページでは2018年8月現在の家族の紹介をしよう。

長女

f:id:sakuramikoro:20181003143532j:image

上の子が現在6歳(小一)の女の子。重度の発達障害。知的な遅れ、またてんかん持ちで現在薬の調整中である。

 

特別支援学校とデイサービスに通っている。

 

発達検査では2歳半ばくらいかな。二語文は余裕だが、三語文がレアな感じ。

 

見守りが必要だぞ。

 

娘関連記事

 

長男 

f:id:sakuramikoro:20181003143555j:image

下の子は現在4歳の男の子で来年が幼稚園の健常児。

 

とにかく元気で暴れまわってよく食べよく喋る。父の私よりもよく食べる。

 

戦隊モノが大好きで、将来の夢は戦隊ものだそうだ。

 

息子関連記事 

夫婦の役割分担とは 

簡単に私たち夫婦の役割についても説明しよう。

 

今現在父である私は自宅にてライターの仕事をしており、妻は外で働いてくれている。

 

元々は同じ職場で働いていたのだが、結婚前に問題になったのが送迎問題だ。 

 

また体調を崩しがちな年齢の子供二人。何かある度に仕事は休めない。

 

そこで私たち夫婦は単純に、妻の方が収入が上という理由で私が仕事をやめることになった。私が在宅で仕事がしたかったというのも大きい。

 

決定的となったのは、付き合って半年ほど経った頃に当時彼女だった妻が言い放った一言だ。

 

「仕事やめて好きなことしたらいいよ。結婚しよう」

 

すごい事言うもんだなと思ったもんだ。 

私は結婚と同時に無職になる。果たしてこれは大丈夫なのか?不安だらけだ。

 

そして悩みに悩んだ結果のプロポーズを受け入れ、私は無職のステップファザーとなったのである。

 

それから心踊るフリーランス生活……になるわけもなし、毎日の送迎に始まり、妻が仕事で朝は早く夜は遅いため家事はほとんど私がやるようになり、夕方の送迎、子供達とのお風呂、朝と晩御飯の準備に果ては弁当作り、今では病院受診やリハビリも。

 

 おい、これ仕事だろ。

 

とツッコミをいれたくなるが、やると決めたのは私であり、見通しが甘かったのも私の責任である。今ある環境で最大限の努力をせねばなるまい。

 

そんな感じで大黒柱の妻の収入を支えるべく、ステップファザー の私は家事に育児に追われている毎日である。 

 

子供たちとの関係もそれなりに良好であるぞ。

 

私や妻の紹介記事

 

そしてこのブログは、自宅でなんとか収入を得るべく努力しながら、ブログのネタ探しをすることで子供たちとの関係性も上手いこといき、さらにこのブログがパンパース代だけでも稼いでくれたらいいなという欲にまみれたブログなのである。

 

どうぞよしなに。

 

最新記事一覧へ