ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

ステップファザーにできること

義母という感謝してもしきれない心強い協力者の話

私たち家族はステップファミリーだ。子供達二人は妻の連れ子である。 妻が二人目の子供の出産直前に元旦那の不倫が発覚し、そのまま離婚となったそうだ。 それが発覚した時、妻の母の怒りは凄まじかったという。 そうだな、何から書こうか。 妻の父は、妻が1…

PVを気にせずに毎日更新&リライトする習慣をつけることにする

このブログも開設から3ヶ月を過ぎ、投稿した記事は120を超えた。 最近は検索でやってくる人も増えてきている。 過去に埋もれてしまった記事を誰かが見てくれるというのは非常に嬉しく、とてもありがたいことだ。 そして、こうなってくると気になってしまうの…

ネットでライティングの仕事を受注するなら最低限押さえてほしいこと

ライターが納品してきた文章や記事をチェックする立場となってしばらく経つのだが、基本的にライターの力量はピンキリである。 えっ!?これでお金もらう気なの!? という人もいるし、 め、めっちゃクオリティ高いじゃん。自分でブログ作った方が良くないか…

子供たちを一人で見る機会が多すぎてぶち切れお父さんの話

ここ数週間、頻繁に子供達が学校を休む。 これが二週間ほど前の記事で、週に3日くらい娘につきっきりだった週。 www.rabbitonbo.com そして下記の記事は先週の話。息子と二人で遊びに行った。 www.rabbitonbo.com そして今週はかなりきつかった。 火曜日は妻…

人生の足を引っ張る思考のアンバランスをセブンコラムで叩き潰す話

最近私が自分語りとして書くことが多いのが、自分の思考に悩まされていることだ。 www.rabbitonbo.com www.rabbitonbo.com 何か、自分にとってこれは譲れない、これだけはやりたいと思ったことも、恐怖や不安に襲われて頭が真っ白になってしまうのだ。 それ…

クリスマスに子供達の夢を叶えるための夫婦によるサンタ会議

もうすぐクリスマスの季節だ。 我が子供達は7歳と4歳。上の娘はそもそもサンタの話を理解しているか微妙だが、下の息子は色々とプレゼントを考えているようだ。 そこで問題になるのは、息子がサンタに何をお願いしているかという話である。 10月ごろには言っ…

別ブログの立ち上げを断念し新カテゴリで対応することにした話

過去に色んな記事を書いているが、私が書きたいことにこんな類のものが多数ある。 www.rabbitonbo.com www.rabbitonbo.com www.rabbitonbo.com 他にも集中力について、習慣について、健康について、仕事の環境を整えることについて。 私はこういう系の話が大…

ステップファミリーのはてなグループを作ったぞ!

購読しているブログの方がはてなグループを作ったという記事を書いていた。 あまり人のブログは貼らないが、この方は勝手に紹介しても良さげな独特の雰囲気を醸し出しているので勝手に貼っておこう。怒られたら消そう。 ikakimchi.hatenablog.com これ見て、…

20年以上ひきこもり続ける兄に弟の私が思うこと

私は四人兄弟の末っ子だが、3番目の兄は10歳頃から登校拒否になった。 不登校ながら中学は卒業したが高校は卒業できず、それからずっと家にいる。 書きたいことは色々あるが……そうだな。 以前もこの記事で書いたのだが、 www.rabbitonbo.com 兄は小学校の高…

育児ブログは更新し続けるからこそ輝き温もりが感じられる説

今回は育児ブログのあり方についてだ。 このブログはもはや育児ブログとは呼べる感じではなくなってきたが、それでも私の中でのルールはある。 基本的に家族や身近な人たちや自分のことを書いているが、体験がベースだということだ。 だから本や商品を紹介す…

自身の捻じ曲がった思考に嫌でも気付かされた父の葬儀の話

最近、私の中で色々と気づくことがあって、その中でもとても重要なことを記していきたい。 www.rabbitonbo.com この記事でも紹介したが、私は物心ついた時から他人の目を気にする子供だった。 ”びくびくしながら人と接すれば、その人に優しくしてもらえる” …

市販のてんかん保護帽の実力やダイアップ後の登校について医者に聞く

先日は娘のてんかんの定期受診があり、また変化があったため記録のために書いていきたい。 前回がこれだ。 www.rabbitonbo.com 10月に受診して2ヶ月分の薬をもらったのだが、娘のてんかん発作が頻発するようになってきたため一月早めて診てもらうことになっ…

息子が午前保育だったので二人で公園へ行って遊び倒して疲れた話

書きたいことをただ書いていたら、こいつ全然育児の話しねーな!感がでてきたのでたまにはステップファザーのリアル奮闘記も書いておこう。 二人の子供のお父さんとなり1年8ヶ月程度、私のリアルな実力が垣間見えるはずだ。 ではいこう。 先日は息子の保育園…

嫌な上司から逃げてしまった次女へもう一度助言を送ったら感謝された話

ちょっと面白い話があったので、書いておこう。 以前、仕事で悩む私の姉、次女にアドバイスを送った話を書いた。 www.rabbitonbo.com この記事は、嫌味ばかり言う上司との関係に悩む次女に、自分の本当の目的は何かを思い出せと助言を送った話である。 次女…

家族を自宅で看取るとはどういうことなのか、覚悟の記憶と記録

前回、大腸がんになった父を自宅で看取ることに決めた話を書いた。 www.rabbitonbo.com もはや寝たきり状態の父を自宅に連れて帰ってきて、最初は色々とばたばたしていた。 平日は毎日昼に介護の人が来てくれるということで、その人らが状況を見にきたり。 …

大腸ガンだった父の最期を病院ではなく自宅で看取ることに決めた話

テンションが上がらない日はテンションが上がらない記事を書くに限る。 そこで、私の記憶がまだはっきりしている内に父を看取った話を書いていきたい。 父は2011年ごろに大腸がんのレベル4だと発覚、余命2~3年という宣告を受けた。 だがその後抗がん剤治療を…

”おしゃべりことばのずかん”を紹介、徹底レビューするぞ!

本日は娘の誕生日プレゼントに買った本、おしゃべりことばのずかんについて書きたい。 これだ。 その名の通りおしゃべりする図鑑で、図鑑の中の絵をペンでタッチすると音声が流れるというもの。 いわゆる知育系の本であるが、そこそこ値段も貼るのでどんなも…

娘が通う特別支援学校の課外授業に父一人で付き添った話

先日は娘の課外授業があった。 小さな生き物が見られる施設に2時間ほど出かけるという、社会科見学のようなもの。 本来であれば小学生の娘に付き添いは不要だったのだが、 www.rabbitonbo.com こちらの記事で書いた通り、その前日にてんかんで学校を休んでし…

育児・仕事のあらゆるストレスを力に変え成長する考え方の話

私の人生を変えたであろう書籍はいくつかあるが、今回はストレスについての書籍を紹介したい。 「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」だ。 この書籍は、マインドセットを変えることを目的とした本だ。 ストレスが体に悪いと考えるより、ストレスは…

子供が体調不良で休むと付き添っても別に何もない話

先日は息子がよく体調不良を訴え、1日付き添った日があった。 突然嘔吐したため自宅で私が一緒に過ごしたが、結局寝込んでいたのは午前中だけ。 昼には元気になったが一応様子見でずっと家にいて特に何もない日だった。 うん。家にいても特に何もない。まじ…

フリーランスでやりたいことをやるためにあえて強制力を利用する話

さて、今回は仕事の話をしよう。 私は家族との時間を大事にするためフリーランスで生きようと決めている。 別に組織に入って働くことが嫌いなわけではない。人との出会いは必要だ。 ただ、自分で自由に時間を調整できる仕事を求めたらフリーランスにいきつい…

介護の現場で出会った強烈で暴言がすごかったおばあちゃんの話

私は妻と結婚する前まで、介護の仕事をしていた。 人手不足だから私みたいな人間でも潜り込めるだろうという思いもあった。 父や母が介護が必要になった時に、何かしら役に立つだろうという思いもあった。 そして超高齢で寝たきりになったり、認知症になった…

子供の世界に親や教師が安易に口出しすることの危うさを知る

我が息子は4歳でもうすぐ5歳。 次の4月から幼稚園に入るという年齢で、今は保育園に通っている。 その息子が先日、突然こんなことを言い出した。 「僕は、小さいから幼稚園はバツがついてるんだよ。僕は幼稚園には入れないんだよ」 ちょうど寝かしつけの時間…

我が育児ブログが約3ヶ月で100記事へ。人気記事やPV、検索流入等を紹介

はい!これで100記事! おめでとう。いやー頑張った。 83日で達成である。長かったな。 本当はあまりこんなブログ運営話は書きたくないのだが、嬉しいものは嬉しい。 今後も毎日続けていくのだから、たまにはこんなクソ記事があってもいいんじゃないか? タ…

自分を認めることと子供を認めることの違いに気付いた話

先日、友人宅に遊びに行って色々と気付いたことがある。 深夜まで話し込み、私もなんとなく心に引っかかっていることを話してみたのだが、そこで指摘を受けたことだ。 私が私のことを認めていない。 薄々気付いていたが、はっきり指摘されて色々と思うところ…

ひきこもり上がりのクソガキだった私を成長させてくれた友人の話

過去に自分語りをしたことがあった。 ここではコールセンター時代の話を簡単に済ませたが、簡単に済ませた理由は一つ。 話せばめちゃくちゃ長いからだ。 コールセンターでの地獄の日々は、ひきこもり脱出後の私の人生において重要な位置を占めている。 昔話…

「仕事に行きたくない」と人間関係に悩む次女へ助言を送った話

このブログでよく登場するのは私の姉、長女である。 父は地獄に落ちて当然とか、私の子供達が万引きするなどよく暴言を吐く人である。 最近の長女は私のことを「かんおけ」と呼んでくる。 ドラマのキャラクターからきているらしいが、決して気分がいいもので…

発達障害の娘に突然叩かれるとムカついてイライラして仕方がない話

この記事で紹介した通り、私の父親としてのレベルはかなり低かった。 だが突然子供ができた私でも、それなりに育児について真面目に考えていたりする。 本も読みまくっているし妻と相談したり子供たちと相談したり、実際に子供たちに試して様子を見たりとそ…

娘の7歳の誕生日を迎えておめでたい話

先日は娘の7歳になる誕生日だった。 誕生会当日は、本人の希望も聞くために一緒にプレゼント探し。 お絵かきは好きなのだが、マグネット系のはすぐ壊れるので微妙なんだよなー。書いた痕跡も残らないし。 息子のクリスマスにサンタさんにお願いするものやら…

三歳だった頃の息子の奇行と癇癪がひどかった話

我が息子は4歳、もうすぐ5歳になり次は幼稚園だ。 毎日一緒にいるのであまり気付かないが、よくよく思い出してみればかなり成長している。 やたらよく喋るのは変わらないものの、話もかなり理解できるようになった。羞恥心や社会の常識的なものもかなり植え…