ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

妻や実家の家族のこと

子供の頃に親から謝ってきてくれたありがたみが親になるとわかる話

最近息子と大げんかしたあと、自分から謝って仲直りに成功したとんぼである。ごきげんよう。 どんな大げんかも、些細な口論であっても、なかなかそれをスルーして日々を過ごすというのは難しいものだ。 子供はすでに忘れているかもしれないが、私ははっきり…

子供達と一緒に夕ご飯を食べる重要性を妻が納得してくれた話

昨日は冷静に、落ち着いて書いたつもりであったが怒りがどうしてもにじみ出てしまっていたようだ。 「子供のためにやってほしいこと」を妻に押し付けても意味がない話 簡単に説明すると、仕事から帰った妻に子供達と一緒に夕食を食べて欲しいとお願いしたら…

「子供のためにやってほしいこと」を妻に押し付けても意味がない話

最近息子との大げんかを経てまた一つ成長したとんぼである。ごきげんよう。 成長したのはいいのだが、それでも家族は毎日変わっていく。家族との関係性もそうだが、物理的なスケジュールや日程も変わっていくのである。 我が家は3月末に引っ越してきて、まだ…

毎日働いている妻がこなしている数々の見えない仕事を紹介したい

このブログでは子供達のことと私(父)のことはガンガン書くが、あまり妻の話をメインで書くことはない。 もしかしたらこいつの奥さん何もやってねーな!と思っている読者の人もいるかもしれない。 それはいかん!そんなことはない。妻は色々やっているぞ。…

妻の実家の近くに引っ越したら義母のサポートがありがたすぎる話

2019年4月、我々ステップファミリーは妻の実家の近くに引っ越してきた。 義母は引っ越す前から「近くにいる方がサポートしやすいからありがたい」とまで言ってくれていて、緊急時に少し頼るくらいの気持ちだった。 だが実際に引っ越してみれば、おんぶにだっ…

実家の家族との別れ。寂しい気持ちはあるけれど、必要なことだと思う

引越しがほぼ完了して、実家とは遠いところに引っ越してきた。 とはいえ実家に数時間で行ける場所ではあるし、二度と帰らないわけでもない。ただやはり、車で五分の距離にいた今までとは違う。 これまで一人暮らしを何度かやってきた期間を除いても、30年近…

30年ダイエットを失敗している母と共に食事制限に全力を出す話

年始から食欲が暴走しまくっている筆者のとんぼです。ごきげんよう。 今まではダイエットなんて簡単!太っている人も工夫をすればすぐに痩せられる!と思っていましたが、ダイエットって本当に難しいのだね。 特に家族がいるとかなりしんどい。我慢してる横…

遠方に引っ越すことになった我が家、実家の家族とはお別れとなる

我がステップファミリーが今の自宅に引っ越してきて早2年。結婚してから2年が経った。 細かい流れは下記の記事で紹介している。 www.rabbitonbo.com 今は私(旦那)の実家の近くに住んでいる。でもそれももう終わりだ。 もうすぐ引っ越し、4月からは新生活が…

結婚記念日の夜に二人きりで話したのが妻の仕事の悩み相談だった話

昨日は2年目の結婚記念日だった。色々あったことを振り返った記事を書いている。 www.rabbitonbo.com 結婚記念日が平日ということで、前週くらいに二人でデートをした。でもやっぱり当日も少しは祝いたいよね。 そう言って、子供達を寝かしたあとに二人で小…

妻と結婚してから2年が経過、色々あったがおめでたい話

本日2月20日は、我が夫婦の結婚2年目の記念日である。おめでとうございます。 出会ってからは3年ちょっと。もっと長い時間がすぎた気がするが、まだ3年か。 たまには一息ついて、妻と私がどのような時を過ごしてきたか振り返ってみよう。 シングルマザーだっ…

親が何でも全てやってくれた息子の一人暮らしは一体どうなるのか

妻が実家の近くで友達の結婚式があるとのことで、子供達を連れて実家に帰っていった。 こうやって一人になると思い出すのは、一人暮らしの時代の話。 今そこそこに家事も育児もこなしている私の一人暮らしが、どれほどの惨状だったかお伝えしたい。 実家にい…

仕事ばかりしてたら妻がぶちぎれたので空気を読み子供達と旅に出た話

さて、今回は前回書いた記事の続きを書きたい。 www.rabbitonbo.com この地獄の誕生日は土曜日だったのが、当然その翌日は日曜日。妻も子供たちもいる。そして私は仕事だ。 そして当然、日曜日も変わらず仕事だったため妻の怒りは凄まじかったのである。 日…

息子の5歳の誕生日が稀に見る大荒れの地獄だった話

先日妻の誕生日の記事を書いたばかり。 www.rabbitonbo.com それが終わってすぐに息子の誕生日がやってきた。もう5歳になる。大きいな、5歳の記憶なんてほとんど残っている。 今回はそんな息子の誕生日の話をしたい。 仕事仕事で何もできないお父さん 息子の…

無料で怪しい電位治療店の”返報性の原理”の活用っぷりがえぐい話

以前に、母が無料で電位治療が行える怪しいお店に足しげく通っていることを書いた。 www.rabbitonbo.com 確かにこりゃ高齢者も集まるわなーと素直に感心したという記事である。 今回新たな展開があったので、続報として記していきたい。 嘘をついてしまう環…

いつも頑張っている妻の誕生日を何とかそこそこに祝った話

ちょっとした日常話も書いていこう。 つい先日、我が妻の誕生日があった。まだ30歳にはならないギリギリ20代である。 妻と息子の誕生日がかなり近いため、妻の誕生日は息子の誕生日に一緒に祝おうかという話があった。 去年もそうした気がするし、それでいい…

猫だらけの実家にいる猫とたまにネズミで遊ぶと癒される話

私の実家には猫がいる。その猫の紹介をしたい。 2歳くらいかな、野良猫の赤ちゃんを亡き父が気に入って家の中にいれたそうだ。 ソックスキャットの猫。女の子で、とても穏やかだ。 ミャーと声をかければ、ミャーとなく。 かわいい。 ネズミが好きな猫 我が実…

母に誘われ怪しい電位治療に行ったら集客システムが優秀だった話

最近やたらと母が私を誘ってくる電位治療。電子治療?よくわからない。 「あんたもやったほうがいいよ!一緒に行こう」 実家に顔出すたびにやたらと誘われるし、その熱心さが不気味である。 不気味であるが、これはこれで面白いかと一度行ってみることにした…

ブログのプロフィール画像を500円で次女に描いてもらった話

このブログ「ステップファザーにできること」のプロフィール画像は今までこれだった。 どっかのフリー画像サイトから拾ってきた画像で、コーヒーは好きだが別に何の思い入れもない。 そのため最近はココナラでこのブログのプロフィール画像を描いてくれる人…

しくじり先生の不倫したイクメン元議員回の感想と妻の闇を垣間見た話

過去にしくじり先生が大好きな話を書いた。 www.rabbitonbo.com そしてつい先日、しくじり先生のSP回があった。 とても見応えのある2時間だったのだが、内容の感想とか書きながら妻の闇を垣間見た話を書きたい。 二部のイクメン議員 一部の南海キャンディー…

義母という感謝してもしきれない心強い協力者の話

私たち家族はステップファミリーだ。子供達二人は妻の連れ子で、私は血の繋がらない父親、ステップファザーである。 妻が二人目の子供の出産直前に、元旦那の不倫が発覚。そのまま離婚となったそうだ。 それが発覚した時、妻の母の怒りは凄まじかったという…

子供たちを一人で見る機会が多すぎてぶち切れお父さんの話

ここ数週間、頻繁に子供達が学校を休む。 これが二週間ほど前の記事で、週に3日くらい娘につきっきりだった週。 www.rabbitonbo.com そして下記の記事は先週の話。息子と二人で遊びに行った。 www.rabbitonbo.com 一人で子供を見るのは割とハードである。な…

クリスマスに子供達の夢を叶えるための夫婦によるサンタ会議

もうすぐクリスマスの季節だ。 我が子供達は7歳と4歳。上の娘はそもそもサンタの話を理解しているか微妙だが、下の息子は色々とプレゼントを考えているようだ。 そこで問題になるのは、息子がサンタに何をお願いしているかという話である。 10月ごろには言っ…

20年以上ひきこもり続ける兄に弟の私が思うこと

私は四人兄弟の末っ子だが、3番目の兄は10歳頃から登校拒否になった。 不登校ながら中学は卒業したが高校は卒業できず、それからずっと家にいる。 書きたいことは色々あるが……そうだな。 以前もこの記事で書いたのだが、 www.rabbitonbo.com 兄は小学校の高…

自身の捻じ曲がった思考に嫌でも気付かされた父の葬儀の話

最近、私の中で色々と気づくことがあって、その中でもとても重要なことを記していきたい。 www.rabbitonbo.com この記事でも紹介したが、私は物心ついた時から他人の目を気にする子供だった。 ”びくびくしながら人と接すれば、その人に優しくしてもらえる” …

嫌な上司から逃げてしまった次女へもう一度助言を送ったら感謝された話

ちょっと面白い話があったので、書いておこう。 以前、仕事で悩む私の姉、次女にアドバイスを送った話を書いた。 www.rabbitonbo.com この記事は、嫌味ばかり言う上司との関係に悩む次女に、自分の本当の目的は何かを思い出せと助言を送った話である。 次女…

家族を自宅で看取るとはどういうことなのか、覚悟の記憶と記録

前回、大腸がんになった父を自宅で看取ることに決めた話を書いた。 www.rabbitonbo.com 今回はその続きだ。父を自宅で看取るまでの記憶を記録して残していきたい。 自宅に帰ってきた父 もはや寝たきり状態の父を自宅に連れて帰ってきて、最初は色々とばたば…

「仕事に行きたくない」と人間関係に悩む次女へ助言を送った話

このブログでよく登場するのは私の姉、長女である。 父は地獄に落ちて当然とか、私の子供達が万引きするなどよく暴言を吐く人である。 最近の長女は私のことを「かんおけ」と呼んでくる。 ドラマのキャラクターからきているらしいが、決して気分がいいもので…

真剣に向き合うことで「喧嘩すればするほど仲がいい」夫婦に

子供たちのことや自分のことはよく書くが、あまり妻のことには触れていないこのブログ。一度書いたのがこれ。 あまり個人的な話を書いてもなと控えていたが、オナラのことしか書いていないのもあんまりだな。 妻の話はとても面白くて、初めて妻の離婚話や元…

久々に妻とデートをして二人の時間の大切さを噛みしめる

先週の土曜日は、義母が子供達をお泊りさせてくれるということで甘えることに。 義母は私たちが疲れているだろうと、定期的に週末に子供達を見てくれるのだ。 子供達は2年以上妻の実家に暮らしていたこともあり、義母とは家族同然で子供達も喜ぶし本当にあり…

すぐに実家に逃げる旦那と残された妻の気持ち

私たち家族は今、旦那である私の実家の近くに住んでいる。 子連れの妻との結婚時に引っ越し先を探す際、慣れない子供たちと暮らす私のストレスが半端じゃないだろうと妻が考慮してくれた結果である。 ネタじゃなく初期の私のレベルはあまりに低く、車で5分の…