ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

ステップファザー奮闘記-育児奮闘記

妻不在で子供達と3人で過ごす夜に、何の準備もせずに挑んでみた話

息子の寝かしつけに時間を取られ、睡魔と戦いながらこれを書いているとんぼである。ごきげんよう。眠い。 本日は普通の何もない日ではあったが、妻が仕事にて親睦会があるとのことで夜は帰ってこられないという。 妻の母に子供達を見てもらうという提案も受…

暴力が日常茶飯事になった発達障害の娘を死ぬまで信頼してみようの会

家庭訪問が二件立て続けにあり、今日も今日とて疲弊しているとんぼである。ごきげんよう。 最近は息子の話ばかり書いてきたので、久々に娘の話も書いてみたい。 なぜ娘のことをあまり書かないのか、というのも自分でも少し気になるので考察していきたい。だ…

家族として距離が近くなると子供の行動を客観的に判断できなくなる話

本日はちょっとした親戚の集まりがあって忙しかったとんぼである。ごきげんよう。 ひきこもり上がりの私としては、自分と親戚の関係で悩みまくるのは恒例行事なのだが、今回は別の話。 最近息子の生意気さとか屁理屈さとか、その自由さとか親に対する態度と…

子供達との関係性の悪化や引っ越しによるストレスで起きた身体の変化

3月末から怒涛の1ヶ月が終わりつつある。 物理的にはかなり早い段階で落ち着いたのだが、精神面は最近やっと。やっと落ち着いた。 新しい土地にきて、息子も幼稚園に入園したし娘も別の学校に転校した。また私も見知らぬ土地で毎日迷子になりながら送迎する…

子供達と一緒に夕ご飯を食べる重要性を妻が納得してくれた話

昨日は冷静に、落ち着いて書いたつもりであったが怒りがどうしてもにじみ出てしまっていたようだ。 「子供のためにやってほしいこと」を妻に押し付けても意味がない話 簡単に説明すると、仕事から帰った妻に子供達と一緒に夕食を食べて欲しいとお願いしたら…

「子供のためにやってほしいこと」を妻に押し付けても意味がない話

最近息子との大げんかを経てまた一つ成長したとんぼである。ごきげんよう。 成長したのはいいのだが、それでも家族は毎日変わっていく。家族との関係性もそうだが、物理的なスケジュールや日程も変わっていくのである。 我が家は3月末に引っ越してきて、まだ…

5歳の息子が「僕は自由じゃない!」と怒り出して激しい口論をした話

週末になると子供達と一緒に過ごす時間が増える。 公園に行ったり出かけたりすればそれなりに楽しい時間を過ごせるのだが、ちょっと家にいる時間が長引くと色々と面倒になったりする。 今回は出かける直前に息子と徹底的に「自由」について話あったことを書…

息子が喜ぶ姿が絶対に許せない心理は一体何なのか考察する

引越ししてから毎日山を登っているからか、とにかく疲れがたまっているとんぼである。ごきげんよう。 最近は息子に対して、あらゆる行動にイライラしてしまっている。疲れのせいか?とも思ったが、以前から気になっていることがあるのだ。 それは、息子が喜…

重度の発達障害の娘と二人で過ごす時間を甘く見すぎ説

現在の日本は春休み真っ盛りである。当然、我が娘も息子も学校が始まらずに、義母に協力してもらってなんとか回っている。 そして本日は土曜日。平日はまだしも土日まで義母に子供達を見てもらうわけにもいかず、息子は妻と職場へ。そして娘は私と二人で過ご…

嘘をつく息子とアドラー心理学とジャン・ヴァルジャン

先日子供達と3人だけで過ごす日があったのだが、その日の私は相当にピリピリしていた。 動物園が上手くいかなかったのもあるし、考えることがいっぱいで子供達にいつものような対応ができなかった。頭が回らなかったというべきか。 そんな時に、息子があるウ…

娘と息子と3人で動物園に行くと笑顔で自由にさせるのは不可能説

先日、私一人で子供達二人と過ごす日があった。 妻は仕事。息子だけでも職場に連れていこうかという妻からのありがたい提案もあったが、断った。私一人でも大丈夫だとそこそこの自信があった。 でもやってみると、当日になってみると、上手くいかないことも…

息子の卒園式に娘も参加させたら奇声をあげ暴れまわって地獄を見た話

本日は息子が保育園最後の日。卒園式の日だ。 引越し先から息子の保育園までは遠いため、朝早くから家族四人で出発して無事に出席することができた。 とてもめでたい日ではあったのだが、それどころではなかったぞ。 家族四人で卒園式に参加 息子の卒園式と…

発達障害の娘には意識してこちらから話しかけることにした話

我が娘は重度の発達障害で7歳になる。まともな会話は今のところできない。 先日は発達検査もあったが、2歳6ヶ月という結果が出た。それでもなんとなく言葉は理解しているし、場面にそった言葉を話したりもする。 「おなかがすいた?」には「すいたー」と答え…

たまには5歳になる息子のいいところをあげていく

息子と出会って早3年、一緒に住み始めてから2年が経過する。 このブログでも度々息子についての記事を書いているが、そのほとんどがイライラした話やぶちぎれた話ばかりだ。 それもちょっとどうかと思うので、今回は少し趣向を変えて息子のいいところ書いて…

断捨離で捨てるものを親には絶対に見せちゃいけない話

もうすぐ引っ越しになる我が家だが、ほとんど何の準備もしていない。 旦那の私がやる気も元気も一切なく妻も怒っていたこともあり、土曜日の今日は夕方からみんなで片付けタイム。 そこで、断捨離について思うところがあったので書いていこう。 息子におもち…

【学力の経済学】子供の勉強に対するご褒美はありかなしか?

今回は科学的な根拠に基づいた子育てについて紹介する。 参考文献はベストセラー学力の経済学。思い込みや偏見とは違う、実験やデータに基づいた子育てについての考え方がわかる本である。 ただ出てくるデータがほとんど日本のものではない。国民性や環境の…

娘に頭を叩かれ顔を蹴られるステップファミリーのお父さん、それが私

我が娘は7歳。重度の発達障害である。 以前から何度も書いているが、娘の手が出るのがすごい。少しは慣れてきたとはいえ、最近はまたすごくなってきた。実際大変なんだよ。 さっきお風呂上がりにパンパースをはかせていたら、頭を叩かれたよ。 こないだは学…

妻と結婚してから2年が経過、色々あったがおめでたい話

本日2月20日は、我が夫婦の結婚2年目の記念日である。おめでとうございます。 出会ってからは3年ちょっと。もっと長い時間がすぎた気がするが、まだ3年か。 たまには一息ついて、妻と私がどのような時を過ごしてきたか振り返ってみよう。 シングルマザーだっ…

5歳の息子とのしりとりが単調で退屈なので工夫して楽しんでいる話

我が息子は5歳になったばかり、4月から幼稚園に通う年齢である。 ひらがなはほとんど覚え、最近はしりとりにはまっていたりする。お風呂とか、手持ち無沙汰な時に挑まれるしりとりバトルはなかなかに退屈だ。 しりとりは日本語の勉強にもなるなーというメリ…

週末の外食は時短でストレスが溜まらずお金をかける価値がある話

外食にどのようなイメージをお持ちだろうか。 私はあまり裕福な家庭に育っていないため外食の機会はあまりなかったのだが、親になって本当に思う。 外食は最強である。 お金に余裕があれば、三食外食でもいい。 特に週末には最低一回くらいは外食を挟みたい…

発達障害の娘の居住地高校流に参加して小学生のパワーに圧倒された話

先日、特別支援学校へ通う娘の居住地高校流があった。もう4度目になる。 以前にも一度記事に書いた。これはまだ小学校一年の秋ごろの話。 www.rabbitonbo.com 今回が一年生の最後の居住地校交流ということで、せっかくなので妻と一緒に私も参加してきた話を…

一日の全てが終わったあとに夫婦の休息時間を子供達からもらった話

昨日にメンタルがやばい話を書いた。 www.rabbitonbo.com 何がやばいって、とにかく時間がないという感覚に追い詰められているのである。 そして今回この件について妻と話してみた。 独身のころの仕事が終わったあとの解放感の話を妻にすると、子供がいたら…

5歳の息子がひらがなと数字を覚えるためにやったことを6つ紹介する

5歳になったばかりの息子は、今ではひらがなは全て読める。数字も読める。99までなら読めたりする。 これが遅いのか早いのかはわからないが、少なからず父である私の介入が入っている。 なぜなら、4歳になったばかりの頃に保育園の先生から指摘があったから…

発達障害の娘に事前に声掛けしまくったら割とスムーズに進む話

最近は娘の様子を観察しながら、もう少し暴力が少なくならないか、ストレスが減らないか考えている。 先日書いたこの記事もその一環である。 www.rabbitonbo.com 少し腰を据えて娘に向き合おうと思った私は、TSUTAYAでひっさびさに発達障害関連の本を読み漁…

朝の登校前に切り替えができない娘との争いとポケモンGO

我が娘とは、幼稚園のころからずっとカバン持ちの争いを続けている。 www.rabbitonbo.com 小学生になってからはランドセルに変わり、自分でカバンを持つのが習慣になってきていた。 だが最近は少し様子が変わってきて争いが増えてきたので記していきたい。 …

家事を全て朝に移動したら子供達とそこそこに夜遊べるようになった話

以前に、5歳の息子が遊び相手がいなくて時間を持て余している話を書いた。 www.rabbitonbo.com 保育園から帰ってきたあとの息子は、テレビが見られなければ何をしていいかわからないらしい。 考えた結果、遊び相手がいなくて暇すぎるのが原因だと判断した。 …

仕事ばかりしてたら妻がぶちぎれたので空気を読み子供達と旅に出た話

さて、今回は前回書いた記事の続きを書きたい。 www.rabbitonbo.com この地獄の誕生日は土曜日だったのが、当然その翌日は日曜日。妻も子供たちもいる。そして私は仕事だ。 そして当然、日曜日も変わらず仕事だったため妻の怒りは凄まじかったのである。 日…

息子の5歳の誕生日が稀に見る大荒れの地獄だった話

先日妻の誕生日の記事を書いたばかり。 www.rabbitonbo.com それが終わってすぐに息子の誕生日がやってきた。もう5歳になる。大きいな、5歳の記憶なんてほとんど残っている。 今回はそんな息子の誕生日の話をしたい。 仕事仕事で何もできないお父さん 息子の…

いつも頑張っている妻の誕生日を何とかそこそこに祝った話

ちょっとした日常話も書いていこう。 つい先日、我が妻の誕生日があった。まだ30歳にはならないギリギリ20代である。 妻と息子の誕生日がかなり近いため、妻の誕生日は息子の誕生日に一緒に祝おうかという話があった。 去年もそうした気がするし、それでいい…

子供と車で過ごす時にAppleMusicがとても便利で重宝してる話

私たち家族は田舎に住んでいることもあり、電車を利用することはほとんどなく基本的に車移動である。 学校に行くのも仕事に行くのも買い物するのも全て車。むしろ車がなければどこにもいけないくらいの田舎だ。 そうなると子供たちと車中で過ごす時間は必然…