ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父によるステップファミリーの話

ステップファザー奮闘記-育児奮闘記

自宅にて大好きなお絵かきを一切しなくなった娘に感じる危機感の話

最近は子供達の様子にも少し気を配る余裕がでてきているとんぼである。ごきげんよう。 我が娘は重度の発達障害で現在特別支援学校に通う小学二年生だ。てんかん持ちだけど、最近はまた持ち直して元気になりつつある。 そんな娘のモニタリングが先日行われた…

発達障害の娘が虫刺されを引っ掻きまくって将来のお肌が心配な話

家族にイライラすることがあるが、家族から癒されることもあるんだなぁと感じているとんぼである。ごきげんよう。 6月も半ばに入りかなり暑い季節になってきて、気になるのが子供達の虫刺され。うちの子供達は二人とも肌が強い方ではない。 そして娘の虫刺さ…

息子と良好な関係を築いている義母と、関係が悪化し続ける夫婦の話

自宅ではホットココアを飲みながらブログを書いているとんぼである。ごきげんよう。 自分の体調やメンタルのことばかり気にしているけれども、少し元気が出たら子供達のことが見えてくる。妻のこともね。 今日は義母と子供達について話す機会があったので少…

娘が3日間ご飯も水分も摂らないので学校を休ませ一緒に過ごした話

ワンピースのアニメを見返して号泣していたとんぼである。ごきげんよう。 本当はどこか気晴らしに遊びに行く予定だったのが、娘の調子が悪いのだ。 さすがに週末に救急搬送されて今朝も元気がない娘を無理やり学校に連れて行くわけにもいかないでしょう?結…

娘のてんかん発作が多すぎて久々に救急車で運ばれて付き添ってる話

ただいま病院の救急室で座っているとんぼである。ごきげんよう。 娘のてんかん発作が本日はやたら多くて、持ちこたえるかと思ったら結局救急車で運ばれた。 きつかったはずだけど、今はホストインという痙攣止めの薬で落ち着いている。明るいしうるさいしで…

特別支援学校のPTA総会に参加するも全て決定済みで拍子抜けした話

親になって2年過ぎるが、すでに学校のイベントでばたばたのとんぼである。ごきげんよう。 先日も娘が通う特別支援学校のPTA総会があり、妻と一緒に参加してきた。 よくある”誰も役員をやりたがらない地獄の空間”が待っているのかと戦々恐々としていたが、そ…

発達障害の娘が頻繁に跳びはねるようになりストレスが半端じゃない話

色々と家庭内の状況が変わりつつあって葛藤しているとんぼである。ごきげんよう。 そして我が7歳になる娘も、最近になってぴょんぴょんぴょんぴょん跳びはねることが多くなって困っている。 以前から跳びはねることはあったのだが、何で今になってこんなにス…

長い長いGWがあっさり終わって、妻と自分の成長を実感している話

今日から通常営業に入ったとんぼである。ごきげんよう。 今年のGWは長かったね。長すぎたよ、10日ってもはや長期休みではないか。Weekじゃないよね、これ。 さすがに子供達をずっと家に閉じ込めておくと親子共にメンタルをやられてしまうので、様々なところ…

人は皆「自由」だと言うくせに、他者の価値観を認めない矛盾

ここ数日はぶわーっと頭に出て来た疑問を紐解き続けているとんぼである。ごきげんよう。 そして今回は先日の記事についての矛盾を書いていこう。 ◆子供達を信頼するとはどういうことなのか考える会 上記記事で、子供達は自由で、何があっても信じて愛してい…

子供達を信頼するとはどういうことなのか考える会

最近は子供達と本気でぶつかってる感のあるとんぼである。ごきげんよう。 ブログに「心」を素直に書いていこうと決めてからは、少しずつ人の目を気にせずにクソ親にしか見えないことも書くようにしている。 ちょっと頭の中ばかりを書きすぎている気がしない…

息子から愛されることも嫌われることも、全てを受け入れようの会

毎日のように自分の心の中を分析しまくっているとんぼである。ごきげんよう。 分析しまくった結果、さらに深い部分を見つけたりして昨日と今日で言ってることが全然違うことがある。 ブログを順番に読んでいれば、ただの情緒不安定な人にしか見えないかもし…

特別支援学校に通う娘の授業参観に父一人で潜入した話(2回目)

本日から令和となるが、元号が変わって私の何かが変わるわけではないと再認識しているとんぼである。ごきげんよう。 現在はGWの真っ只中とはいえ、その前に学校関連で色々と書きたいことがある。 そこで今回は、娘の授業参観に一人で潜入した話を書いていき…

妻が仕事のため、GWの一日を朝から晩まで子供達と過ごす父の奮闘記

今日は朝から晩まで子供達と過ごす日で、どっと疲れたとんぼである。ごきげんよう。 妻は正社員のため、どうしてもGWの10日連続は休めないという。ブラックに片足突っ込んでいるぞ。 そして子供達二人を私一人でずっと見るのは大変だからと、義母がお昼過ぎ…

遠足の弁当がキャラ弁ではなかった息子が「恥」と感じたことの考察

ちょっとした気に入らないことがあったので書いていきたい。 息子の遠足があり、私も妻もいつも通りでいいだろうと弁当を作って持たせたのだが、弁当が半分以上残っていたのだ。 具体的には、おかずは食べられているがお米だけほぼ全て残されていた。 最初は…

妻不在で子供達と3人で過ごす夜に、何の準備もせずに挑んでみた話

息子の寝かしつけに時間を取られ、睡魔と戦いながらこれを書いているとんぼである。ごきげんよう。眠い。 本日は普通の何もない日ではあったが、妻が仕事にて親睦会があるとのことで夜は帰ってこられないという。 妻の母に子供達を見てもらうという提案も受…

暴力が日常茶飯事になった発達障害の娘を死ぬまで信頼してみようの会

家庭訪問が二件立て続けにあり、今日も今日とて疲弊しているとんぼである。ごきげんよう。 最近は息子の話ばかり書いてきたので、久々に娘の話も書いてみたい。 なぜ娘のことをあまり書かないのか、というのも自分でも少し気になるので考察していきたい。だ…

家族として距離が近くなると子供の行動を客観的に判断できなくなる話

本日はちょっとした親戚の集まりがあって忙しかったとんぼである。ごきげんよう。 ひきこもり上がりの私としては、自分と親戚の関係で悩みまくるのは恒例行事なのだが、今回は別の話。 最近息子の生意気さとか屁理屈さとか、その自由さとか親に対する態度と…

子供達との関係性の悪化や引っ越しによるストレスで起きた身体の変化

3月末から怒涛の1ヶ月が終わりつつある。 物理的にはかなり早い段階で落ち着いたのだが、精神面は最近やっと。やっと落ち着いた。 新しい土地にきて、息子も幼稚園に入園したし娘も別の学校に転校した。また私も見知らぬ土地で毎日迷子になりながら送迎する…

子供達と一緒に夕ご飯を食べる重要性を妻が納得してくれた話

昨日は冷静に、落ち着いて書いたつもりであったが怒りがどうしてもにじみ出てしまっていたようだ。 「子供のためにやってほしいこと」を妻に押し付けても意味がない話 簡単に説明すると、仕事から帰った妻に子供達と一緒に夕食を食べて欲しいとお願いしたら…

「子供のためにやってほしいこと」を妻に押し付けても意味がない話

最近息子との大げんかを経てまた一つ成長したとんぼである。ごきげんよう。 成長したのはいいのだが、それでも家族は毎日変わっていく。家族との関係性もそうだが、物理的なスケジュールや日程も変わっていくのである。 我が家は3月末に引っ越してきて、まだ…

5歳の息子が「僕は自由じゃない!」と怒り出して激しい口論をした話

週末になると子供達と一緒に過ごす時間が増える。 公園に行ったり出かけたりすればそれなりに楽しい時間を過ごせるのだが、ちょっと家にいる時間が長引くと色々と面倒になったりする。 今回は出かける直前に息子と徹底的に「自由」について話あったことを書…

息子が喜ぶ姿が絶対に許せない心理は一体何なのか考察する

引越ししてから毎日山を登っているからか、とにかく疲れがたまっているとんぼである。ごきげんよう。 最近は息子に対して、あらゆる行動にイライラしてしまっている。疲れのせいか?とも思ったが、以前から気になっていることがあるのだ。 それは、息子が喜…

重度の発達障害の娘と二人で過ごす時間を甘く見すぎ説

現在の日本は春休み真っ盛りである。当然、我が娘も息子も学校が始まらずに、義母に協力してもらってなんとか回っている。 そして本日は土曜日。平日はまだしも土日まで義母に子供達を見てもらうわけにもいかず、息子は妻と職場へ。そして娘は私と二人で過ご…

嘘をつく息子とアドラー心理学とジャン・ヴァルジャン

先日子供達と3人だけで過ごす日があったのだが、その日の私は相当にピリピリしていた。 動物園が上手くいかなかったのもあるし、考えることがいっぱいで子供達にいつものような対応ができなかった。頭が回らなかったというべきか。 そんな時に、息子があるウ…

娘と息子と3人で動物園に行くと笑顔で自由にさせるのは不可能説

先日、私一人で子供達二人と過ごす日があった。 妻は仕事。息子だけでも職場に連れていこうかという妻からのありがたい提案もあったが、断った。私一人でも大丈夫だとそこそこの自信があった。 でもやってみると、当日になってみると、上手くいかないことも…

息子の卒園式に娘も参加させたら奇声をあげ暴れまわって地獄を見た話

本日は息子が保育園最後の日。卒園式の日だ。 引越し先から息子の保育園までは遠いため、朝早くから家族四人で出発して無事に出席することができた。 とてもめでたい日ではあったのだが、それどころではなかったぞ。 家族四人で卒園式に参加 息子の卒園式と…

発達障害の娘には意識してこちらから話しかけることにした話

我が娘は重度の発達障害で7歳になる。まともな会話は今のところできない。 先日は発達検査もあったが、2歳6ヶ月という結果が出た。それでもなんとなく言葉は理解しているし、場面にそった言葉を話したりもする。 「おなかがすいた?」には「すいたー」と答え…

たまには5歳になる息子のいいところをあげていく

息子と出会って早3年、一緒に住み始めてから2年が経過する。 このブログでも度々息子についての記事を書いているが、そのほとんどがイライラした話やぶちぎれた話ばかりだ。 それもちょっとどうかと思うので、今回は少し趣向を変えて息子のいいところ書いて…

断捨離で捨てるものを親には絶対に見せちゃいけない話

もうすぐ引っ越しになる我が家だが、ほとんど何の準備もしていない。 旦那の私がやる気も元気も一切なく妻も怒っていたこともあり、土曜日の今日は夕方からみんなで片付けタイム。 そこで、断捨離について思うところがあったので書いていこう。 息子におもち…

【学力の経済学】子供の勉強に対するご褒美はありかなしか?

今回は科学的な根拠に基づいた子育てについて紹介する。 参考文献はベストセラー学力の経済学。思い込みや偏見とは違う、実験やデータに基づいた子育てについての考え方がわかる本である。 ただ出てくるデータがほとんど日本のものではない。国民性や環境の…