ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父によるステップファミリーの話

娘のこと-発達障害の話

お盆の疲れで朝から体が動かないほど絶不調だった日曜日の話

日曜日は絶不調だったとんぼである、ごきげんよう。 お盆で疲れていたこともあって朝からグダグダで、眠いしイライラするし、いいことない日。 簡単に、そんな日曜日の振り返りをしてみたい。 娘と二人の朝 お盆に休みを取ってくれていた妻に仕事のつけがき…

私が好きな娘のあっさり感と、私が嫌いな息子のこってり感の話

娘と二人だけだと穏やかな心で過ごせるとんぼである。ごきげんよう。 なんやかんやあって金曜日は娘と二人だけで過ごす日で、つつがなく寝かしつけまで終了した。 娘と二人だけで夜を過ごすと気づくよね。娘と息子の違いとストレスポイントに。 子供達と過ご…

娘のうんちの処理は私もやっているという今さらながらの自慢話

当たり前のように書いてるけど、当たり前じゃないことがあると気づいたとんぼである。ごきげんよう。 このブログを始めたのが結婚してから一年半の時だったので、さも当然のようにスルーしてきたことがある。 それが娘のうんち問題だ。大した話じゃないと判…

言語の発達に遅れが見られる娘の発語レベルがどの程度か紹介する

娘が笑っているとにっこりしてしまうとんぼである。ごきげんよう。 息子が笑っているとイライラするというこのギャップが面白い。それは置いといて、最近は娘の体調もよくてかなり喋る。話の理解度も高まっている。 そこで今回はタイトルの通り、娘の現状と…

息子の甘える言葉が気持ち悪く、姉の世話をしてる感がムカつく話

毎日少しずつ心の闇を解放しているとんぼである。ごきげんよう。 今日になってやっと息子とまともに話せるようになった。1週間くらい怒っていたからね。息子もきつかったはず。 色々と分析した結果、私が息子に対して大きなストレスを感じるパターンがいくつ…

自宅にて大好きなお絵かきを一切しなくなった娘に感じる危機感の話

最近は子供達の様子にも少し気を配る余裕がでてきているとんぼである。ごきげんよう。 我が娘は重度の発達障害で現在特別支援学校に通う小学二年生だ。てんかん持ちだけど、最近はまた持ち直して元気になりつつある。 そんな娘のモニタリングが先日行われた…

発達障害の娘が虫刺されを引っ掻きまくって将来のお肌が心配な話

家族にイライラすることがあるが、家族から癒されることもあるんだなぁと感じているとんぼである。ごきげんよう。 6月も半ばに入りかなり暑い季節になってきて、気になるのが子供達の虫刺され。うちの子供達は二人とも肌が強い方ではない。 そして娘の虫刺さ…

発達障害の娘が頻繁に跳びはねるようになりストレスが半端じゃない話

色々と家庭内の状況が変わりつつあって葛藤しているとんぼである。ごきげんよう。 そして我が7歳になる娘も、最近になってぴょんぴょんぴょんぴょん跳びはねることが多くなって困っている。 以前から跳びはねることはあったのだが、何で今になってこんなにス…

発達障害の娘が「損をしている」「かわいそう」という無意識の話

よく体調を崩してガチの虚弱体質じゃないかと思い始めたとんぼである。ごきげんよう。 GWも終わったがいまだに子供達と向き合い続け、考え続けている。 私が息子に対して怒りを感じていることは自覚した。だが、怒りとは言っても常に同じ感情が原因ではない…

妻が仕事のため、GWの一日を朝から晩まで子供達と過ごす父の奮闘記

今日は朝から晩まで子供達と過ごす日で、どっと疲れたとんぼである。ごきげんよう。 妻は正社員のため、どうしてもGWの10日連続は休めないという。ブラックに片足突っ込んでいるぞ。 そして子供達二人を私一人でずっと見るのは大変だからと、義母がお昼過ぎ…

暴力が日常茶飯事になった発達障害の娘を死ぬまで信頼してみようの会

家庭訪問が二件立て続けにあり、今日も今日とて疲弊しているとんぼである。ごきげんよう。 最近は息子の話ばかり書いてきたので、久々に娘の話も書いてみたい。 なぜ娘のことをあまり書かないのか、というのも自分でも少し気になるので考察していきたい。だ…

重度の発達障害の娘と二人で過ごす時間を甘く見すぎ説

現在の日本は春休み真っ盛りである。当然、我が娘も息子も学校が始まらずに、義母に協力してもらってなんとか回っている。 そして本日は土曜日。平日はまだしも土日まで義母に子供達を見てもらうわけにもいかず、息子は妻と職場へ。そして娘は私と二人で過ご…

娘と息子と3人で動物園に行くと笑顔で自由にさせるのは不可能説

先日、私一人で子供達二人と過ごす日があった。 妻は仕事。息子だけでも職場に連れていこうかという妻からのありがたい提案もあったが、断った。私一人でも大丈夫だとそこそこの自信があった。 でもやってみると、当日になってみると、上手くいかないことも…

息子の卒園式に娘も参加させたら奇声をあげ暴れまわって地獄を見た話

本日は息子が保育園最後の日。卒園式の日だ。 引越し先から息子の保育園までは遠いため、朝早くから家族四人で出発して無事に出席することができた。 とてもめでたい日ではあったのだが、それどころではなかったぞ。 家族四人で卒園式に参加 息子の卒園式と…

発達障害の娘には意識してこちらから話しかけることにした話

我が娘は重度の発達障害で7歳になる。まともな会話は今のところできない。 先日は発達検査もあったが、2歳6ヶ月という結果が出た。それでもなんとなく言葉は理解しているし、場面にそった言葉を話したりもする。 「おなかがすいた?」には「すいたー」と答え…

発達障害の娘に事前に声掛けしまくったら割とスムーズに進む話

最近は娘の様子を観察しながら、もう少し暴力が少なくならないか、ストレスが減らないか考えている。 先日書いたこの記事もその一環である。 www.rabbitonbo.com 少し腰を据えて娘に向き合おうと思った私は、TSUTAYAでひっさびさに発達障害関連の本を読み漁…

朝の登校前に切り替えができない娘との争いとポケモンGO

我が娘とは、幼稚園のころからずっとカバン持ちの争いを続けている。 www.rabbitonbo.com 小学生になってからはランドセルに変わり、自分でカバンを持つのが習慣になってきていた。 だが最近は少し様子が変わってきて争いが増えてきたので記していきたい。 …

娘から目を離して放置していたらお漏らしして大惨事になった話

発達障害の娘は現在7歳になる。 今回はそんな娘を自宅で一人で放置したら、とんでもないことになった飯時には読まないほうがいい話をしたい。 二人で過ごす日 先日、諸事情により娘と二人きりで過ごすことになったのだが、タイミング悪く私の体調は絶不調。…

娘の7歳の誕生日を迎えておめでたい話

先日は娘の7歳になる誕生日だった。 誕生会当日は、本人の希望も聞くために一緒にプレゼント探し。 お絵かきは好きなのだが、マグネット系のはすぐ壊れるので微妙なんだよなー。書いた痕跡も残らないし。 息子のクリスマスにサンタさんにお願いするものやら…

娘の顔写真を初めて見た日。かわいくないと絶望した日。

私はステップファザーであり、二人の子供達は妻の連れ子である。当然、子供達との出会いはそれなりのイベントであった。 今回はそんな、妻とまだ付き合って間もない頃の話をしよう。 付き合ってたころの根拠のない自信 当時私は彼女に子供が二人いることを知…

注文を聞いてもすぐに忘れる娘の言語のリハビリ

娘は毎月一度言語のリハビリに通っている。今月も私と二人で行ってきた。 先月の記録がこれだ。 発達障害の娘が通う言語のリハビリではどんなことをしているのか、また言語聴覚士の先生がどんな絵本や道具を使っているのかという情報は少なからず誰かの役に…

身体が明らかに小さい娘、低身長症(成長障害)の疑いがあるらしい

ついさっき調べてわかったのだが、娘は低身長症、いわゆる成長障害の可能性があるらしい。 ……なにそれ?成長障害?発達障害とどう違うの? と思い調べてみたことのまとめを娘速報として簡単に記しておこう。 まずうちの娘の大きさについてだ。 先日台風でう…

重度の発達障害の娘が天才じゃなかったら親は失望するのか?

娘が重度の発達障害であり知的にも遅れがあると話をすると、たまに言われることがある。 「でもそういう子って、天才的な才能とかあったりするらしいよ」 いやいやいやいや。 いやいやいやいやいや。 これはフォローのつもりなのか?障害を持つ娘でも希望が…

声を出しちゃいけない場所での娘の大声に戦慄した話

ステップファミリーとなって一年以上経つので当然と言えるが、だいぶ娘の突然の大声やおかしな発言にも慣れてきた。 例えばスーパーで何かを見て 「きれいだねー!」 と大声で言いながらジャンプして拍手をしたり、夕方にすれ違った隣人さんに 「ぉはよまー…

娘が発達障害だと伝えられずにパニックになるお父さんの話

まだ幼稚園だった頃の娘の話。 ステップファザーとなった私が困惑したことの一つに、 「娘が発達障害だと誰かに伝える時はどうすればいいのか?」 ということがある。 誰か、と書いたが主に”雰囲気から察する”ことができない子供がメインである。 思い出され…

どうすれば子供は自分でカバンを持つのか?娘と一年争った話

ステップファミリーとなって間も無く、私は娘の送迎を任されることになった。 朝は妻と息子が先に家を出たあと、私は娘を学校まで送っていくというパターンだ。 そこで私が毎朝娘と争った話を紹介したい。 始まりは2017年の4月、娘と幼稚園に行く時に始まっ…

強制的に止められると気分が悪いのは大人も子供も同じだ

育児をしているとどうしても子供を静止しなければならない場面が多い。 キッチンに入ってきてコンロに息を吹きかけたり調理中の生肉をつまみ食いしたりパソコンのキーボードをばんばん叩いたり。 道路の飛び出しなんてのも正にそう。 ある程度自由に好きなよ…

絶対ドア閉めるマンの娘との争い

我が家ではルンバのミタさんを雇っている。 ルンバというのは、家中を駆けずり回って勝手に隅々まできれいにしてくれる優れものだ。 だが当たり前だが、大きなものは人間がどかしておかないといけないし、部屋のドアは開け放つ必要がある。 ソファや椅子はテ…

病院の待合室にて、大声で「うんぱっぱ!」と叫ぶ娘との争い

我が娘は6歳になる小学一年生。重度の発達障害でもあり、一緒にいると様々な事件がある。 自宅にいれば笑って済ませられることも、外出中であれば別。ちょっとしたことが周りの迷惑になったりもするから気を抜けない。 そこで今回は、娘と一緒に病院に行った…

娘の言語のリハビリ付き添いも始めたら気づくことが多い話

6歳の発達障害の娘、もっとも発達に遅れが見られるのが言語だ。 身体面は遊具でも遊ぶし走れるしでそれなりだが、言葉があまり出てこないのである。 体調にもよるが、基本はあまり喋らない。 例えば好きな番組が始まると「やったよ!」と大声を出したり、尿…