ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父によるステップファミリーの話

雑記

実家の前の歩道で倒れているおじさんがいてパニックになった話

本日はうさぎの動物病院受診へ出かけたとんぼである。ごきげんよう。 うさぎの目は順調で目薬だけだったのが、また調子が悪くなり飲み薬が追加となった。残念だ。 今回はそんなうさぎの話とはまったく無関係の、病院に行く前に実家に行ったら歩道におじさん…

落ち込んでいても見られるAmazonプライムビデオのお笑い番組の話

やばい、何もやってないから書くことがない!と焦っているとんぼである。ごきげんよう。 何も書くことがないのは、朝からずーっとぼけーっとAmazonプライムビデオを見ていたからである。これも休養か。 だから、何も書くことがないの。何か書けるとすればAma…

楽しい話だけをしようと心がけた友人との焼肉が心底楽しかった話

昨日は友人と焼肉に行ってきたとんぼである。ごきげんよう。 幼馴染と以前上司だった人と3人で、年に3~4回程度集まって飯を食ったり映画を見に行ったりする集まりがあった。 数少ない友人との集いで、今回は個人的にとても楽しい時間だったので少し書いてみ…

【悲報】我がペット可アパートが大型犬の飼育不可だった件

衝撃の事実に妻とともにショックをうけているとんぼである。ごきげんよう。 タイトルの通りであとはもう何も書くことはないのだが、この悲しみをブログに綴るのも何か意味があるのではないか。 しょーもない失敗談である。 大型犬を飼いたい! 今月に入って…

大型犬を飼うなら毎日結構な運動をさせないといけないらしい話

先ほどまで山で迷子になっていたとんぼである。ごきげんよう。 一時間以上ひたすら歩き続けてやっと帰ってこられた。お腹がすいて帰宅したが、お米が炊かれてない! こんだけ運動したんだから炭水化物は必要でしょう!?というわけで、米を炊いている間にブ…

猛暑の中行われた息子の運動会に参加して学校行事の闇を感じた話

紫外線が嫌いで日傘を常に持ち歩いているとんぼである。ごきげんよう。 先日、幼稚園に通う息子の運動会が行われた。通常は二学期から練習を始める運動会であるが、最近はまだ涼しい時期からやったりするらしい。 幼稚園に入ったばかりですぐにGWもあったし…

妻と新婚旅行で行ったTDLにいずれリベンジしたい話

今日は調子もよく一人で山登りをしてきたとんぼである。ごきげんよう。 色々と体調・メンタルの改善策を打ち出して実行していて少しずつ変わってきているような感じはある。何よりテレビを見て笑えるのはいい。 huluばかり見ていて、本日は東野・岡村の旅猿…

妻と一緒に山に登って色々と話をしたらかなりすっきりした話

飯を食いながらお笑い番組を見て笑うって幸せだよねと感じているとんぼである。ごきげんよう。 飯を食ってテレビを見て笑うというくだらないことすら、あれしなきゃこれしなきゃ!と追い込まれていた私にはできないことだった。 何の情報もないくだらない無…

何も考えずに笑える番組しか見られない精神状態の自分に気づいた話

最近は楽しい時間を意識して取り入れているとんぼである。ごきげんよう。 メンタルがやられて体が動かないと楽しいだけじゃなく”楽しくてかつ楽なこと”を必然的にやることになる。 もっともわかりやすいのが動画だよね。アニメやテレビ、映画にYouTubeなんて…

300記事に到達した育児日記ブログ運営者の戯言

はい、これで300記事! お疲れ様。別に何もないけど、100記事200記事の時にも記念の記事書いた記憶がある。せっかくなので300記事記念のくだらない私見を書いてみたい。 まじで大したこと書かないぞ。 ◆我が育児ブログが約3ヶ月で100記事へ。人気記事やPV、…

実家に帰っても別に楽しいわけじゃないけど、落ち着くんだよねぇ

我が家のうさぎと一緒に、二週間に一度動物病院に行くとんぼである。ごきげんよう。 うさぎの目の調子はだんだんよくなっていて嬉しい限り。それでも二週に一度は動物病院に通わねばならない。 そしてうさぎに詳しい動物病院が遠く、私の実家の近くにある。…

死ぬ時に自分を誇れる人生にするための選択と決断の話

「迷い」と「決断」は、多かれ少なかれ人生にはつきものだ。 私が真っ先に思い浮かぶのは、末期ガンの父の最期を自宅で看取ったこと。そして、子連れの妻と結婚したこと。 30年も生きていれば、それなりに迷いもしたし人生を左右する決断もしてきた。そのど…

映画「40男のバージンロード」を妻と一緒に見て大声で叫んだ話

夫婦そろってストレスがたまって困っているとんぼである。ごきげんよう。 ストレスといっても、基本的には怒りが占める割合が大きい。疲れていたりすると、子供達のちょっとした発言や行動に我慢できなくなりがち。 それは私だけでなく妻も同じで、私が怒る…

何も書く気になれないほどに最低な気分の日のブログ

こうやって毎日ブログを書いていると、どうしても何も書く気になれない日もある。 育児日記や自分の心を晒すだけだから簡単だろうと思うじゃないか。そんなことはないぞ。 怒りや自己嫌悪が凄くて最低な気分の時、まさかそれをそのまま吐き出すわけにもいか…

いつから自分の身体が病的なまでに動かなくなったのかを考察する会

動ける日と動けない日を交互に繰り返しているとんぼである。ごきげんよう。 本日は何のやる気もしなかったけれども、昨日の日中に7時間程度眠ったおかげかまだマシ。なので山でブログを書いている。 いい時代になったものだね。 さて、今回は私がいつからこ…

体が病的に疲れて動かない状態を自然の力で回復させたい話

朝起きたらリアルに体が動かないとんぼである。ごきげんよう。 最近の私は本当に元気がない。病院に行ったわけではないのでうつ病だと言うのはおこがましいと感じるため、「病的に体が疲れて動かない状態」としよう。 当然こうなると子供達と向き合うどころ…

「楽しんではいけない」「幸せになってはいけない」という無意識の話

娘のてんかんが7回以上あっててんやわんやだったとんぼである、ごきげんよう。 身体がもう動かないので仕事辞めるつもりだったが、娘のてんかんで辞めざるをえない流れになった。毎日まとまった時間の仕事ってのは、やっぱ厳しいねぇ。 とりあえず娘の命に問…

「やりたいことができない理由」ばかり探しても前に進めない話

最近は体が重すぎて最低限のことすらできなくなってしまったとんぼである。ごきげんよう。 何でこんなに体が重いのかはまた別途考えるとして、問題は体が重いことでやりたいことができずにメンタルまでやられかけていることだ。 山に登るのも辛いし、瞑想も…

映画「92歳のパリジャンヌ」の感想レビューと家族の死について

今の私の人生がつまらなさすぎて死にそうになっているとんぼである。ごきげんよう。 このような心境の時は、何かしら元気をもらえそうな漫画や映画を見ると回復のきっかけになったりする。 そこでHuluでTOPに表示されていた「92歳のパリジェンヌ」を見た感想…

自分が責任をとる問題まで他者に委ねている自分に吐き気を催す話

今日はまったく気分が乗らないので、面白くない話を書きたいとんぼである。ごきげんよう。 自宅でやっている仕事にて、ものすごい嫌悪感に襲われた話をしようか。人と接していると、気づくことがあって面白い。でも、面白くない話。 人の顔色を伺うとんぼ 私…

妻がブラックな仕事を本気でやめたいらしく追い詰められている話

やばい!やばいぞ、これは緊急事態だ、と焦っているとんぼである。ごきげんよう。 いや、まさか妻が仕事を辞めたいなどと言い出すとは夢にも思わず、ぬくぬくと生活していた私にとっては正に青天の霹靂。 妻が仕事を辞めたいのはそれなりに理由はあるのだが…

宝くじが当たったとしても、やることは何も変わらない話

宝くじを買って色々考えさせられたとんぼ夫婦である。ごきげんよう。 宝くじなんてギャンブルでしょ、お金の無駄。そう考えているリアリストのとんぼであるが、なぜ宝くじを買ったのか。 そして宝くじを巡って何があったのか? 少し重たい記事が続いたので、…

発達障害の娘が「損をしている」「かわいそう」という無意識の話

よく体調を崩してガチの虚弱体質じゃないかと思い始めたとんぼである。ごきげんよう。 GWも終わったがいまだに子供達と向き合い続け、考え続けている。 私が息子に対して怒りを感じていることは自覚した。だが、怒りとは言っても常に同じ感情が原因ではない…

思えば、私はずっと息子に怒っていたのかもしれない

風邪を引いてGWの最終日をダウンしていたとんぼである。 だが頭ははっきりしていて、最近はずっと自分自身の中の怒りについて考えている。 息子の愛情を受け止める勇気についてこれまで書いてきた。そして息子と向き合おうと本気で考え続けた結果、少しわか…

人は皆「自由」だと言うくせに、他者の価値観を認めない矛盾

ここ数日はぶわーっと頭に出て来た疑問を紐解き続けているとんぼである。ごきげんよう。 そして今回は先日の記事についての矛盾を書いていこう。 ◆子供達を信頼するとはどういうことなのか考える会 上記記事で、子供達は自由で、何があっても信じて愛してい…

子供達を信頼するとはどういうことなのか考える会

最近は子供達と本気でぶつかってる感のあるとんぼである。ごきげんよう。 ブログに「心」を素直に書いていこうと決めてからは、少しずつ人の目を気にせずにクソ親にしか見えないことも書くようにしている。 ちょっと頭の中ばかりを書きすぎている気がしない…

愛される勇気を持つというのは結局、嫌われる勇気を持つということ

本日は寝不足で頭が回らないとんぼである。ごきげんよう。 なぜ寝不足かと言えば、久々にコールセンター時代の友人と深夜3時までひたすら語り合っていたからだ。 そこで様々な自分の無意識に気付かされ、私が今抱えている問題点を解決できそうな気がしている…

家族への愛の前に乗り越えるべき「承認欲求」について考える

アドラー心理学を生活の中で実践し続けているとんぼである。ごきげんよう。 アドラー心理学の基本をわかってたつもりでも、日々を過ごしていると様々な問題にぶち当たって理解が浅かったと気づくことも多い。 このブログで愛について語ることが多いこの私だ…

コールセンター時代のトラウマで病的な電話恐怖症になってしまった話

GWに入って少しずつ体調も回復傾向にあるとんぼである、ごきげんよう。 世間では10日間休み。でも私はほぼ毎日仕事だし、妻も三日ほど仕事が入っているため色々と調整中である。 そんな中、友人と食事に行くことになり予約をお願いされたのだが。 私が苦手な…

「誰かが何とかしてくれる」という無意識を叩き潰したいお父さんの話

4月は行事やイベントばかりで精神的に疲弊しているとんぼである。ごきげんよう。 最近は親戚の集まりに加え、授業参観に家庭訪問など知らない人とばかり話す機会が多くてすっかり疲れ切ってしまった。 なぜならこうやって人と触れ合う時間を作ると、どうして…