ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

特別支援学校に通う娘の二学期が始まる

夏休みが終わって二学期が始まる。

保育園の息子は通常営業だが、娘は今日から二学期開始だ。

 

弁当もないし送迎したら9時には帰ってこれるし嬉しい限りだ。

 

娘も久々に大好きな先生に会える。友達も1ヶ月以上ぶりだ。

 

朝から娘も機嫌は良さそうだった。

f:id:sakuramikoro:20180903092544j:image

ランドセルではなく私のリュックを背負う娘、ニコニコしていてこちらも癒される。

 

結局薬を飲ます時に嫌がって私を叩き出したので全て台無しになったのだが、それはまあいいだろう。薬苦いもん。

 

それでも久々の学校。ランドセルも嫌がることなく自分で持ち、出発じゃ。 

f:id:sakuramikoro:20180903092528j:image

髪もボサボサだが髪を触ると嫌がるのである。

 

髪を整えると引っ張られるような感覚があるのだろう。

 

皮膚は鈍感だが髪は敏感だ。

 

始業式をやるはずなのに、妻がしわしわでペンで落書きも薄っすら見える汚い服を着せていたので私自ら可愛いのに着替えさせた。

 

気が効くお父さんだ。たまにはそういうこともする。

 

学校につくと久々に会った担任の先生の顔も覚えていて、ニヤニヤしながら叩いたり蹴ったりしていた。

 

先生も小慣れた様子であしらっていて安心した。

 

まーそんな感じでようやっと二学期が始まった。素直に嬉しく思う。

 

夏休み中はずっとデイサービスに通っていたが、デイはどちらかと言えば保育園のような感じで、みんなと遊んだり課外活動がメインのようだ。

 

お家みたいなデイサービスで遊びながらのびのびとやっている。

 

それと比べて特別支援学校は真逆だ。

 

朝の着替えや朝の会の挨拶、みんなで今日の日付を言ったり発表したり給食の準備などなどスケジュールががっつり組まれている。

 

一学期は昼過ぎまでの小学校で頑張り過ぎて力尽き、デイサービスでは疲れ切っているという娘だったが二学期はどうだろうか。 

 

デイも小学校もどちらも一長一短かなとは思うが、とにかく楽しんでくれたらなと思う。

 

おすすめ関連記事