ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

不安そうな娘のデイサービス運動会に参加した話

先日、娘の通うデイサービスにてミニ運動会が執り行われた。

 

今年からの試みだということで、先生たちは皆張り切っていた。事前準備で道具を色々作ったり苦労したことだろう。

f:id:sakuramikoro:20180925143020j:image

こんなんとか。

 

うちの娘は薬の影響か情緒不安定ではある。

 

 

それでも練習を頑張ったとのこと。

 

娘の勇姿を見ようと家族三人揃って見に行った。

 

すると、我々が会場に入った瞬間から

 

「ママー!!」

 

と走ってきて妻の手を取る娘。

 

その後運動会が始まると言うことで先生たちの元に行くが、ずっと

 

「ママはー?ママはー?」

 

と大声で連呼して輪の中から脱走をはかり妻のもとへ。先生も対応しきれずに妻に見守りをお願いし、常時こんな感じ。

f:id:sakuramikoro:20180925141036j:image

待ち時間も。

f:id:sakuramikoro:20180925141039j:image

移動しても。

f:id:sakuramikoro:20180925142310j:image

 

ずっと妻に抱っこされていた。

 

親子共同リレーは誰が出る!?

 

と出発前から妻と小さな小競り合いが続いていたが、残念!

 

妻は強制的にフル出場である!!!

 

と思われたが、運動会から1時間過ぎたころから娘の不安が落ち着いてきた様子。妻がいなくても大丈夫になった。

 

その後はエビカニクスのダンスを踊ったり、玉入れをしたりと積極的に参加。

 

たまに「ママはー?」と呼びかけはするが、しっかり最後まで先生と共にやり遂げていた。

 

成長したな!!!

 

昨年あった幼稚園の運動会や、今年の初夏にあった特別支援学校の運動会での娘は本当にひどかった。

 

暑さが苦手、ということもあり運動場で行われる運動会は娘にとっては地獄。

 

最初の挨拶の時点でやる気なく、先生とテントで休憩をして本番のために力を温存しても、本番すら嫌がって暴れまわり出ていかないと言う暴挙。

 

今回の運動会はドーム型の施設で行われて涼しかったのもあったのか、それなりに全ての種目をこなして頑張っていた。

 

笑顔は一切見られなかったが、練習したんだということはしっかりわかった。

 

うーむ、感動である。

 

そして息子といえば。

f:id:sakuramikoro:20180925141634j:image

最初はこんな感じでスマホをぽちぽちいじったりしていた。

 

せっかく娘が頑張ってるのに!と少しイライラしたが自由にさせておくと、すぐに飽きたようでひたすら広場を走り回ったりと自由きまま。

 

リレーの外周に置かれているコーンが倒れたら走って直しにいったり、紐をつけなおしたりと「運営かお前は」と突っ込みたくなるくらいに走り回っていた。

f:id:sakuramikoro:20180925142255j:image

また娘がみんなが集まる場面でほろほろしていたら、

 

「姉(名前)!!こっちだよ!!」

 

と前に出て行って誘導をし、娘が余計に拒否するという場面もあった。

 

弟に指示されてうざかったんだろう。

 

まあ明らかに出しゃばりではあったが、悪いことではないなと思った

 

姉一人弟一人。姉は重度の発達障害だ。

 

今後この二人がどういう関係を築いていくのかは、かなり重要な問題ではないか。

 

私も妻もきっと先に死ぬ。そんな時、娘が助けを求めたら助けられるような息子であってほしいと思う。

 

まあそれもこれも息子の自由なのだが、息子は親である私たちが発達障害である娘にどう対応するかを見ている。

 

私たち親の普段の振る舞いはかなり大事だと思うのだ。きっと。

 

というわけで、不安ながらも頑張った娘の運動会。みんな頑張ってんね。お疲れ様。

 

おすすめ記事