ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

母に誘われ怪しい電位治療に行ったら集客システムが優秀だった話

最近やたらと母が私を誘ってくる電位治療。電子治療?よくわからない。

 

「あんたもやったほうがいいよ!一緒に行こう」

 

実家に顔出すたびにやたらと誘われるし、その熱心さが不気味である。

 

不気味であるが、これはこれで面白いかと一度行ってみることにした。

 

母と一緒に電位治療のお店へ出かけると、話は聞いていたが高齢者が集まっておりやたら人気。

f:id:sakuramikoro:20190309232353j:plain

並んで座るのが難しくばらばらに座らなきゃならんほど人気。

 

いや、実際に行ってみるとよくわかる。ほんとよくできてるよこれ。

 

私の母親がはまりにはまってしまう理由も何となくわかったし、高齢者が毎日のようにやって来て元気になっているというのもうなずける。

 

なので、私の見解を述べよう。

電位治療の効果はよくわからない

まず前提として、ただ電気が流れているらしいシートに十数分座るだけのお店である。

 

完全無料で、ただお店の人の話を聞いたりしながら座っているだけ。

 

何やら色々と健康に良さげなことを言っていたが、その真偽はよくわからない。

 

効果があるのかもしれないし、ないのかもしれない。

 

ただ高齢者の人たちは目がよくなったとか、薬を飲まなくて済むようになったとか、元気になったとか。

 

色々な効果が出る人がいるとお店の人が熱弁していた。 

 

ただ実際はよくわからない。私の結論は、よくわからないというだけ。私は別に効果もないし、もう行こうとは思わない。

 

でも、高齢者が元気になるのはよくわかるのだ。

誰かと会える日課

この電位治療に行き高齢者が元気になる一番の理由は、知り合いと出会える場所に行く日課ができるということだと思う。

 

高齢者が仕事もやめて社会との付き合いが薄くなってしまうのは仕方がないこと、なかなか新しい人と出会ったり話したりすることがなくなるだろう。

 

だがこのお店に行けば誰かに会えるのだ。

 

隣に座った人と話すこともできるし、地元の高齢者が集まってくるから昔の知り合いにも会える。

 

人に会えるから普段気にしない身だしなみも気にしだしたりして、気合も入る。

 

それに毎日くることを推奨しているようなので、この店にくることが日課になるのだ。

 

元ひきこもり経験があるからわかるのだが、毎日やるべきこと・行くべき場所があるという効果はかなり大きい。

 

何もしなくていい、どこにも行かなくてもいい状態では生み出されないパワーが生まれる。

 

高齢者が元気になるのはこれが一番大きい気がする。

名前を呼ばれ、褒められる

そしてもう一つ、このお店を取り仕切っている人がかなり教育されている。

 

例をあげようか。

 

・一度でも来た人の名前はすぐに覚える

・みんなの前で名前を呼んだり、質問したりする

・みんなの前で前回からの変化をなどを褒められたりする

・新しい人を紹介すると、ものすごい勢いで感謝される

・鉄板ネタを繰り返し、常連しかわからない優越感を味あわさせる

 

こんなん、社会に出て外で働いてたら多分なんとも思わないというか胡散臭いとしか思わないことだ。

 

でも多分、私の母もそうだが、これらがかなり効いているようである。

 

誰かから名前を呼ばれて褒められることなんて生活の中でまずないし、変化に気づかれると嬉しいだろう。

 

店員が話す新しく来た人がきょとんとしてるネタでも「あんた知らないでしょ、私はこのネタ知ってるよ」と笑うことができる。

 

さらに今回私は母の紹介できたため、母が皆の前で店員に大げさに感謝されていた。

 

感謝される母の表情はまんざらでもなさそうだった。

 

多分、それを見た他のお客さんたちは「自分も紹介したい!」と思うのだろう。

 

というか「自分も紹介したい!」 と思ったから私はやたらと母に誘われていたのだろう。

 

とてもよくできているというか、すごいよこれ。そりゃはまるわ。

毎日来たくなるシステム

他にも毎日来たくなるような細かいシステムがあった。

 

例えばスタンプ帳である。電位治療をしに行くと、スタンプ帳にスタンプがもらえるのだ。

 

それがどんどん積み重なって行くのは嬉しさを感じるだろう。

 

さらに月がまたぐと、古いスタンプ帳は捨てるのではなくホッチキスか何かで繋げているのもポイントだ。

 

今回来ていた人に、何年も通っているという人がいて何十枚と連なったスタンプ帳をもっていた。辞書のような厚さである。

 

そしてそれを見たお店の人が、そのスタンプ帳をみんなの前にわざわざもってきて言うのだ。

 

「見てください!○○さんは何年も通って、こんなにスタンプ帳たまっていますよ!」

 

そして長年病気をしていないとか、健康だとかとにかくべた褒めをするのだ。優越感が半端じゃないだろう。

 

いやいや、これは本当によくできている。

 

高齢者の承認欲求を刺激しまくって心を鷲掴みできるシステムである。

止めはしない息子

そんな、電位治療に一緒に行ってみてある意味感動した話であった。

 

一応話を聞く限り、完全無料でできるようだし、はまりすぎて布教活動を行うくらいの信者にならなければまあ問題ないのではないかと思う。

 

数十万とかだせばお店の機械も買えるらしいのだが、これ買ったらほとんど意味ないんじゃないか。

 

お店に毎日行って、お客さんと顔を合わせて、店員に褒められたり質問されたりする。

 

これらが重要な要素であって、家で一人で椅子に座っててもあまり意味ない気がする。個人的な見解ね。

 

中には買う人もいるらしいけども、家なら使わないんじゃないかなーこれ。

 

とりあえず母には

 

無料でいくぶんには好きにしたらいいけど、冷静になってね

機械買っても意味ないから、お店に行くだけにしてね

 

という話だけしておいた。

 

最近は実家に行くたびにこのお店の話とか、お店で会った人の話ばかりを嬉しそうに話す母。

 

元気になるのはそりゃいいことだし、私が強制的に止めるものでもないけども。

 

大金をつぎこむ危険性は今のところないようだが、息子としては注意深く様子を見守っていきたい。

 

おすすめ関連記事

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com