ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

ステップファザーにできること

親が何でも全てやってくれた息子の一人暮らしは一体どうなるのか

妻が実家の近くで友達の結婚式があるとのことで、子供達を連れて実家に帰っていった。

 

こうやって一人になると思い出すのは、一人暮らしの時代の話。

 

今そこそこに家事も育児もこなしている私の一人暮らしが、どれほどの惨状だったかお伝えしたい。

実家にいたころの私

私はもともと家のことは何もしない人間だ。

 

実家にいた時は、私に関するあらゆる周りのことを母がやっていた。

 

ある日の仕事の日の朝を紹介する。

 

①朝、母に起こされる。

②起きたら朝ごはんがテーブルに用意されている

③風呂あとの着替えが全てアイロンがけをされて用意されている

④風呂から出たらアイスコーヒーが

⑤カバンに弁当など全て用意されていていつでも出発できる

 

これだ。多少実家にお金は入れるが、何もしなかった。ゴミ出しも掃除も洗濯も、一切何も。

 

それは帰宅後も同じ。

 

帰ってきたら飯の準備も着替えも準備されていて、私は何もしなくていい。茶碗を洗おうとしたら逆に怒られる。

www.rabbitonbo.com

 

面白いぞ。こんだけ親がやっているのに、私は愛されていないと思っていたからな。人間とは不思議なものである。

 

そしてあの当時の私は言うだろう。

 

「お母さんが全部やってくれるから、私は何もやらない。本当は自分でやりたい!独立したい!」

 

ある種の真実が含まれているが、親におんぶにだっこだったというのもまた真実なのだ。

 

私はどうにかして実家から、このぬるま湯から抜け出さなければと考えていた。

1度目の一人暮らし

私が初めて一人暮らしをしたのは、19歳のころ。すでにひきこもりだったが、ほぼ強制的に働きに出された。

 

学歴もスキルも何もない私は、どこぞの工場に就職することに。

 

送迎バスもあったり給料もそこそこにあったのだが、一人暮らしの内情は本当にひどいものだった。

 

食事は全てコンビニ、食べ終わったらゴミ箱じゃなくて床にそのまま捨てる。

 

何かを買ってきて食べてはそこらへんに捨てて、寝る場所も足の踏み場もない暗い部屋でずっとパソコンを触っていた。

 

休みになるとゲームを買いにいき、数万円分買って一切やらない。

 

そんな一人暮らしが長く続くわけもなく、実家に帰った。半年でゴミを出したことは一度もなかったな。

2度目の一人暮らし

それから数年ひきこもって社会復帰したあとに、懲りずに再度一人暮らしを試みた。

 

実家から出たい願望が強かったのだと思う。こここにいちゃいけないと思っていた。

 

2度目の一人暮らしはまだましで、それなりにゴミを出したり自炊を行ったりした。買い物も自転車でよく行ったね、電車乗って遠出したり。

 

ただ仕事が忙しくなったり気が緩むと、ゴミ屋敷が形成される。当時の写真も残っていた。

f:id:sakuramikoro:20190209192329j:plain

トマトジュースさえ飲んでれば全てどうにかなるという思考が見て取れる。

f:id:sakuramikoro:20190209192332j:plain

寝床である二段ベッドもこんな感じ。

f:id:sakuramikoro:20190209192338j:plain

入り口もひどいもんだ。

 

でもこれ、一時的なもの。忙しいと何もできなくなったけど、ちゃんと定期的に掃除はしていた。

 

f:id:sakuramikoro:20190209192616j:plain

成長したな。

結婚前の一人暮らし

その後一時期実家に帰ってきて、また母が身の回りの全てをやってくれる生活に戻ったのだが、それから1年くらい経った頃に3度目の一人暮らしに移行した。

 

さすがに3度目ともなるとだいぶわかってきた。

 

弁当を作ったりもしたし、スーパーが安い日に買い物もちゃんと行ったり。

 

洗濯やゴミ出し、料理など最低限のことはここで身につけた気がする。基本的にずっと綺麗な状態が保たれていた。

 

ただ光が嫌いな人間だったので、ずっとカーテンは閉めっぱなし。換気も絶対にしなかった。

 

余談だが、当時彼女だった妻とこれからデートをしよう!という日。

 

テンションがあがって二人で薄暗い畳間の上ではしゃいでダンスを踊っていたのだが、電気をつけると足元に大量のカビが発生しているという珍事があった。

 

デートは潰れて二人で掃除をするはめになったぞ。いい思い出だ。

結婚してから

こんな感じで、あらゆる身の回りのことを母がやってくれた私は一人暮らしになかなか苦戦した。

 

それでも少しずつ成長し、なんとか妻と子供達と生活をしている。

 

今では毎日のように大量の洗濯物を干すし、料理も手伝うし、掃除もする。週に2回あるゴミの日には必ずゴミを出しにいく。

 

綺麗好きな妻と結婚したというのも大きいのだが、やはり一番大きいのは、私だけではないということだ。

 

一人暮らしならご飯を作らなくても掃除をしなくてもゴミを出さなくても、困るのは私一人だけ。

 

でも家族がいると違う。誰がこの家の衛生面を維持するのか、といえば私と妻しかいない。

 

それなりに責任感も生まれてきたんじゃないか。これが成長だろう。

一人になると一人暮らし時代に戻る

よく節約のために実家にいることが正解だとネットで見かけるけども、一人暮らしには金を払う価値があるんじゃないかな。

 

実家にいるままでは子供の状態から抜け出すのは難しく、心身ともに独立するためには実家を出ることは選択肢としてありだと思う。

 

ちなみに、私は妻や子供達が実家に帰ってしまうと、完全に一人暮らし状態に戻ってしまう。今もそう。

 

飯を食ったら皿も洗わないし、鍋もそのまま。洗濯物も放置だし、夜はリビングでお腹を出して寝る。

 

私を家に一人で放置するとほぼ必ず風邪をひくため妻が怒っているというしょうもない話もある。

 

それでも初期よりはだいぶましになってきたな。よし、皿洗うか。

 

おすすめ関連記事 

www.rabbitonbo.comwww.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com