ステップファザーにできること

発達障害マイペース娘・健常児やんちゃ坊主と過ごす継父のステップファミリー奮闘記

外出中に大きな声で失礼なことを言う息子から学ぶこと

息子と話していると、

 

それ分かってなかったんかい!

 

と、ツッコミたくなることがたまにある。分かってる風に喋ってるくせに、実は分かってないということが多々あるのだ。

f:id:sakuramikoro:20180904113536j:image

車中で一人で喋り倒す息子。いつかの車での会話がこれだ。

 

アメリカって大きいよねー」

 

という息子。確かに大きい。

 

「東京って人が多いんだよ」

 

うむ。確かに人が多い。

 

「東京はアメリカのどこにあるの?」

 

ふぁ!?

 

なんてことはザラである。

 

 

以前に、車での送迎中に外国人が歩いていたので、その人が日本人でないことを教えてみた。

 

息子がこの先のグローバルな世界で生きていくために、一生懸命説明した。世の中には色んな人がいて、日本人以外にもアメリカ人もいればイタリア人、中国人もいるんだよと。

 

その後しばらく、送迎中に「あの人アメリカ人かな?」とか、「外国人がいるよー」と教えてくれるようになった。

 

「へー、本当に?」とか何とか適当に答えていた。

 

だが、ある日のスーパーでの買い物中、突然大声を出す息子。

 

「見て!!アメリカ人がいるよ!!」

 

ふぁっ!?

 

注意してそそくさとその場を離れ、車の中で人の気持ちを考えることや最低限のマナーについて延々話すことになった。

 

まー4歳だから、人の気持ちを思いやるという脳がまだ物理的に成長していないのだろうと思う。

 

散歩中に犬を見かけたら大声で

 

「あれ噛みそうな犬だなー!」

 

ふぁっ?!

 

アパートの前に普通のおじさんがいたら大声で

 

「変なおじさんが立ってるし!」

 

ふぁっ!?

 

子供あるあるだと思うが、まさかそんなことしないだろ、分かってるはずだと思ってたことをしでかすのが、子供なのである。

 

か、かわいいね!

 

おすすめ関連記事