ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

娘の顔写真を初めて見た日。かわいくないと絶望した日。

f:id:sakuramikoro:20190306154231j:plain

私はステップファザーであり、二人の子供達は妻の連れ子である。当然、子供達との出会いはそれなりのイベントであった。

 

今回はそんな、妻とまだ付き合って間もない頃の話をしよう。

付き合ってたころの根拠のない自信

当時私は彼女に子供が二人いることを知りながら告白し、付き合うことになった。

 

まだまだステップファミリーの大変さどころか、子育ての大変さなどの現実を全く知らなかった私はそこそこに自信に満ち溢れていた。

 

子供も愛せるだろう。

 

何の根拠もないが自信だけがあったのだ。あらゆる困難を乗り越えていけるだろうと。

 

だが実際に子供がいる彼女は、私ほど楽観視していなかったようだ。

 

付き合って数ヶ月経つまで、子供に会わせることもなければ写真を見せてくれることもなかった。

 

そう。私は子供たちの顔を知らなかったのである。

 

そのことに何の疑問も持たなかったし、思えば彼女が子供の話をすることもあまりなかった。意識的に避けていたのかもしれない。

 

初めて顔写真を見せてくれた夜

ある日の夜に、二人で今後の話や結婚の話をしていると自然に彼女の娘や息子の話になった。

 

結婚を前提に付き合っていることもあり、私には子供たちの話を聞かなければという思いもあった。そこで写真を見せてほしいという流れに。

 

渋っていた彼女だったが了承してくれて、スマホから写真を選んで選んで選び抜いて、一枚の娘のアップの写真を見せてくれた。

 

それを見た私の感想はこれだ。

 

か、かわいくはないな。

 

口には出さなかったが、

 

ゴリラかな?

 

そう思った。そしてその写真を見せながら彼女がつぶやいた一言。

 

「これが、現実」

 

そのホラー的な言い回しに、背筋が凍ったのを覚えている。

  

ゴリラが!?

 

ゴリラが現実!?

 

私は混乱した。子供なんてみんなカワイイと思うだろ?ところがどっこいかわいくなかったのだ。

 

どこをどうみても、お世辞ですらカワイイと言いたくない感じだったのである。

 

それから私は黙りこくった。妻には話さなかったが、私は静かに絶望していた。

 

まさか顔がかわいくないことがここまで私を絶望させるとは……

自問自答した結果 

その後私は30分くらいずっと黙っていた。ずっと考えていた。

 

この女の子と親子になって私はどこかにいけるのか?

私は恥ずかしいと思ってしまうんじゃないか?

かわいくない娘を「私の娘です」と言えるのか?

いやいや、でも顔なんて大した問題ではないじゃないか。

そんな保身に走ったくだらないことで私は逃げるのか?

器が小さすぎるだろいくらなんでも。

 

そんな葛藤がぐるぐるぐるぐる回った結果の答えは、まあいっか!いずれ慣れるだろ!

 

というわけで娘がかわいくないことは悩むほどの問題じゃないということで解決。

 

その後無口を解除し笑顔になった私は、彼女に息子の写真も見せてもらいわいわいと話した。

 

息子の方は愛情不足のトゲトゲしさが前面に出ている感じで、そのことをそのまま伝えたらショックを受けていたな。

 

我ながらデリカシーのない男だ。

そんな昔話 

これが、初めて子供たちの顔写真を見た時の話である。

 

あとから聞いてみれば、妻が見せてくれた写真は娘がマラソン大会で走った直後の写真だそう。

 

元々そんなにかわいいわけでもないのに、だらけきって疲れ切ったさらにかわいくない瞬間を撮った写真を見せてくれたようだ。

 

娘のコンディションが最悪の写真を見せて私がどう反応するか試したのかもしれないね。

 

そしてその後日談として、初めて二人の子供たちに会った話も簡単に書いておこう。

 

妻の母に挨拶に行き、元気な二人の子供達に迎えられた私は驚いた。

 

「え、ちっちゃくて普通にかわいいじゃん」

 

写真と同じ女の子であるが、ケラケラ笑いながら走り回るその子はとてもかわいかった。息子もね。

 

そりゃ今でもあるよ。

 

バナナをもさもさ食べる娘を見てゴリラかな?と思う瞬間もあれば、かわいいなぁと思う瞬間ももちろんある。

 

ただどんな姿であれ私の愛情が変わるわけでもない。もう家族なのだから。

 くだらない話

余談だが、ここで思い出されるのはよく妻と悪ふざけで話していたこと。

 

愛する人がゴキブリの姿になっても変わらず愛せるか?という見た目に関する究極のテーマだ。

 

私は、妻や子供たちがゴキブリの姿になってもちゃんと餌をあげるという誠実な対応を提案したが、妻はゴキブリなら私を愛せないと言っていた。

 

……えっと、何この話?

 

そんな結婚前のくだらない話であった。