ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

カスピ海も作れる安いヨーグルトメーカーIYM-012のレビューするぞ

 

私はヨーグルトが好きだ。

 

なぜなら料理をせずにすぐに食べられるし、食べ飽きたバナナも美味しく食すこともできる。

 

だができれば上質なヨーグルトが食べたい!と思った私は、一度市販のカスピ海ヨーグルトに手を出してしまったのだ。

 

お値段250円前後と高い。だが、超絶うまい。

www.caspia.jp

 

うますぎて、それを食べてからは100円程度で売っているヨーグルトは食べられなくなった。

 

とはいえヨーグルトなんて1~2食分しかない。

 

カスピ海ヨーグルトを大人買いするほど裕福ではない我が家なので、ヨーグルトメーカーを買ってみることにした。

 

面倒臭くて放置していたが、最近やっとこさ使ってみたのでレビューしていくぞ。

アイリスオーヤマのIYM-012を購入

買ったのがこちら、アイリスオーヤマの3000円くらいのヨーグルトメーカー。

f:id:sakuramikoro:20190310000223j:plain

これを選んだ理由はいくつかある。

 

・カスピ海ヨーグルトが作れること

・牛乳パックをそのまま投入できること

・安い

 

とりあえず、ヨーグルトメーカー初心者の私には悪くない選択ではないだろうか。

 

ちなみにヨーグルトメーカーは、メインの牛乳+タネとなるヨーグルトを混ぜてセットすれば、温度を調節しながら発酵させてヨーグルトが作れるというものだ。

 

中身はこんな感じ。必要最低限といったところ。

f:id:sakuramikoro:20190310000227j:plain

そして妻が買い物をする時に、たっかい牛乳とヨーグルトを購入するようにお願いしたら買ってきてくれたぞ。

 

見たことない高そうな牛乳。

f:id:sakuramikoro:20190310000232j:plain
そしてみんな大好きR-1。飲んだことないけど。

f:id:sakuramikoro:20190310000236j:plain

これなら美味しいカスピ海ヨーグルトが安く大量に作れるはずだ!

 

というわけで、準備は整った。

作ってみたぞ

よっしゃ作るぞ!と思ったら、上のような四角柱の牛乳パックではそのまま投入ができないようだ。

 

頭が三角な感じの普通の牛乳パックがいいらしい。まじかい。

 

でも、そんな時のために牛乳パックじゃなくても作れる別の容器が入っている。

f:id:sakuramikoro:20190310000239j:plain
1リットル入らないくらいの容器。

 

ただ面倒くさいのが、洗うだけじゃなくて熱湯で殺菌する必要があるらしい。

 

発酵する段階で菌が増殖するということで、熱湯を使うのはかなり重要な工程だそうだ。

 

それもそこそこに済ませて牛乳とR-1を混ぜたものがこちら。

f:id:sakuramikoro:20190310000243j:plain

900gくらい?これで400円くらいかな。コスパよくないか、嬉しい。

 

本当は牛乳も常温に戻してから使用するらしいけども、冷え冷えだったのをそのまま使用することにした。超適当である。

 

容器に詰めたらあとは本体にセットして、レシピ通りに温度とタイマーを決めるだけ。

f:id:sakuramikoro:20190310000246j:plain

今回作るのはもちろんカスピ海ヨーグルト。レシピもある。

f:id:sakuramikoro:20190120215702j:plain
ほとんどレシピを守っていない。カスピ海ヨーグルトを作るなら、タネになるヨーグルトもカスピ海ヨーグルトがいいようだ。

 

でもR-1でもなんとかなるよね!

 

色々とやらかしているが、それでもいけるか、カスピ海。

 

レシピには8〜12時間とあったのでなんとなく12時間にセット。

f:id:sakuramikoro:20190310000255j:plain

これで完了、あとは待つだけである。

ヨーグルトが完成したぞ

翌朝にチェックすると、静かに工程が終了したようだ。

f:id:sakuramikoro:20190310000255j:plain

f:id:sakuramikoro:20190310000302j:plain

常温のままなので、多分早めに回収して冷蔵庫に移動した方がいいのかもしれない。

 

そして冷やしたあとのヨーグルトがこちら。

f:id:sakuramikoro:20190310000309j:plain
いい感じにヨーグルト。少しサラサラ感は強いけども、カスピ海っぽい雰囲気は出てる。

 

そのまま食べても、うまい。自分で作ったとは思えないヨーグルト。素晴らしい。

 

何の違和感もないし酸っぱくもないし、市販のカスピ界ヨーグルトにも負けない感じ。

 

息子ももりもり食べていた。妻も美味しいと言っていて、評判はいい。

 

本気出してフルーツとはちみつもかけてみた。

f:id:sakuramikoro:20190310000316j:plain

いや、そりゃうまいわ!

 

うむ、カスピ海ヨーグルトを作るためのヨーグルトメーカーとしては全く問題ない製品であるな。

 

ちなみに、このヨーグルトをまた100gとって冷凍保存しておけば次のヨーグルトのタネとして利用できるようだ。

 

無限に使えるわけじゃないようだが、詳しいことはちょっとわからん。

 

ただ次回は牛乳だけ買えばいいので、300円で上質なカスピ海ヨーグルトが作れると考えれば……まあコスパは悪くないのではないか。

最後の良い点よろしくない点

というわけで、ヨーグルトメーカーIYM-012を購入して使ってみた話であるが、最後に良い点やあまりよろしくない点も書いておこう。

 

良い点としては

・素材にこだわれば美味いカスピ海ヨーグルトが作れる

・牛乳パックの形状を選べば容器いらず(混ぜるスプーンは熱湯消毒必要かも)

・コスパよし

・本体も3000円程度と気軽に手が出せる

・うまい!

 

よろしくない点としては

・面倒くさい

 

といった感じかなー。実際面倒くさい。市販のヨーグルト買った方が早いもん。

 

でも、上質な牛乳と上質なヨーグルトを自分で選んで、上質なヨーグルトが大量に手に入る。

 

ヨーグルト好きな人は試してみてもいいのではないかな。

 

慣れたら準備もそう面倒ではないと思うが、慣れるまでは多分、かなりしんどいのは確かだ。

 

とりあえず私は今後も使っていきたいな。食べまくるもん。ヨーグルト。

 

おすすめ関連記事

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com