ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

自然の中を散歩することで得られる様々なメリットや素晴らしさを語る

f:id:sakuramikoro:20190310003406j:plain
結婚してから、私はウォーキングをするようになった。

 

最初は集中力を底上げしたり回復させるために始めた散歩のようなものだったが、気づいたら一日の中で一番の楽しみな時間がウォーキングの時間となっていた。

 

今ではほとんど毎日のように30分ほど歩き、公園のベンチで瞑想をして帰ってくる。

 

そのメリットを書いていきたい。

とにかくスッキリする

この一点だけで終わってもいいくらい。騙されたと思ってまずは30分、自然の中を歩いてみてほしい。

 

とっても気持ちがいい。気持ちがいいし、実際に心のもやもやを晴れて頭がスッキリする。

 



ストレスレベルが9とかもうムカついてムカついて仕方がないときも、自然の中を歩くだけで前向きに考えられたりする。

 

自然と触れ合うだけでもストレス解消や不安を消すのにいいし、そこに運動が合わさると最高のストレス解消法になるぞ。

 

一日の中で1時間くらい、自然と触れ合う時間をもつことは人生をさらに有意義にするだろう。

 

超おすすめだ。

デジタル断食になる

ネット断食とも言うのかな、とにかく自然の中を歩いている時はネットを見ない時間としてみよう。

 

あれも見られるこれもできる、と暴走している脳を落ち着けることができる。

 

何もない時間、ただただ歩く時間。一日にネットを断つ時間を持つことはメリットがある。

 

あのスティーブジョブズも子供達にネットを触らせない時間を作っていたというしね。

 

歩きたくないなら、ぼけーっと公園のベンチで座っているだけでもそれなりにストレス発散になるはずだ。

瞑想もいい

f:id:sakuramikoro:20190310003410j:plain
自然公園で歩いていたらぜひ導入してほしいのが瞑想である。

 

私も以前は自宅でやっていたが、メンタリストのDaigoさんが公園で瞑想をやっていると聞いてから公園での瞑想に切り替えた。気持ちいい。

 

自宅で瞑想するよりも自然と触れ合う時間も増えるし、何より自宅より空気が綺麗だしメリットも大きい。

 

公園で少し歩いたら、落ち着いたベンチでも座って瞑想する。

 

この習慣は人生を変えるね。すげー楽しみだもの。

オディオブックを聞くのもあり

本を読む時間がなかなかない…という人にもおすすめなのが、オーディオブックを聞くことだ。

 

本を朗読している音声を聞くもので、慣れたら3倍速4倍速で聞けたりする。

 

そこそこ長い本でも1週間もあれば一周できるんじゃないかな。嫌われる勇気を何十回聞いたかわからんくらいに聞いている。

 

歩くことと音声を聞くことは脳で処理する部分が違うため、マルチタスクにはならないらしい。どんどん聞こうぜ。

 

余談だが、Bluetoothのイヤホンが最近はだいぶ安くなってきているので超おすすめ。ケーブルがないイヤホンを一度使ったら、もう戻れない。

 

私はこちらを愛用しているぞ。

 

過去にそこそこ高いのをなくしてしまったので、これがコスパ的にもいい。と思う。調べてみてね。

ネタ探しにもいい

f:id:sakuramikoro:20190310003415j:plain

そしてブログを書いていたりアイディア出しが必要な人にとっても、自然の中を散歩する時間はとても有意義になるだろう。

 

先日ブログのネタがなくて書きたくないという記事を書いた。

www.rabbitonbo.com

 

その対策として、ウォーキング中にネタないかなーと考えてみたら30分歩いている間にブログのネタが3個4個ぽんぽんと浮かんだりした。

 

当然メモらないと忘れてしまうので注意。

 

とりあえずはネタ出しの時間として有効利用するのもありかもしらんね。

万人におすすめの自然の散歩

f:id:sakuramikoro:20190310003420j:plain

というわけで、子供も大人もおじいちゃんもおばあちゃんも、みんな自然の中を散歩しようぜ!というおすすめ記事であった。

 

特に子育てでストレスをためているマザーとファザーは、暇があったら自然の中を歩いてみたらいいんじゃないかな。

 

これがいいのは、子供達とも一緒にいけるということ。

 

日曜日に一緒に散歩に行こうといって公園をだらだら歩くだけでも、子供も親もリフレッシュできる。

 

そのあとに遊具に遊びに行ってもいい。

 

みんなが笑って過ごせるように、自然散歩を取り入れるのは超おすすめのストレス対策であるぞ。

 

おすすめ関連記事

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com