ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父になった話

200記事に到達した育児ブログ運営者が語る軌跡と反省点とこれから

はい、これで200記事!

 

半年経たずに200記事に到達した。おめでとうございます。

 

毎回1500文字前後は書いているので、単純計算で30万文字は書いているはず。原稿用紙750枚分くらい。やるじゃん。

 

ちなみに100記事の時がこちら。

www.rabbitonbo.com

 

別に何もないのだが、一応記念で200記事書いてきた感想や反省点を書いていこう。

ベースができているので安心して書ける

200記事も書けば文章構成能力もあがるし、好みがほぼ決まる。

 

このブログは見ての通り、改行しまくりのブログで基本的に「。」がきたら段落をわけている。

 

なぜかといえば、育児に疲れたママやパパがボケーっとした状況でも読めるような、とにかく読みやすさを追求しているからだ。

 

少しずつ少しずつ調整しながら今の形になっていて、今もまだ調整中。

 

1500文字前後で収めたり画像は横幅500pxで統一、文字色は黒色しか使わないなどなど、ブログのスタイルもほぼ決まってきている。

 

何も考えてないと思われるかもしれないが、今まで積み上げてきた経験が地味に生きているのだ。ただ書くことに集中できるのは大きいね。

過去の資産がフル活用できる

200記事全ては過去に打ち捨てられたゴミではない。ブログを始めた当初にはなかった資産が大量にあるということなのだ。

 

今書いている記事に関連する記事なんて探せばいくつかあるはずで、内部リンクも充実する。

 

50記事超えた辺りからかな、過去記事が充実してるなーと感じ始めたのは。ブログに厚みができるという意味で、過去記事が豊富なのは大きいよ。

 

貼りすぎるとうざったくなるけどさ。

習慣にすると書きたくない記事も生まれる

毎日更新ということでやってきたが、中には書きたくなかった記事もあった。無理やりねじ込んだ記事もあった。

 

そういうのって大抵くそつまらん内容になる。振り返って見る気すらしないような、ちょっとリライトしてもどうにもならんような。 

www.rabbitonbo.com

 

こんな記事も書くくらいに困っていた時もあった。最近だけども。そういうのが続くと、自分でも思ってしまう。

 

このブログ、面白いか? 

 

自分で面白いと思えない記事を晒してもな。そりゃ自身喪失してコメント欄も閉鎖するわね。

身バレ・特定への考え方は変わること

ブログを始めて1〜2ヶ月の頃と比べて、半年も経てば自分の中でのネット上での振る舞い方や身バレ対策もかなり固まってくる。

 

むしろ、考え方は変わると思っていたほうがいいかもしれない。ブログを続けていくと細かい方針転換をしたくなる時がきっとくるはずだ。

 

例えば、学校関係の写真はもっとぼかそうとか、服もぼかしてみようとか。細かい判断基準が変わったりする。

 

20pv/日だった時には考えなかったことも、200pv/日になると怖くなったりする。

 

そん時に、クソ面倒くさい。過去の写真の編集が。

 

身バレや特定を気にするなら、絵描くか最初からがっつり全身モザイクにしたほうがよかったな。今さらだけどね。

ブログのことを誰かに話すのは少し待とう

上のものと似ているが、よっぽどでなければ当分は誰にもブログのことを話さないことをすすめたい。

 

半年くらい経って、自分の中での方針が固まってからにした方がいいんじゃないかな。

 

「もしかしたらあの人が見るかも」と思ったら、無意識のブレーキがかかったりする。陰口は書かないにしても無用なストレスだ。

 

実家の家族にブログやってること言わなきゃよかったなーと今は後悔してる。

 

窮屈でござる!

200記事を終えて

というわけで200記事書いてきて思ったことをつらつら書いてきた。

 

感慨深くもないし、こんなもんかという感じではある。収益が多いわけでもなくPVも地味だし、この辺がこのブログの成長の限界な気もしている。

 

それでもこのブログは、ずっと続けていくつもりだ。

 

子供達との関係や、妻との関係、家族の関係、私の本音。それらを書けるホームとして、今後もずっと継続していこう。

 

開設して半年足らず、まだまだこれからだしね。通過点としての200記事だけども、とりあえずおめでとうございます。

 

楽じゃないけど、楽しい道だったよ。

 

おすすめ関連記事 

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com

www.rabbitonbo.com