ステップファザーにできること

発達障害の娘とやんちゃ息子の父によるステップファミリーの話

何だかよくわからないけどニコニコになった娘の話

不安でたまらないとんぼである、ごきげんよう。

 

本日は動物病院に行くので、あまり時間がない。手術があるので、成功してほしいと願うばかりである。

 

簡単に子供たちの様子を書いて、出かけることにする。

ニコニコの娘

先週から荒れに荒れた娘。

www.rabbitonbo.com

 

声かけたら怒るし、周りで人が動けば邪魔しにいくし、何か物を取り出すと奪って片付けるし、この娘と一緒に過ごしたくないと誰もが思う状態。

 

義母も「これでは日常生活は無理だよ、(てんかんの)先生に相談して薬を調整してもらったほうがいい」と言っていた。

 

ちょっと前に電話で先生の問診があったのに、てんかんが落ち着いているからと薬の調整がなかった。

 

てんかんが落ち着いても、これではねぇ。こんなに荒れてたら、ショートステイも無理でしょう。

 

妻はストレスで首も肩も腰も痛いというし、実際に娘は荒れているし。そんな現実を見て、義母も頭を抱えている。

 

月曜日の朝も相変わらず荒れていたが、夕方帰ってきたころから少し様子が変わってきたような。ほんの少しだけ、穏やかになったような。

 

夜もぐっすり寝てくれて、本日火曜日の朝になると……

 

起きてきた娘はなぜかニッコニコ。

 

歯磨きをしている私の腰に抱きついてきて、こちらを向いて微笑んでいた。おはよーと穏やかな表情でリビングで準備をしている。

 

もしかして、穏やかな君が帰ってきてくれたの?

 

待ってたよ。遅いよ、もう帰らないのかと思ったよ。

 

ご飯も自分でパクパク食べて、カバンも自ら持って、大声をあげることもなく、叩くこともなく、送迎を終えた。

 

……実際は車でそこそこに叩かれたが、何もかもうまくいったってことにしておく。

距離を取る

娘は今日から回復しつつあるのだが、我々のストレスも限界に近かったため、本日は息子だけ妻の実家にお泊まりすることになっている。

 

義母は快く受け入れてくれたし、息子も「今日はうさぎの手術があって帰りが遅い」と伝えたら納得してくれた。

 

ありがたや。息子を1日預かってくれるだけでも、少しは回復できる。

 

さらに息子は今朝、いつもはやらない寝室の片付けまでやってくれていた。

 

「こちらの準備ができていないのに、しつこく早く行こうと言われても困る」と、昨日妻が注意をしてくれたのが効いている。

 

話を理解し、次につながる行動をしてくれる素直な小僧じゃ。ありがたいぞ。

 

娘も落ち着いてくれているなら、今日でだいぶ回復できるのではないか。せめて妻の背中だけでも治ってくれたら。

 

期待したい。

動物病院いってきま

最近よく、義母と娘について話すことが多い。

 

もともと発達障がいで凸凹な成長を遂げる娘。たぶん、健康体だったとしても機嫌の波は大きかったと思われる。

 

それなのに、てんかんでの体調不良とか、抗てんかん薬による副作用やらで、娘のバイオリズムは乱高下。暴力の波も機嫌の波も体調の波も、嵐のように変わる。

 

この状態では新しいことを教えるのがきつい。それどころか、精神状態を正常に保って一緒に過ごすことすら難しい。

 

まずはてんかん薬が落ち着かないと、話にならんよなぁと。毎回のように結論づけられる。難しいですね。

 

では、動物病院いってきます。また明日。

 

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

荒れる娘、叩かれて怒る息子、ストレスで背中がバキバキの妻の話

しんどい土日を乗り越えたとんぼである、ごきげんよう。

 

いやー、週末から娘の調子がおかしすぎて参った。なんとか無事に月曜日を迎えることができたのが奇跡に思えるほど。

 

どうしたもんかなぁ。

日曜日のとんぼ一家

昨日も少し週末の様子を紹介した。

www.rabbitonbo.com

 

日曜日も朝から娘が荒れている。息子がノートを開いただけで叩きに行く。何度も何度も叩きにいき、息子は反撃。

 

反撃したら、さらに叩かれる。息子は叩かれるたびに、娘の名前を大声で叫んで威圧する。仕方がない。

 

ぐっすり寝て気分爽快したはずの妻は、子供たちのやりとりを見て、すぐに首と肩と腰が痛くなり動けなくなってしまった。

 

畳間で寝る妻と、その周りに群がる子供たち。

 

息子が動けば娘は邪魔しに行き、邪魔された息子は泣くか大声で怒るか。娘は話しかけただけで怒って叩きにくる。

 

……日曜日の朝8時とかの話だよこれ。

 

とんぼ一家は閑静な住宅街にあるアパートに住んでいるからな。怒声と泣き声が近所中に響いていることだろう。

 

自宅にいたら死んじゃうと、早々にお出かけ。週に一度の買い物へ。

 

しかしコロナ流行中のため、スーパーに子供たちを下ろすわけにもいかず。車で待たせていたら、そりゃ喧嘩もする。

 

狭い車内で娘に叩かれた息子が、親が子供を叱るかのようなトーンで娘の名前を大声で呼ぶ。

 

あぁ気分が悪い。発達障がいと抗てんかん薬の影響で荒れる娘にもうんざりするし、上から目線で姉を威圧する息子にもうんざりする。

 

その後、自然公園に散歩に行って少しは気分が晴れたけども、子供たちと仲良く笑顔で遊ぼうという気にはなれなかった。

 

皆が飲む用の水筒を娘に持ってもらったのも間違いで、何を言っても水筒を飲ませてくれなかった。なんなんだこいつは。

 

妻は妻で首と腰が痛すぎて、首にコルセット巻いてるかのような歩き方に。歩くのもつらいそうだ。かわいそうに。

お昼から妻の実家に避難する

昼食を食べにきてと義母からお誘いを受けていたので、公園帰りに妻の実家に直行。ご飯を作ってくれるなんて、こんなにありがたいことはない。

 

だが少し早く到着しすぎたため、まだ食事の用意ができておらず。

 

そうなると、娘が台所に邪魔しにいく。包丁や火を扱う義母をプッシュ。コップもプッシュ。何するかわからないから怖すぎる。

 

そこで、何とかテレビを見てもらおうと娘を呼んで気を引くが、呼ぶ度に怒る。座りながらジャンプして、床にお尻を何度も打ちつけて怒りを表現していた。

 

ゴリラのドラミング的なやつですか?

 

ひやひやしながら食事を終えたあとは、グロッキーの妻を休ませるために子供たちと3人で旅に出ることを決意。

 

よしやるかーと思ったら、なんと近くの公園に息子の友達がいた。ありがたやありがたや。

 

息子は誕生日プレゼントのラジコンを持って、喜んで遊びにいきおった。これで数時間は帰ってこないな。よくやったぞ。

 

で、妻は実家でそのまま休ませて、娘と遊びにいく。

f:id:sakuramikoro:20210125091905j:plain

息子がいなかったら、そこまで大変ではない娘との散歩。気分転換にもなる。

 

ただ日曜日の夕方なのに、ずっと

 

「○○(デイサービスの名前)さん、まだかなぁ」

 

と言っていた。今が夕方だとわかっていないのか?

 

情緒が不安定すぎて、時間感覚までおかしくなったのかもしれない。笑いながら走って楽しそうではあったが。どういう状態なのか。

f:id:sakuramikoro:20210125092123j:plain

妻は2時間ほど母親からマッサージを受ける。リフレッシュできたらしくて、テレビ見て大声で笑っていた。よかった。

 

そうでないと、娘を連れて出た意味がない。

月曜日も変わらない

そんな日曜日も終わり、月曜日も朝から娘は不穏。不安そうで妻についてまわる。

 

息子も息子で月曜日の朝だからか、どことなく機嫌が悪い。皆の通り道にわざわざ座って、娘に足を踏まれて大声で怒ったり。

 

体育着が準備されていないと不満の声をあげたり、こちらがまったく準備できていないのに何度も早くいこうと急かしてきたり。

 

イライラして怒りそうになったが、その前に妻の背中がまたバッキバキに。せっかくの日曜日のリラックス効果も消えたらしい。

 

妻のこの背中の痛みは完全にストレスだ。少し子供たちと距離をおいた方がよさげ。

 

義母に相談して、息子だけでも1日お泊まりできないかと妻と画策中である。

 

まあなんとかなるでしょう。では、また1週間がんばりましょう。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

娘が朝6時から大声あげまくって、妻の頭にかかと落としして荒れてる話

おはようとんぼである、ごきげんよう。

 

本日は日曜日。皆に朝ごはんを食べている間にこれを書いている。

 

あまり時間はないが、昨日の娘がかなりひどかったので簡単に紹介していきたい。

朝から大声をあげる娘

土曜日は学童もデイも休みになり、家族が全員休み。

 

それなら朝はゆっくり休みたい。せめて8~9時までは眠りたい!!

 

と思ってたら、娘が6時頃から覚醒。

 

「ままーままー」

 

そう妻を呼ぶ。

 

「朝だよ、起きよー!」

 

疲れてる休日に6時に起きるわけないわと、妻がもう少し一緒に寝るようと声をかけて、一緒の布団に入れて落ち着かせようとしたのだが。

 

「一緒にねよう!」

 

と、話す言葉がすべて大声量。朝からでかい。うるさい。本当にうるさい。

 

娘の声を聞いたのか、リビングではうさぎも目を覚まして、ケージをガリガリ、穴をほりほり、うるさすぎる。

 

妻がなんとか娘をなだめるが、娘はほぼ覚醒しているようで、布団に入りながらも大声でずっと喋り続ける。

 

30分以上喋りつづけていたか。

 

さらに一緒に布団に入って落ち着いたかと思われた娘は、真っ暗闇の中で足をぶんぶん振り回し、妻を蹴りまくり。

 

暗い中で足を振り上げて落とす。運が悪いことに、妻の頭部を直撃。

 

後頭部にかかと落としだ、めちゃくちゃ痛かったらしい。

 

その後も妻が動くと娘は肘打ち、足で蹴るなどを繰り返し、妻を邪魔し続けた。

 

つい先日も、夜の2時頃から覚醒して一人で大声で喋っていることがあってね。夜間の睡眠の質が低くなってきている。

 

きっついなー。

起きてからも最悪な娘

早朝から頭にかかと落としを食らって寝不足気味の妻が起きてきたのが8時頃。起きたばかりなのに、すでにグロッキー状態。

 

首も肩もバッキバキ。娘に叩かれるのではないかとの恐怖や、強いストレスに晒されると妻の首周りは傷んでしまう。

 

これだけでも最悪なのに、娘は寝起きも最悪。

 

息子がテレビのリモコンを触っただけでダッシュで体当たり、叩く。

 

息子が何かを手にとれば、それを奪って片付ける。タンスを開ければ、体当たりしてドアに挟んでプッシュ。

 

背中を引っ掻かれ、耳を踏まれ、叩かれまくった息子は、3回は泣いていた。一度だけ反撃をしていた。

 

息子には申し訳ないが、止めることはできなかった。

 

息子が動いた瞬間に娘は走っていく。常にぴたっと娘の隣について、動けないような身体拘束をしないと無理だ。

 

何か気分転換をしてたらいけるのでは??と紙と鉛筆を渡してお絵描きしようと提案したら、それだけで私を叩きまくり。

 

鉛筆を持ってる手で叩くから、怖すぎる。

 

5分ほど暴れてやっと絵を描いたと思ったら、息子の監視はやめてなかった様子。

 

すくっと立ち上がって息子を叩きに行く。鉛筆を持ったまま。やばすぎる。

 

周りの人が何かをすると、すぐに邪魔をして、叩く押す、片付ける。やりづらいったらない。

 

自宅にいたら死んでしまうので、朝から散歩に出かけ、午後は妻の実家に避難した。

 

息子もやられまくっていたし、私もやられたし、義母もやられた。

 

でも一番キツそうだったのが妻である。首も痛くて、下を向けなくなってしまって、怒りに支配されていた。

 

見かねて娘を連れて散歩に出かけたけども、20分くらいでママに会いたいと暴れてしまった。

 

これどうすりゃいいんだか。

日曜日も相変わらず

日曜日の今朝は夜に起きることもなく、朝までぐっすりだったが……

 

結局すぐに暴れて息子を叩きまくり。よく眠れたと気分良く起きた妻が5分でグロッキーになり、不貞寝する事態に。

 

てんかんはあまり見なくなったのに、情緒不安定すぎる。

 

どうしようもないな。なんとか今日も生き延びれることを祈る。さらばじゃ。

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

【悲報】コロナでデイも学童も土曜日利用ができなくなった件

コロナが目前まで迫っていると感じるとんぼである、ごきげんよう。

 

全国的にコロナ感染が爆発しているようで、うちの地域でも感染者が出てきている。

 

いつまで続くかわからないコロナ禍。注意して対策しながら、学業や仕事に励むしか選択肢がないわけだが。

 

ここまでくると、さすがに制限もかかるようだ。

土曜日の悲報

こんなブログをやっている私がいうのもなんだが、育児はきつい。家事だけでもきつい時があるのに、そこに子供がプラスされたらまぁきつい。

 

親の体調・メンタルが子供との関係性に大きく影響するため、できるだけ回復できるようなちょうどいい距離を保ちたい。

 

そのため、娘は毎週の土曜日に日中一時を利用し、息子も第二・第四土曜日は学童に行く。

 

土曜日に子供たちが先生方や友達と遊んでくれる。これがどれほどありがたいか、親になってみないとわからない。

 

結婚前は、土曜日も利用するなんて子供がかわいそうだと思っていたが、そんなことはない。むしろ疲弊しきった親といた方がかわいそうだ。

 

家にいても周りに友達もいない。一人で外でふらふらさせるわけにもいかん。特に娘は四六時中見守りが必要なタイプの女の子。

 

はーきつい。

 

というわけで、今日という土曜日をとても楽しみにしていた。日曜日だけなら、全力で遊んでやってもいいぞと思っていた。

 

 

が、学童利用してる生徒の親御さんに、コロナ陽性者が出たらしい。その子供は陰性だけど一応お休み中。

 

こんな状況なので、念の為に学童の土曜日は利用不可となったらしい。

 

続いて娘が土曜日のみ利用してる日中一時も、近くでコロナが出たらしいということで利用不可になった。

 

なにこれ、無期限?

 

ひー。

コロナショック

コロナが身近に迫ってきても、個人レベルでやれる対策はほとんど変わらない。

 

できるだけ3密の場に近づかないようにし、マスク・手洗い・うがいを徹底して、免疫を高める生活習慣を構築する。

 

んだけど、周りでコロナが感染爆発したらどうしようもないね。学校・デイ・学童。これらで感染者が出たら、そりゃ制限がかかる。

 

私もきついが、子供たちなしで休める妻の完全休日が消えるのもかなりきついはず。心身の健康を維持できる、普通の生活を送るのが難しくなってくる。

 

正直、今の娘と土日一緒に過ごすとか冗談じゃない。

 

昨日は朝から怒り出してチーズを投げ、厚着をしてるのにジャンパーを着たいと泣いて叫び、「ばぁばんちに行くよ!」と声をかけたらどでかい奇声をあげ、運転中に後部座席から叩かれまくる。

 

これが送迎の15分の間におこった出来事だ。一体君に何があったんだ。

 

パクパク食べてた食事も自分で食べなくなって、以前に逆戻り。

 

「一緒に食べたい!」「自分でやりたい!」

 

お箸を持たせたら怒り、介助しても怒り、一緒に食べたい自分でやりたいと繰り返す。何がなんだかわからない。

 

体調が悪いんだと受け入れる姿勢は見せるけどさ、接する時間が長いときついぞ。

土曜日日曜日を乗り越えよう

そんなわけで、今日と明日は子供たちと遊ぶ日になった。

 

ちょっと前にも成人の日とかで3連休あったっしょ。それに冬休みが終わったばかりだからなぁ。休みだらけで、私の生活立て直しにも支障が出ている。

 

……仕方がない。コロナ禍だ。高齢の母・義母が感染したら終わりである。土曜日くらい休ませよう。

 

一体いつまで続くのかが問題か。日本さんは、コロナ禍を終わらせる目処が立っているのか。世界的にも目処は立っていないのか。

 

ワクチンの安全性への懸念も囁かれているが、そもそもいつワクチン摂取できるのか。摂取できる頃には、すでに日本は焼け野原になってんじゃないのか。

 

こちとら土曜日利用できないというだけで、生活に支障出まくりなんだ。なんとかしてほしい。

 

はぁ。文句だらけのネガティブ精神じゃ土日を乗り越えられないので、切り替えて楽しむことにします。

 

皆様もお達者で。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

息子が7歳になるので誕生日を祝った話

家族の誕生日を祝いたいとんぼである、ごきげんよう。

 

先日妻の誕生日を祝ったばかり。 

www.rabbitonbo.com

 

次は息子の誕生日である。

7歳のバースデー

初めて会った時の息子はまだ1歳の赤ん坊だったのに、今や7歳の生意気坊主になってしまった。

 

数年前の写真見たら、ぽっちゃりしててかわいいのに。今は髪の毛も坊主だから、見た目がお世辞にもかわいいとは言い難い。

 

そんな、息子も7歳になる。毎日学校に学童にと楽しんでいるようだ。

 

英才教育をするつもりもないが、地味に勉強を頑張っている。テストをそこそこの点を取り、通知表もそこそこの評価。

 

友達ともよく遊んでいるから、体力もある。先日の持久走大会は9位。50人くらいはいたはずだから、上位と言ってもいいだろう。

 

気に入らないことも多いけど、彼は彼なりに頑張っているから、誕生日は息子の希望をできるだけ聞くことにした。

 

食事も、プレゼントも、できる限り息子の願いを叶えてやりたい……!!

 

とは思わないけども。

 

一応できることをやってみたぞ。

息子の誕生日会

息子の誕生日は、今年は平日。学校も学童もあるので、全部終わってからの誕生日会。

 

何が食べたいか聞けば、カツ丼が食べたいという。普段うちでは揚げ物はやんないから、脂ギタギタの体に悪い食事を欲しているのだろう。

 

揚げ物は専門外なので、私の母にも手伝ってもらうことにした。息子の誕生日だから、揚げ物を作ってくれと。

 

血が繋がっていない祖母と孫で、ほとんど会うこともないけど。こういう時に何かしら関係性を持ってくれたらいいじゃないか。

 

母は快く承諾してくれて、当日のお昼に数時間かけて揚げ物もらいにいったたところ。

 

こんなん作ってくれてた。

f:id:sakuramikoro:20210121100059j:plain
おぉ、いいね。体を痛めつける揚げ物セット、最高だね。普段食べないから、余計に美味しそうに見えるね!

 

で、もらった余ったカツでカツ丼を作ってみた。見た目は悪くないでしょう?

f:id:sakuramikoro:20210121100102j:plain

あとは寒いから、お鍋でもしようかと思ったけど、ちょっと重すぎる気がしたので素麺をプラスした。写真を取り忘れた。

 

そして息子が選んだ誕生日ケーキ。やっぱプロは違いますなぁ。

f:id:sakuramikoro:20210121100105j:plain

これくらい好きな物を食べられたなら、満足するだろうさ。7歳おめでとう。

 

ケーキを食べたら最後は誕生日プレゼント。まずは息子のいとこから、余ったドラゴンボールのキーホルダーをくれた。

f:id:sakuramikoro:20210121100411j:plain

うーん、余ったやつ感でてる。

 

続いて息子が選んだラジコンカー。

f:id:sakuramikoro:20210121100626j:plain

水をいれたらジェット噴射するらしい。ブインブインどでかい音を鳴らすことできる。ONOFFできるけど、爆音すぎる。

 

バッテリーやら運転方法やらで、妻と息子が頭をかちあわせて調べていた。こういう時間がいいよね。

f:id:sakuramikoro:20210121100051j:plain

狭いアパートで走らせるにはパワーがありすぎたけど、息子はきゃっきゃしながら遊んでいたぞ。うむ、これも経験だな。

 

ちなみに、古い記事を漁ってみたら、2年前の誕生日にはアンパンマンのお医者さんセットをあげていたらしい。

www.rabbitonbo.com

 

2年経過して、かなり変わったなぁ君は。アンパンマンを欲していたのか。娘は2年前も、妻の手をフォークで刺してたらしい。君は相変わらずだな。

 

ブログがあると、こういう時に振り返ることができるのがいいね。おすすめ。

次は私の誕生日

誕生日ってどれくらい盛大に祝えばいいのかよくわからないし、やはり多少のプレッシャーがある。

 

がっかりされたり、期待外れみたいな顔されたら、傷ついてしまう。

 

とりあえず今回もできることをやって、息子も満足していたようでよかったのではないか。

 

娘の誕生日が終わり、妻の誕生日、息子の誕生日ときて、次は私の誕生日がある。

 

正直、自分の誕生日は何もしたくない。ケーキやら食事やら期待されても困るので、子供たちには私の誕生日を内緒にしておこう。

 

普段作らないような料理を自分のために自分で作りたくないっす。めんどくさっ!

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

娘に小指をへし折られそうになった話

娘のパワーに恐怖を感じたとんぼである、ごきげんよう。

 

最近はうちの娘の様子がおかしい。様子がおかしい以外に、彼女の状態を表す言葉が見当たらない。

 

暴力が凄いわけでもなく、発作が多いわけでもない。それなのに、どこかおかしいのだ。

 

そんな娘に小指をへし折られそうになったという報告。

お風呂場での娘との格闘

ここ数ヶ月、娘と二人で風呂に入っているこの私。正直言って、かなりきつい。

 

今年には10歳になる娘だから、ステップファザーの私が一緒に風呂に入ってるのはどうなんだと、早々に切り上げた方がいいと思っていたが。

 

それとはまったく別の理由で、もう一緒に入りたくない。

 

娘がお風呂場で怒る理由が意味不明だし、こだわりがコロコロ変わるから怒るスイッチがわからん。

 

しかも裸で叩かれるから、めちゃくちゃ痛いのである。腕をぶんぶん振り回すんだぞ。痛いぞ。

 

ある時は、シャンプーをする直前に怒り出したり。ある時はシャンプー中に頭を振り回して足を踏む・キックしてきたり。ある時はシャンプーをすすぎながら、体当たりで壁に押し付けてきたり。

 

昨日も、シャンプーをすすいで、「はい、終わりだよー」と声をかけたら娘は怒り出した。

 

「もっとかわしたい!!」(原文ママ)

 

かわしたいの意味がわからん。かわかしたいのか?

 

おそらく、シャンプーのぬるぬるがまだ残っているのかもしれない。娘はずっと目を抑えているので、ぬるぬるがわかるはずもないのだが。

 

そこで再度頭にシャワーをかけると、頭をぶんぶん振り回し、壁に押し付けられる。

 

何なんだとイライラしながらも、オーダーとしては間違ってはいないようなのでシャワーを当て続ける。

 

だが、シャワーをやめると、

 

「もっとかわしたい!!」

 

との要求あり。

 

どうしたらいいんだと、再度シャワーを頭にあてようとすると今度は本気で嫌がって、手を振り回してバンバン叩かれる。

 

「もっとかわしたい!」

 

やめろやめろと手でガードして様子を見てたところ……

 

突然、ガッと小指を掴まれて、グリンと予期せぬ方向に引っ張られる。

 

うおおおおおおおおおおおおい!!

 

小指が折れてしまう!!っていうか、もげちゃう!!その方向に小指をねじ曲げたらもげちゃう!!!

 

とまぁ、そこそこ大きい声出すくらいには、びっくりしちゃいました。

 

そんなのほほんとしたお話。

骨折リスクを視野にいれる

何でこんなことになったのかと考えてみると、おそらく風呂という環境が悪い。

 

シャンプーや、すすぎ、ドライヤーなど、娘に手を伸ばして何かしらのサポートをすることが多い。

 

以前は気に入らなかったら叩くだけだったのに、最近はやめさせようと目の前の物を掴むようになってきた。

 

ドライヤーを思い切り叩いてたこともあったから、手が痛いことを学習したのかも。

 

で、掴むとなったら、一番近くにあって掴みやすい小指になるのでしょう。昨日は2回くらい小指を掴まれた。

 

これでも一応声かけしながら、娘の様子を見ながら休み休みやっているのだが。こんなん続けてたら、本気で骨を折られる日がくるかもしれない。

 

面白くなってきたね。

 

自宅でしか風呂に入らないので、先生やお友達が同様の被害にあう可能性は低いとは思う。妻も指を掴まれたことはないと言っていたし。

 

とはいえ、私はいいとしても他の家族や友達・先生の骨折ったらとんでもないことだ。学校やデイの先生方にも、注意換気しなければならない。

 

まーこんなことも含めて、とにかく娘の様子がおかしいのが悪い。今日は病院受診があるので、また薬も変わるんだろう。

 

何がどうなるやら。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

子供を車に置き去り状態で死亡させた事件を見て気を引き締める話

気になるニュースについて語りたいとんぼである、ごきげんよう。

 

つい先ほど、こんなニュースを見つけた。

www.asahi.com

 

父親が、2歳の女の子を車に置き去りにしたまま自宅に戻って、死亡したという何とも言い難い事件。

 

明日は我が身かもしれないので、思うことを記していく。

事件の父親の話

まずこの事件について、簡単に引用したい。

news.livedoor.com

父親は6月17日朝、次女を同乗させて長女を小学校に送った後、次女を保育所に預けるのを忘れたまま帰宅し、自宅駐車場で車内に放置して死亡させた疑いがある。死因は熱中症とみられる。父親はコロナの影響で在宅勤務となり、子どもたちの送迎を主に担当。母親は仕事で外出中だった。

 

上のお姉ちゃんを小学校に送って、その後2歳の妹を保育園に連れていかずに自宅に戻ってしまったらしい。

 

チャイルドシートは後部座席にあったのか?

在宅勤務となった4月から、送迎を始めたのか?

 

など調べてもよくわからなかった疑問もあるんだけど、とにかくこのお父さんは忘れて、子供を車に放置してしまって、死なせてしまった。

 

見つけた時には必死で助けを呼んでいたというから、本当にうっかり忘れていたんだろう。

 

まあ……うっかりでは済まされないほどの痛ましい事件というか、事故というか。

 

2歳といえば、そんなにぺちゃくちゃ喋らないのだろうし、父親も保育園への送迎が習慣になってなかったのかもしれない。

 

自分にも起こりうる話だよなぁこれと、ニュースを見て背筋が凍ったりする。

喋らない娘との車移動

私は毎朝、まずは息子を小学校まで送っていき、その後娘を義母宅まで送っていく。

 

息子は喋り続けるし、動くし、喋らなくてもいるのがわかる。何かアクションをすれば、息子は動くから。

 

娘は、車内でほとんど喋らないことが多い。シートベルトを締めたら、動かないし喋らないしリアクションもしない。

 

娘の気配がゼロなのだ。

 

娘を送迎して降ろした帰りの車内で、まさかまだ後ろに乗っているのでは!?と後ろを確認してしまうことがある。

 

休みの日に家族で車移動する時にも、娘が本当にいるかどうか後部座席を確認してしまうことがある。

 

それくらいには気配が消える。いるかいないかわからん。

 

もう9歳になる娘だから、万が一車に閉じ込められても出てこられ……ないはず。

 

運転中にドアを開けられたら危ないと、後部座席にはチャイルドロックがかかっている。内側からドアが開くことはない。

 

おそらく娘は、運転席や助手席ならドアが開くことも理解していない。閉じ込めてしまったら、アウトである。

 

自分をそんなに信用していないので、今後は車を降りる時に車の中をチェックするようにしよう。数秒だから、悪くない習慣では。

私よりも妻がやばそう

毎日子供たちを送迎している私でも、娘を車に置き去りにする可能性がゼロとは言い切れない。

 

そしておそらく私よりも、妻の方がリスクが高い。

 

私はね、毎日ルートも決まっているし、流れが同じだから。よほどのイレギュラーでないと、置き去りにすることはないだろう。

 

が、たまに妻が子供たちを送迎することがある。たまに。2ヶ月に1度あるかどうか。

 

そういういつもとは違う流れの時に、娘を忘れてしまう可能性がある……かも。車に置き去りにしたまま買い物にいくとか。

 

まー最近の娘は、車を止めた瞬間にシートベルト外して前方に身を乗り出してくるから、無口な赤ん坊よりはアピール力はあるか。

 

でも万が一、ということがあるので、注意していきたい。皆様も注意されたし。

 

この父親とその家族は、この事件のあとどうなったのだろうか。どれだけつらいことがあっても、そこで終わらないのが人生だ。

 

バッドエンドで幕を閉じる映画が、マシに思えるな。では。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

7歳の息子とのしりとりがクソつまらないので工夫して楽しんでる話

しりとり嫌いのとんぼである、ごきげんよう。

 

息子と風呂に入ると、絶対と言っていいほどにしりとりに付き合わされる。息子とのしりとりは、拒絶反応が出るくらいには面白くない。 

 

したがって、何かしら工夫する必要がある。

 

2年前に書いたしりとり記事もあった。なつかし。

www.rabbitonbo.com

 終わらないしりとり

まず、息子とのしりとりの何が面白くないって、絶対に終わらないこと。

 

息子はもうすぐ小学校2年生だから、知っている言葉も多くなってきた。普通にしりとりしたら、普通に終わらない。

 

延々と続くしりとりほどつまらないものはない。

 

息子が間違えて語尾に「ん」がつく言葉を言ったのに、「今のなし!!」と待ったが入ってやり直し。

 

私が「ん」をつく言葉を言ってわざと負けても、すぐに2回戦が始まるだけでメリットなし。

 

何も考えずにしりとりしてたら10分以上続いたりするからさ。既に言った単語も段々と曖昧になっていくし、ぐだぐだになることも。

 

息子からしりとりしようと言われるのが何でこんなに嫌なんだろう??と思ったら、それは単純につまらないからなんでしょう。

 

風呂場でできることなんて、しりとりくらいしかないのかもしれないが。

しりとりを工夫する

しりとり自体がそう盛り上がるゲームではなさそうなので、毎回何かしら工夫をして息子としりとりすることにした。

 

いくつかあげてみよう。

文字数制限しりとり

しりとりする単語の文字数制限を最初に導入した。5文字のみ、4文字のみなどの文字数制限を設けるのだ。

 

頭を使うしこりゃ面白いぞ!!と思ってたのは私だけ。息子には難しすぎるようで、まったくしりとりにならない。

 

3文字ならいけるというが、3文字でもすぐに手詰まり。

 

ヒントちょうだい的な流れになってしまったら、勝負がつかずに延々と終わらないクソゲーになっちゃうから。

 

難しすぎるのはよくないね。

集中攻撃しりとり+α

続いて、以前からやっているやつ。語尾に「る」がつく言葉で集中攻撃するといった、しりとりの常套手段。

 

これもねぇ、こっちも頭使うし、息子も「え〜また”る”?」などと言いながらも喜んでくれるので、悪くない。

 

けど、やはり難しすぎるとグダグダになる。ヒントを求めてきたり。

 

それじゃあまりにつまらんので、パス制度を設けることにした。

 

・何も思いつかない場合、パスが1回までできる

・パスされたら、相手がパスした文字の言葉を言わなければならない

・2回目のパスをしたら負け

 

これなら息子も素直に負けを認めるだろうし、面白いかも……と提案してみた。

 

いつも通り私が「こ」で攻めまくっていると、息子が悩んでパスをした。

 

息子がパスをしたので、続いて私もパスをした。再度息子の番になったので、思いつかずに息子の負けになった。

 

なんだこのルールはと二人で笑っていたぞ。アップデートが必要だな。

時間制限ルール

あとは大抵グダグダになるけども、5秒とか10秒とか、時間制限を設けるのも面白い。

 

焦ってほとんど答えられないから、一瞬だけ盛り上がる線香花火のようなしりとりである。

明確な負けが必要

そんな我が家のしりとり事情の話。

 

これを書きながら思ったのは、息子とのしりとりがつまらない理由は”明確な負け”がないことだ。

 

何度も待った!が入ったり、ヒントをもらおうとしたり、「ん」がついてもやり直ししたり。

 

そりゃ終わらんし、つまらんわなーという。

 

なにせ6歳児、外堀を埋めてあげないと負けを認めるのがイヤみたいでね、相手をするのはなかなかに骨が折れる。

 

バレーとか卓球ならいざしらず、単純なしりとりでラリーしてもな。

 

まぁ息子が楽しいならよしとするか。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

お漏らしが多くてパンパースしないと出かけられない娘の話

娘の将来を心配するとんぼである、ごきげんよう。

 

最近は義母と話す機会が多い。私と違い、娘や息子が赤ちゃんの頃から知っているので、義母は色々と考えてくれている。

 

どちらかといえば、やはり娘が心配らしい。そりゃそうだ。

お漏らし問題

いくつか娘の心配はあるが、やはり今心配なのはお漏らし問題だ。てんかんの担当医が、もしかしたら薬の副作用かもと薬を調整中。様子見している。

 

今まで全然お漏らししなかったのに急に増えたから、体も心配だけど……お漏らしって、日常生活に結構な支障がある。

 

学校やデイでは、お漏らしが多すぎる娘の対策として、30分に一度はトイレ誘導をしていくれているようだ。拒否も多いらしい。

 

さすがにここまでやってくれてるから、学校でのおもらしは減ってる。でも自宅でも同じようにやるのは結構きつい。

 

例えば家族で日曜日に遊びにいく場合、そんなに頻繁にトイレ誘導できない。車で移動したらトイレどころじゃない。

 

自宅や屋外で漏らすならまだマシ。もしお店でお漏らしされたらどうなるんだ。笑い話じゃすまないぞ。

 

仕方がないので、休日の娘はパンパースを装着することになってしまっている。

 

6歳くらいには日中のトイレは自立できたのに、9歳になってパンパースに逆戻り。ビッグより大きいサイズの限界も近いというのに。

 

先は長い。

 

また、パンパースに慣れたら成長が阻害されるのではないか??と義母は心配していた。確かに、一理ある。

 

ただ今の娘は、尿のコントロールができていないっぽい。垂れ流しのような状態であれば、パンパースも仕方がないのではないか。

 

特別支援学校の先生が以前にこんなことを言っていた。

 

「子供たちには一番最初に、トイレの自立をしてもらいたい。トイレが自立すれば、行動範囲が広がる」

 

今になって身に沁みるわ。いつお漏らしするかわからん子供は、パンパースなしではどこにも連れて行けない。

 

夜の排便をパンパースからトイレへ切り替える試みも頓挫したし、薬の調整でなんとかなってくれるのを期待している。

 

数ヶ月前までは、何も言わずにすーっとトイレにいって勝手におしっこしてたのになぁ。

ころころ変わる娘と

お漏らしも多い。飯も食わない。一体どうなってしまうんだ。

 

と思ったら、ご飯に関しては1週間前から食欲が増えばくばく食べるようになった。お菓子も果物も、出したものをすべて食べる。

 

食べすぎて吐くんじゃないかと心配になるほどに、以前とは比べ物にならないほどに食べる。

 

食卓の周りをふらふらして全然食べなかった娘なのに、一体何がきっかけで食欲が戻ったのかわからん。誰にもわからん。

 

どうでもいいことで怒って泣きだすことも最近増えてきて、今朝もみかんの皮がむきたいと泣いていた。

 

安定には程遠い。そりゃ義母も心配する。

 

とりあえずは、この数ヶ月でてんかんの薬が大きく動くはず。それに期待したいところだ。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

絶不調で絡みづらい娘、ずっとうるさい息子と過ごす日曜日の話

眠たいとんぼである、ごきげんよう。

 

今朝も寝不足で起きるのがしんどかったのに、娘の様子がおかしい。明らかに荒れている。逆に息子は元気でうるさい。

 

そんな日常的な我が家の光景の話。

朝から荒れる娘

最近の休日は、妻が起きるまで静かに布団に包まれている娘。とんぼ夫婦をゆっくり寝かせてくれる。

 

しかし今日は息子が起き出した時間に娘も起床。数分起きに「ママー、ママー」と寝室に呼びにくる。何度も呼びにくる。

 

娘は行動もこだわりも日によってコロコロ変わる。安定しないのが安定している娘なので、仕方がない。

 

無視してたら、リビングで息子を叩いたらしい音が聞こえる。早起きして放置できないのってきつい。こういう朝が本当にきつい。

 

娘はまた寝室にやってきて、今度は妻を叩き、私も叩かれる。朝から気分が悪い。

 

その後起床して、皆でみかんを食べてたらなぜか泣いて暴れ出す娘。肘で妻を押している。

f:id:sakuramikoro:20210117203241j:plain

何かが思い通りにいかないと、ドンと押して逃げていくとか。息子を叩いて逃げていくとか。そういや昨日はリモコン投げてたな。

 

情緒が不安定で、すぐに泣いたり、怒ったり。

 

暴力がめちゃくちゃ多いわけじゃないが、近づきたくないような感じ。絡みづらいんだよ。

 

最近はおもらしも多いので、パンパースをつけないと外出もできない。どうなってしまうんだ。

 

一応昼過ぎからは機嫌も直してくれたけど。休みの日は機嫌過ごして欲しい。

元気でうるさい息子と

息子は相変わらず元気で、うるさい。暇があったら暴れ回り、歌をうたい、笑っている。

 

寒い中家族で散歩に行って、海を見に行ったら、なぜか息子だけが波に襲われてズボンと靴がびしょ濡れになってしまった。

 

それくらいには元気だ。

 

最近はポケモンの曲である『1・2・3』にはまっているらしく、暇があったらこの曲を歌っている。ただ声量がでかい。

 

脱衣室でも一人だけ大声で歌っているから、妻が何度「うるさい!」と怒っていたかわからんほど。確かにうるさい。

 

息子と妻の関係は、以前よりよくなっている。1週間前まで怒っていた私との関係性も、完全ではないがうまくいっている。

 

夜には昔話をしてほしいというので、桃太郎やかぐや姫を適当なアレンジしまくりで話したら喜んでくれていた。

 

オセロも接待試合をして、パーフェクト負けを演出した。

 

娯楽とはいえ、この対応はどうなんだろうな。ようわからん。

やることあればよし

そんな日曜日の子供たちの話。

 

寝る前には妻が読み聞かせをしてくれて、一緒に聞いて、寝かしつけて。

 

ほっと一息、夜のリラックスタイムの到来である。

f:id:sakuramikoro:20210117212041j:plain

娘のてんかんは全然よくならんし、手も出るし。息子は息子で元気過剰で相手をするのもしんどい時も多い。

 

まー色々あるけどさ、こうやって喧嘩しながらも家族が一緒に過ごせている今は幸せな時間なんじゃないかな。

 

そう思い込んで、寝ることにする。

 

では、明日からまた1週間頑張りましょう。おやすみなさい。

  

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

テンション上がりすぎた息子のおしっこ爆発お漏らしクソ野郎の話

タイトルに迷ったとんぼである、ごきげんよう。

 

息子と遊んできたのと、その後のハプニングを記す。あまり綺麗な話ではないので、ご飯中の人は避けた方がいい話。

持久走大会がありました

昨日、小学校1年生の息子の持久走大会があった。

 

600メートルで大したことない距離かと思いきや、クソ寒い中走る子供たちは必死で、皆頑張っていた。

 

スタートと同時に全力疾走するのが面白かった。ペース配分も何もないなと笑ってしまう。

 

必死に走っていたうちの息子も、以前から持久走大会を楽しみにしていてね。

 

幼稚園の時には3位になり、銅メダルをもらっていたのも大きい。今年も入賞を目指していたのだが……

 

幼稚園から小学校に上がったことで男子の母数が増えた結果、9位に終わった。

 

走り方が変だったので仕方がない。

f:id:sakuramikoro:20210116233109j:plain

持久走終わりの帰り。

 

頑張ったからいいじゃないか!と全肯定することはせず、頑張ってる息子を見るのが嬉しかったことを伝え、もっと上に行きたいなら練習あるのみだと伝えた。

 

現実は厳しい。欲するものがあるのなら、行動せねばならん。息子も理解しているようだ。応援しているぞ。

 

そして、金欠のとんぼ夫妻に代わって、義母が寿司をご馳走してくれた。

f:id:sakuramikoro:20210116232857j:plain

テイクアウトのくら寿司。おいしかった。感謝である。

 

ご飯食べた後に、息子と少し遊ぶことに。しんどかったが、たまにはいいだろう。持久走大会頑張ったし。

 

というわけで、息子と二人きりで山へ行った。

 

もう夕方で、薄暗い山の中を歩くのが怖かったらしい息子のテンションは低く、私と手を繋ぎたがっていた。ういやつじゃ。

 

帰る前には、100均で試しに買ってみたバドミントン。そこそこの風の中、息子と初めてバドをする。難しい。

f:id:sakuramikoro:20210116232905j:plain

完全に暗くなる前には、自宅に帰るが……まだ時間的に余裕があったので、車で寄り道する。

 

自宅に戻る道とは明らかに違う道に入ったり、真っ暗な山の中に止めて、ライトを消して「ひっひっひ」と言ってみたり。

 

息子が「次の道まがって」と行ったら、わざと反対方向に曲がってみたり。

 

元気があればお茶目なお父さんである私は、こういうアホらしい冗談が好きだ。ありがたいことに息子はキャッキャと喜んで、スーパーハイテンションに。

 

そのせいで、あんなことになるとは。

しっこ爆発おもらしクソ野郎

私と息子が帰宅して、早速二人で服を脱ぎ風呂に入ったところ……

 

息子が「パパ!!これみて!」と、おちんちんの先っぽをつまんで見せた。

 

なんだなんだと注目してみたら、おちんちんが一瞬でパンパンに膨らんだと思った瞬間に爆発。

 

おしっこが飛び散った、おしっこ爆弾だ。

 

……目の前でそれを見せられたわけで、顔におしっこがかかる。というか、口に入った。

 

きったねぇ!!!!!!

 

おい口に入ったじゃねーかやめろ!!と注意すると、ケラケラ笑った息子は、座って排水溝に向かって排尿する。

 

それだけかと思ったら、

 

「あ、うんこしちゃった」

 

そういう息子のおしりから、うんこがぽとり。二つほど。

 

おいおい、マジできたねぇ、どういうつもりだよ!www

 

笑いすぎてうんちが出てしまったと言うが、6歳にもなってそんなことあるんかねぇ。

 

どちらにせよ、悪ふざけでうんちを漏らす年齢ではないことは確か。

 

あまりに予想外の出来事だったため笑ってしまったが、排便の処理をせねばなるまいと、妻を呼んでティッシュや袋を持ってきてもらう。

 

笑っている私と違い、潔癖症の妻はぶちぎれだった。それも仕方がないわ。風呂場でうんこしたんだから。

 

笑ったわ。

排便は見慣れている

子供たちを赤ちゃんの頃から見ているわけじゃないけど、子供たちの排便を見る機会は多い。

 

娘はいまだにパンパースに排便するから、週に何回かは私がお尻を洗う。それに以前は介護職だったので、排便に抵抗はまったくない。

 

けどまぁ、目の前でクソ漏らされたらさすがにびっくりしちゃう。本物のクソ野郎じゃないか。

 

そんな汚い話。

 

「学校の友達に言うからな!!」と冗談で言ってたけど、ブログにはしっかり書いておいといてあげよう。

 

持久走大会お疲れ様じゃ。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

息子の誕生日プレゼントの予算をいかにして削るか考える話

プレゼントの予算に悩むとんぼである、ごきげんよう。

 

娘の誕生日や妻の誕生日、クリスマスもあったばかりなのに、息子の誕生日がもうすぐやってくる。

 

プレゼントというのはそれなりの金がいる。

 

相変わらず金欠のとんぼ一家なので、いかにして息子を騙くらかして安いプレゼントにするかを考えるゲスの回である。

息子の欲しい物をプレゼントしたい!

もうすぐ7歳になる我が息子。プレゼントってのは、やはりその人が欲しい物、喜ぶものを渡すべきなのだと私は考える。

 

自分で選んだことに、人は価値を感じるらしい。自由な選択肢の中から自分が選んだ!そんな実感が必要なのである。

 

そこで息子に何が欲しいかざっくり聞いてみたら、今回はレゴが欲しいという。

 

正直7歳児におもちゃをあげてもすぐに飽きるからあげたくない。が、最近のレゴは進化していて種類も豊富。

 

プラモデルみたいなもんで、組み立てにも頭を使うしまぁいいかと受け入れ、レゴを取り扱っているお店を見に行ったら……

 

たっかいんだねぇレゴって。

 

大小様々なレゴが売っているけども、そりゃ子供は大きな箱のものを欲しがる。小さな箱に入ったレゴを、わざわざプレゼントに選ぶことはない。

 

息子もそこそこに大きいやつを選びやがって、1万円前後。

 

いやや!!高い!レゴにこんなお金使いたくない!

 

心の中でそう叫びながらも、

 

「へぇー、これが欲しいんだ!じゃあまた今度、誕生日が近づいたら買おうね!」

 

などとごまかして帰路にいた。

 

危なかった。レゴで死ぬところだった。

作戦を考える

息子が欲しいものをプレゼントしたい。が、あまりお金は使いたくない。息子の満足感は最大限に高めたい。

 

様々な思いが葛藤しつつも、予算的には5~6000円くらいが妥当ではないかと、妻と話し合って結論を出す。

 

でも息子は一旦、レゴを決めてしまった。たっかいレゴをまた買いに行くと信じている。

 

そんな息子に、まさかもっと小さいやつを選びなさいと言えるわけもない。せっかくの誕生日なのに、妥協したとがっかりされるのは不本意だ。

 

うーんうーん、と考えて、一つ思いついた!!

 

そうだ!!息子と一緒にamazonでショッピングしよう!

 

amazonなら、検索すれば実店舗以上にたくさんの商品が出てくる。

 

その中から息子に選ばせれば、数多くの興味をそそるアイテムの中から自分で選んだと言う満足感が高まるのではないか。

 

さらに、検索時には息子にばれぬように、価格で絞り込みする。

f:id:sakuramikoro:20210115232140j:plain

 こうすれば、3000円から5000円の商品しか出てこないから、間違って高額な商品を選ばれることもなくなる。

 

逆に言えば、検索結果として表示される商品は、どれを選んでも買えるわけだ。素晴らしい。素晴らしいぞ!!

 

そんな腹黒親父の考えなど気づくはずもない息子は、嬉々として私とともにAmazonでショッピングを楽しんだ。

 

レゴやラジコンカーを色々チェックして、最終的に4000円程度のプレゼントを選びおった。

 

何せ自分で選んでるからな。喜んでいたし、不満を言うこともないだろう。勝ったな。

謝罪しておく

お金をなるべくかけず、かつ息子の満足度をあげるという、ペテンのようなやり方になってしまった。

 

そりゃ私も笑顔で、無制限でプレゼントできたらいいんだけどねぇ。現実はそうもいかないのさ。

 

いずれこのブログを息子が見るかもしれないから、ここに謝罪の言葉を書いておく。

 

息子よ、騙してすまんかったな。本当に欲しいものは自分の力で手に入れなさい。父より。

 

おやすみー

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

眠らない息子のため重い腰をあげて寝かしつける話

息子を寝かしつけてきたとんぼである、ごきげんよう。

 

思えば寝かしつけなんて久々だ。ムカついてたら、寝かしつけなんてしないしなぁ。それにいつもは妻がやってくれるし。

 

そんなわけで、つい今しがたの寝かしつけ話を記す。

眠れない息子

学童から帰宅した息子は、カバンの整理してご飯を食べて、妻の絵本の読み聞かせ。

 

その後は妻が寝かしつけするのだが、今夜は妻の帰りが遅くお風呂に入れていない。子供たちと一緒に寝ることができない。

 

これまでもたまにあって、子供たちは妻なしでも眠ってくれたんだけど……最近はそうもいかないようだ。

 

妻が風呂に入り、子供たち二人を寝室に誘導しておやすみをしたところ、息子から相談が。

 

「怖い夢見るかもしれない。怖い夢を見ないためにはどうしたらいいんだろう」

 

怖い夢が息子の中で静かなブームらしい。どんな夢を見たのか知らないが、最近は毎日こんなことを言っている。

 

妻も風呂に入ってるし、一緒に寝る気はなかったので私なりのアドバイスを送る。

 

お菓子をあまり食べるな。

野菜をちゃんと食べろ。

運動をしろ。

イライラを貯めるな。

不安を貯めるな。

夜は早く眠れ。

 

睡眠の質が低いから怖い夢なんて見るんだと。

 

「怖いって考えなければいいの?」

 

そう息子に言われて首をかしげる。

 

おいおい、怖い気持ちを否定するなよ。怖いのは怖いんだから、その気持ちは受け入れるんだ。

 

特にアニメキャラクターになりきって自分の心の声を言うといいぞ!

 

「おっす、オラごくう!怖い夢を見るのが怖いぞ!」

「よっしゃ!怖い夢見るのが怖い気持ちをゲットだぜ!!」

「(ドラえもん風に)じゃじゃーん!こわい夢見るのがこわいー!」

 

とか、これらを5回ずつ唱えてあげたら、笑っておやすみをしてくれた。

 

よっしゃ。寝かしつけ回避!

眠れない息子②

人が全力で怖い気持ちを認識してやったのに、数分後に息子は寝室から出てきた。

 

「なんか息苦しい」

 

息苦しいってお前、まさかコロナじゃないだろうな!!と熱をはかるが、36.5。

 

「なんか息苦しい」

 

そうか。息苦しいのは仰向けで寝ているからかもしれない。6歳児にして睡眠時無呼吸症候群を発症している可能性がある。

 

そのため、仰向けじゃなくて横向きで寝たらいいよとアドバイスを送った。

 

「うん!やってみる!!」

 

そういって息子は寝室に戻っていった。

 

よっしゃ!寝かしつけ回避!!

眠らない息子③

横向いて寝るように伝えた1分後に、息子はまた寝室から出てきた。

 

「今日プールの水を飲んでしまって、あれから少し息苦しい」

 

おい、お前本当に横向きで寝たのかよ。もう少し試してから出てこいよ。

 

……いや、待てよ。こいつはもしかしたら寂しいのかもしれない。妻はお風呂に入っていないし、娘は布団に入って一瞬で寝てしまった。

 

まさか私が一緒に寝ないと、何度でも寝室から這い出てくる気じゃないか??

 

これはもう仕方がないので、観念して息子の隣で一緒に寝ることにした。

 

「しゃべったら寝られないから、静かにしてね。楽しいことを考えておいて」

 

そう告げて5分ほど静かにしてはくれた。ただもさもさもさもさして、全然眠らないの。まじで眠らん。いつまでかかるかわからん。

 

はぁ。そうか。では最後の手段だ。私の息子に対するイライラは完全にゼロにはなってないから。正直これだけはやりたくなかった。

 

だがもうせざるをえない。そう覚悟して、息子の肩をよしよしと、ぽんぽん叩くことにした。

 

本当は愛情たっぷりのぽんぽんなんてしたくなかった。ぽんぽんだよぽんぽん。今の私が息子にぽんぽんするわけないだろうが。

 

しかし、それ以外の方法が思いつかない。だって寝ないんだもん。愛情を欲しているんでしょう?

 

息子が寝るまで……と無心でぽんぽんを繰り返す。

 

ぽんぽんぽんぽん。ぽんぽんぽんぽん。

 

大体60回目くらいのぽんぽんで、息子の呼吸は落ち着き、眠りに落ちたようす。音を立てぬように寝室から這い出てきて、今に至る。

 

ぽんぽんで即寝落ちとは、ちょろすぎる。

ぽんぽん

もうすぐ小学校2年生になるというのに、ぽんぽんが効くとは思わなかったよ。

 

先週末くらいから息子と仲良くしてるし、話すし、遊べてるから、私の愛情不足という感じでもなかったと思うのだが。

 

まーまだまだ子供ってこった。追い詰められたらまたやってやらんこともないぞ。

 

そんな寝かしつけの話であった。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

一緒に寝たがる息子を断ってドラマを見てるのがばれた妻の話

家族関係はそこそこ良好だと思うとんぼである、ごきげんよう。

 

つい先日まで子供たちにイライラしていた私は論外として、妻は日常的に子供たちに怒っていたりする。

 

私みたいに貯めて貯めてイライラ爆発するより、その都度吐き出せるのはうらやましくもある。切り替えが早いのも見習いたい。

 

最近は妻のメンタルの状は悪くないようだし、何より子供たちはママが大好きなのである。

ママと一緒に眠りたい!

娘は9歳、息子は6歳。

 

成長期の子供たちにとって夜の睡眠は超重要だ。それに、子供たちが早く寝てくれないと色々と困る。

 

親子とはいえ、20時以降はソーシャルディスタンスをとりたい。緊急事態宣言もでているのだ、21時までには寝かせなければ。

 

そんな子供たちの寝かしつけは、妻担当だ。

 

妻が寝室でしばらく一緒に寝てくれることもあるし、大抵は子供たちにおやすみを言って挨拶をすれば静かに眠ってくれる。

 

それが最近、息子が毎日聞くようになってきた。

 

「今日は、ママ一緒に眠れる?」

 

あらかわいい!一緒に眠ってきたらいいじゃない!と言えるのは、他人事だから。

 

毎日息子からこれ言われたら、きっついなぁ。就寝前の息子に近づかないようになるかも。

 

何がいやって、断ったら申し訳ないと感じさせるような表情を演出するんだよ。子供ってやつは、親の心をコントロールする術を知っているのだ。

 

……実際は悪意はなく、怖い夢を見たのがきっかけらしい。怖いので一緒に寝て欲しいようだ。

 

自分が6歳の頃は覚えていないけど、ここまで親に甘えられたかなぁ。妻もなんだかんだ文句言いながら、一緒に寝てあげてるから。恵まれている。

妻もリラックスしたい!

仕事から帰ってきた妻は、お風呂入ってご飯食べて。子供たちの歯磨きや着替えをサポートして、絵本を読んだら寝かしつけに入る。

 

そのまま子供たちと寝室で横になってしまうと、息子の寝る前トークにずっと付き合うことになる。

 

話し相手がいる息子がスムーズに寝ることはない。30分以上、話に付き合わされることも。

 

そうなると、帰宅してからの妻のリラックスタイムが削られる。スマホでインスタ、ピンタレストを見るのが好きなのに、その時間がなくなってしまう。

 

娘の連絡帳など他にも色々やることがあるから、大変なのだ。

 

年があけてから連日一緒に寝ていた妻も限界がきたようで、ついに断ることにしたらしい。

 

「ごめんね。今からママはやらなきゃならない仕事が三つもあるから、今日は一緒に寝られない」

 

息子はがっかりした様子だったが、すぐに諦めてくれた。

 

その後、ちゃちゃーっと雑用を終わらせた妻は、最近ハマっているHuluタイム。ホタルノヒカリという10年前のドラマを見る。

 

ケラケラ笑いながら妻がドラマを見て、その隣で私がぽちぽちブログを書いてたら……

 

寝室から息子がでてきやがった。

 

「ママ、テレビ見てるの?」

 

www

 

仕事があるから一緒に寝られないって言ってたママがドラマ見てるってwうわ、この状況やべぇと笑いそうになる。

 

私はこの件に巻き込まれまいと、息子を全力でスルー。パソコンに集中するフリをした。

 

妻はフォローしにいきおった。なんていうのかなーと思ったら、

 

「ママの楽しみの時間なんだよ」

 

と本音を話していた。息子も素直に受け入れてくれたようだ。

 

めんどくせー修羅場になるかと思ったのに。いいやつだった。

子供がいる空間といない空間

4人家族だし、子供たちがいてもリラックスできないことはないが、子供たちが起きてる時間と寝ている時間は明らかに違う時間だ。

 

子供たちが起きてると、どうしても子供主体でいくしかなくなる。

 

妻は頑張ってるから、夜にドラマくらい罪悪感なく見て欲しいところだ。寝不足しない程度に。

 

今日もホタルノヒカリを見るのだろう。一緒に見て寝ます。では、また明日。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ

白髪が激増した34歳♂、強いストレスに晒された髪の毛を見よう!

ストレスで体に変化が起きているとんぼである、ごきげんよう。

 

ここ数ヶ月はストレスが半端なくて、体が重くて眠くて仕方がない感じ。色々あって仕方がないとは思う。

 

それはそうと、やたらと白髪が増えたのだ。

ストレスが溜まると白髪が増える

 一年ちょい前にも、白髪が増えたことがあった。

www.rabbitonbo.com

 

この時は、髪の毛を自分でカットしたら白髪の量がすごかったんだ。

 

でも今回は違うよ。普通に風呂上がりにドライヤーをかけてたら、白髪の目立つこと目立つこと。

 

あまりに目立つので、たまに自分で抜いたりする。抜いても抜いても、減らないんだよねぇ、不思議だ。

 

引っ張ってもしゃーないので、画像をどうぞ。

f:id:sakuramikoro:20210112230028j:plain

夜だし光加減もあってよかりにくいんじゃないかなー?と書こうとしたが、わかりにくさを乗り越えるほどに白髪多くないか。

 

角度とか光加減とか、そんな問題じゃないだろこれ。

f:id:sakuramikoro:20210112230511j:plain

まだ34歳なのに、こんなに多量の白髪を生み出すなんて、よっぽど苦労しているのね。

f:id:sakuramikoro:20210113015131j:plain

白髪染めを検討するレベル。

 

普通の子育てでもきついのに、家庭内暴力まであるからな。ストレスのレベルとしては上位も上位、殺されるレベルである。

 

ま、仕方がないよね。

大きな仕事を片付けましょう

毎日それなりに笑顔で過ごしていたとしても、体は正直だ。体は動かなくなるし、朝は起きられないし、こんなに白髪が増えてしまった。

 

やっぱマイホームを建てるってのが一番心にズシーンときているね。やることが多すぎ。お金の心配もありすぎ。未来が不透明すぎ。

 

もうすぐウサギの手術もあるし、3月には引っ越しもあるから、これらがすべて片付かないと私の心が休まることはないだろう。

 

抱えた問題が多すぎて、ストレスから復帰するための運動やらに手を付ける気すらしないから困った。

 

もう少し元気になってたら、メンタル病まずに乗り越えられたはずだが……私にはまだ早かったな。地獄の日々である。

 

はぁ。今がちょうどピークの時期なので、ブログは更新しても少し短めになるかもしれません。

 

忙しいくせに昼は動けないから、夜に作業することになる。今日も2~3時ごろまで寝られそうにない。ブログはこの辺で。おやすみなさい。

 

ここまで読んでいただき感謝。

↓のウサギをポチすると、さらにとんぼが喜びます。

にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ